月別アーカイブ: 2019年10月

よくある水分摂取に関する「Q&A」

水を飲むことは、健康にいいことずくめですが、間違った知識や行動は、水分摂取が逆に体調を崩してしまったり、トイレが近くなったり、体が冷えてしまったり…と害になることあります。しかし、大前提として人間の体の6~7割は水です。水にこだわった考え方は決して間違っていません。間違った方法や知識が水の効果や効能を逆にしてしまっているのです。
また、水の量についても日頃、力仕事をしていると人とデスクワーク中心の人では異なります。

水分摂取に関するお悩み

水を飲むタイミングや温度など、水分の摂り方によって腸の動きが変わってきます。1日を通して体にストレスを与えない、上手な水分の摂り方をマスターしましょう。ちなみに、コーヒーは1日1~2杯までにするのが理想です。

質問1 起床時に水を飲んだ方がいいでしょうか?
答え1 起きたらコップ1杯の水を飲む習慣をつけましょう。

寝起きにコップ1杯の水は健康の基本です。朝は、コップ1杯の水を飲みましょう。朝なら200 ml 程度の水を冷水で一気に飲んでもOKです。朝、お味噌汁を飲まない人は水を飲む習慣で腸の蠕動運動の習慣化ができます。

質問2 常温、冷水、白湯の温度による効果の違いはありますか?
答え2 冷水や熱すぎるお湯は腸に負担がかかり結果、不調を招きます。

冷水を飲むと腸の働きが低下したり、刺激を受けすぎて便秘や下痢になってしまう場合もあります。常温もしくは、体温がベストです。起床時に飲む水は、腸の蠕動運動を促進させるため冷水でもいいでしょう。

質問 3 夜寝る前の水はよくないのでしょうか?
答え3 夜中に目覚めなければ大丈夫です

夜中にトイレに行きたくて目覚めてしまうようであれば腸の働きが低下しているケースが考えられます。また、睡眠が中断されてしまうと自律神経にも大きく影響するので注意しましょう。就寝前の1時間は飲まないほうがいいでしょう。朝起きたら、コップ1杯の水を飲みましょう。

質問4 コーヒーばかり飲んで、あまり水を飲みません。
答え4 1日1~2杯程度なら問題ありません。

コーヒーの香りにはリラックス効果もありますが、コーヒーでお腹がゆくるなる体質の人は控えましょう。コーヒーは利尿作用もありますので、水分摂取も忘れないようにしなければいけません。

質問 5 食事中は水分摂取を控えたほうがいいのしょううか?
答え 5 コップ1杯の水をゆっくりと飲みます。

消化の面からは、水分摂取を控えたほうがいいでしょう。せっかく出てきた消化酵素が薄まってしまうことが理由です。食事中の水分は、コップ1杯を目安に一気に飲まずにひとくちずつこまめに飲むほうがいいでしょう。さらに水が飲みたくなったら食後30分以上してから飲めばいいでしょう。

関連ページ