おいしい水 と まずい水 は何が違うのか

水のおいしさ、 おいしい水 と まずい水 は何が違うのか についての情報です。

日本には、全国各地に おいしい水 が湧いています。名水といわれる湧き水の場所へ行き、そこで清水を飲んだときには水がとてもおいしくて、自宅に戻ってきて家庭の水道水を飲んだときにいまひとつだったり、まずいと感じるのはなぜでしょうか。これらは何が違うというのでしょう?

水のおいしさを左右するもの

水の味というのは、不純物が入っているかいないか、水の中にとけているミネラル成分とそのバランス、水温、飲んだときのその人の健康状態など、さまざまな要因や条件で変わってくるものです。

名水といわれる水の湧く場所で飲む清らかな水の多くは、雨や雪が長い時間をかけて大地にろ過されることで不純物が少なく、地層のミネラルがバランスよくとけ込むことによって水に甘みや味わいなどが出てくるのです。
また、適度な運動をした後などでは、身体を動かすことによって体温が上がり、のどが渇くという条件が揃って、水がおいしいと感じる、ということもあります。
家庭の水道水がそれほどおいしくなかったり、まずかったり感じるのは、安全な水を各家庭に届けるために、消毒がおこなわれ、塩素やカルキといった不純物が混入しているため、匂いや味が損なわれていることが理由です。

水のおいしさ おいしい水 と まずい水

水のおいしさ おいしい水 と まずい水

それでは、水のおいしさを左右するものには何があるでしょう。

ミネラル含有量
ミネラルも正しく表現すると不純物の一種ではありますが、バランスがよければ水にうまみや甘味、味わいといったおいしさを与えます。ただし、ミネラルの中でもマグネシウムやカルシウム、カリウムの量が多いと硬度の高い水となります。また、ミネラルが多すぎる場合、健康のためには良い水ですが、人によっては苦味を感じたり、まずいと感じるようになります。

炭酸ガス
ほとんどの水には、微量の炭酸ガスがとけ込んでいます。炭酸ガスの割合が多いものは、炭酸水(スパークリングウォーター)となります。適度の炭酸ガスが含まれている水は、シュワシュワした飲み口が爽やかです。

におい
もともと水は、においの成分を溶かしやすい性質があります。ですから、ちょっとしたにおいでもすぐにうつってしまいます。
カルキの臭いやカビの臭いなどが水にうつると、水がおいしくない原因になります。逆にレモンの香りや花の香りなど、水そのものの味わいだけでなく、おいしさの要素とフレーバーを加えることもあります。

水に含まれる不純物
水の味が損なわれてしまうもうひとつの原因が不純物による雑味です。マンションなどの集合住宅では、貯水タンクに水をためるためカビや藻などが発生しやすく、不純物が混入しやすいといえます。

自宅の水がまずい(おいしくない)場合の対策

水がおいしくない原因となっている不純物をのぞくことが大前提となります。ただ、暮らしている地域の環境なども影響してくるので、水道水の調整が難しい場合もあります。そんなときには、ピッチャータイプの浄水器を利用するのもおすすめです。手軽においしい水を飲むことができます。

おいしく水を飲むコツ についてはこちら

日本の水道水も危険? はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください