ミネラルウォーターを飲んで健康(その2)

血液サラサラ効果
一次予防として、水(ミネラルウォーター)を積極的に摂取することがどのようにいい影響を与えるかを調べています。

ドロドロの血液

血液中の有効成分を除いた液体を血しょうと呼び、その90%は水分です。血液は酸素や栄養分を体中に運ぶ大切な役割をしています。水不足になるとこの役割が果たせなくなるだけでなく血しょうがドロドロになって血栓ができやすくなります。

高血圧

動きの悪いドロドロ血を強い水で押し流そうとしている状態が、いわゆる高血圧です。したがって水不足を解消して血液をさらさらにすれば、おのずと血圧が下がってきます。
現代の日本人は今まで体にいいものを取り入れようと懸命になってきました。しかし、今はそれが過剰気味なのです。
ほとんどの人がカロリーオーバーです。必要以上のカロリーで体内が満たされすぎると、血液にも影響がでてきます。体は血液の成分を一定に保とうとして血液中にあふれた糖に対し、すい臓からインスリンを分泌してブドウ糖にして細胞まで送り続けます。しかし、現代人のようにカロリー過多の状態が続くとインスリンの働きが鈍化したり変異したりして正常に働かなくなってしまい、その結果高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病などが起きてしまいます。
これを予防する最善の方法が水(ミネラルウォーター)を飲む習慣をつけることです。

This entry was posted in 水の知識.