水分補給の基本は真水で行う

現代人は、水分補給を様々な形で行います。コーヒー、清涼飲料水、ジュース、健康飲料、お茶…水分というカテゴリーに入る飲み物はたくさんあります。
お茶やコーヒーにはカフェインが含まれており神経を興奮させてしまう。ただし、食品に含まれるカフェインの量であればそれほど神経質にならなくていい。という人もいる。
真水とカフェインが含有するものを比べた場合には真水の方がいい。ということだ。
そもそも人は35万年も前から真水を飲んで生きてきた生物である。
そして真水を飲む理由に酸素を摂取することができるということ。真水には酸素(O2)が含まれる。飲み水の温度は体温のおよそ半分の温度である18度が最適だ。
ミネラルウォーターを冷蔵庫に入れておくと5度くらいの温度になってしまう。
自動販売機のミネラルウォーターであれば3~5度くらいに設定されている。どうも現代人は冷たい飲み物が習慣化してしまっているようだ。レストランでも最初に配膳される水は氷りが入っている場合が多い。
現代人の冷たい水を好む傾向の理由は胃に異常がある。ことが多い。健康な体であれば冷たい水は欲しないはずである。
胃に熱をもってしまっている場合、冷たい水を欲するようになる。逆に熱いお茶も胃の粘膜を荒らすためよくない。
やはり常温の水が最適になる。水道水にはどうしても体に不要な成分も含まれてしまうのでピッチャータイプの浄水器などは価格も安く使いやすい。
ピッチャータイプの浄水器の浄水性能を徹底比較
また、空腹時に水を飲むようにすると、消化器の粘膜から吸収しやすく必要な成分を吸収しやすい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください