黒部の氷筍水 北アルプス山中で採水されるナチュラルミネラルウォーター

Pocket

黒部の氷筍水 北アルプス山中で採水される ナチュラルミネラルウォーター に関する情報です。 黒部の氷筍水 ( くろべ の ひょうじゅんすい )は、日本国内の水としてはそれほど多くない 中硬水 に分類されます。ミネラルが適度に含まれていて、硬水よりも飲みやすいのが特徴です。

黒部の氷筍水 天然水

黒部の氷筍水 天然水

黒部の氷筍水 山中深層に湧き出る名水

富山と長野を結ぶ、北アルプスを貫いた 立山黒部アルペンルート 。観光地として人気の黒部ダム、黒部渓谷などがあり、多くの人が訪れにぎわいを見せています。

黒部の氷筍水 は、その 北アルプス 後立山連峰 赤沢岳 の山中の深層、湧水帯から湧き出ています。源水は、後立山連峰 赤沢岳に降り積もった雪の雪どけ水です。 2,000 メートルをゆうに超える山岳地帯の降雪は、やがて雪どけ水となり大地に浸透します。幾重にも重なる地層を長い年月をかけてゆっくりとくぐり抜け、天然のフィルターでろ過されます。こうして、湧水地帯に溢れ出す頃には不純物をほとんど含まず、おいしい水に生まれ変わっているのです。

このようにして生まれた自然のままの清冽な湧き水をペットボトルに詰め込んだのが、 ミネラルウォーター 『 黒部の氷筍水 』です。 この自然湧水は、標高 1,560 メートル地点の洞窟内で採水されています。源水の水質やおいしさを損なわないようにするために、加熱以外の処理や成分調整はおこなわれていません。だから、自然のままのミネラルやおいしさを体にとり入れることができます。

ミネラルを多く含む 弱アルカリ性 の 中硬水 は、健康と美容のためにおすすめの水です。便秘解消やダイエットにも役立つとされています。

氷筍水 の名前の由来は神秘的な氷柱の形

岩肌からしみ出した水は冬厳しい寒さを迎えると洞窟内で 氷柱 をつくり出します。一滴一滴したたる水が寒さのため瞬時に凍りつき、筍( たけのこ )のように長く連なったものが、数千本といわれる氷のオブジェになります。
これが、文字どおり筍( たけのこ )のような形に見える氷であることから『 氷筍 』と呼ばれています。 黒部の氷筍水 ( ひょうじゅんすい )という名前は、ここからつけられているのです。

 

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱水
採水地 長野県大町市( 地中洞窟内 )
栄養成分 / 100 ml あたり
    • カルシウム( 2.6 ~ 6.0 mg )
    • マグネシウム( 0.21 ~ 0.41 mg )
    • カリウム( 0.19 mg )
    • ナトリウム( — mg )

※ 純粋な自然水なので、栄養成分は季節によって変化することがあります。


硬度( 74 ~ 167 mg/L ) pH ( 7.8 )

黒部の氷筍水 の 販売

▼ 購入はこちら

富山の名水 黒部の氷筍水 2L×6本×3ケース 送料無料 水 ペットボトル

国産の 中硬水 一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください