のむ温泉水」タグアーカイブ

温泉水 ( ミネラルウォーター )について 温泉水の性質と効能

温泉水 ( ミネラルウォーター )と飲泉に関する情報です。

温泉水 について

温泉水 について

温泉と 温泉水 の効果を体感する

日本は温泉列島とよばれ、全国に温泉があります。仕事に疲れたら、温泉に入ってリラックスしておいしいものを食べるのがストレス解消方法になっている人もいるでしょう。また、病気などで体に痛みがあって、温泉で痛みを癒やすのが欠かせない人もいるかもしれません。

では、 温泉水 を飲んだ経験のある人はどのくらいいるでしょうか。市販の 温泉水 は温泉をボトルに詰めたもので、健康ブームにのって人気です。そもそも温泉は、地層にしみこんでマグマの熱で温められた水を含んでいるわけですから、 ミネラルウォーター と同様にそのまま飲んでも体にいいのです。

ヨーロッパでは古くから「 飲泉法 」と呼ばれる温泉を飲む治療がおこなわれていたように、温泉は入浴するよりも効率よくミネラル成分を体内に取り入れることができるのです。

飲める温泉、飲めない温泉

温泉でも臭いのない単純泉ならそのまま飲むことも可能ですが、特有の硫黄臭がある温泉水をそのまま飲むのは抵抗があります。すべての温泉水が飲めるわけではないのです。

泉質によっては、ミネラル成分がたくさん含まれていても人体の許容量を超える成分が含まれていたり、味や臭いの刺激が強すぎるためにろ過したり薄めたりしなければ飲めないものもあります。
現在、発売されている商品は体に有用なミネラル成分は残して雑味や臭いのもとになる成分を取り除いてあるものがほとんどです。通常のミネラルウォーターと同様に飲むことが可能です。

泉質によってはそのまま飲めない 温泉水 もある

泉質によってはそのまま飲めない 温泉水 もある

ヨーロッパの温泉の常識

フランスやイタリアをはじめとしたヨーロッパ諸国では温泉に入浴するよりも飲んだり治療したりするのが常となっています。特にフランスでは、ミネラルウォーターを利用して体を治療することを「 テルマリズム 」といい、病院と同様に医療施設として成り立っています。そこには健康保険などが適用されています。

日本では美容の水としても人気の『 コントレックス 』は、フランス政府から医療に使用できる水として正式に認められたミネラルウォーターです。ほかにも、イタリアの『 サンペレグリノ 』の源泉は、水の研究にも熱心に取り組んでいたという レオナルド・ダ・ビンチ も調査に訪れたといわれるほどのミネラルウォーターです。

温泉水 の効能

次のような症状があるときに 温泉水 のミネラルウォーターを飲んでみる

胃腸の調子がいまひとつ

暴飲暴食などで、胃酸の分泌や胃腸の働きが正常に働かない場合は「 ナトリウム-炭酸水素塩泉 」が効果的です。「 アルカリ性単純温泉 」は肌への刺激も少なく、軽度の消化不良や消化器系の炎症に効果があります。ただ、温泉水が消化不良に効果的だといっても暴飲暴食を減らす方向で工夫しなければいけません。

食べ過ぎ・飲み過ぎが習慣化してなかなか改善できないときはこういった健康食品もあるので検討してみてもよいでしょう。

便秘気味

便秘解消のためには、腸内の水分補給 と 腸のぜん動運動 の両方を活発にさせる必要があります。温泉水なら「 ナトリウム-硫酸塩泉 」が効果的です。

眠れない

ゆったり眠れないのは精神的に高ぶっている証拠です。そんなとき、水をゆっくり飲みこむことで精神が鎮まります。「 カルシウム硫酸塩泉 」はイライラに効果的なカルシウムが豊富です。高ぶった神経を鎮静させてくれます。

飲むことができる温泉水 の 一覧はこちら