月別アーカイブ: 2010年4月

水の安全性を測定(パックテスト)で簡易測定できる

日本でも私たちが口にしている水道水のリスク、危険性はわかりましたが、浄水器、生成器などで生成したミネラルウォーターやアルカリイオン水がどのくらい健康に貢献してくれるのでしょうか?
具体的には、どのくらい、水道水よりもレベルがあがっているのでしょうか?

パックテスト

パックテストはもっとも簡単な水質測定器です。多くのパックテストの反応原理は、JIS K 0102などの各種公定法内の吸光光度法を応用しています。
各種公定法に吸光光度法が定められていない項目では、目的物質に対して感度と選択性のある発色試薬が存在しないため、マスキング剤を加える等、工夫がなされています。
(各種公定法内の吸光光度法と同じ原理の場合、共存物質による妨害も類似します。JIS法に定められている前処理による妨害除去操作が必要な場合もあります。)

測定項目:遊離シアン(シアン化合物イオン)/塩化シアン
測定目盛(mg/L):0.02以下、0.05、0.1、0.2、0.5、1、2
測定原理:4-ピリジンカルボン酸比色法
測定時間(分):8
測定回数(回):40
内容:チューブ 40本(5本入りラミネート袋8袋)、K-1試薬(小パック)40本、専用カップ1個、カッター1個、保存袋1枚、標準色(ケース入り)1枚、使用法1部


簡易検査キットですが、浄水器や生成器などの評価はできるということになります。

パックテストはもっとも簡単な水質測定器です。多くのパックテストの反応原理は、JIS K 0102などの各種公定法内の吸光光度法を応用しています。各種公定法に吸光光度法が定められていない項目では、目的物質に対して感度と選択性のある発色試薬が存在しないため、マスキング剤を加える等、工夫がなされています。
(各種公定法内の吸光光度法と同じ原理の場合、共存物質による妨害も類似します。JIS法に定められている前処理による妨害除去操作が必要な場合もあります。)

測定方法
測定項目によっては、チューブに検水を吸い込む前、同梱されている試薬を用いる操作が必要な場合もあります。
工場排水や環境水をはじめ、いろいろな検水中の遊離シアン(シアン化物イオン)と塩化シアンを簡単な操作で測定することができます。
パックテスト 遊離シアンは、チューブに検水を吸い込む前に、同梱されているK-1 試薬を用いた操作が必要となります。
本サイトでも紹介しているピッチャータイプの浄水器もこういった検査を行った上で比較しています。
ピッチャータイプの浄水器の浄水性能を徹底比較

アルカリイオン水の正しい飲み方

いくらアルカリイオン水に様々な効果が期待できるといってもやたらに飲めばいいというわけではない。
効率よく体に取り込み、最大限の効果を引き出したい。
まずは、pHを低めに設定し(8~9程度)コップ1杯から少量ずつ飲むようにする。2週間ほどして飲み慣れた後にpH値を少しずつ増やす。
pH9~9.5程度で出来るだけできたてのアルカリイオン水を飲用するように。というのが電解水ガイドの説明だ。
量はどの程度飲めばいいのか?
これは体からどのくらい水を失うか?というのが大事な考え方になるそうだが、基本的には、体重の「5%程度だそうだ。
体重が50キロであれば2.5リットル程度ということになる。
いくら体にいいからといってやたらにガブガブ飲んでも効果はないようだ。それにそれ以上の水を飲む、というのも現実的に難しそうだ。
結局は、人それぞれの体質、体調にあわせて飲むことになる。
症状別のコツとしては
・便秘体質の人は早朝に飲む。
・下痢体質の人は排便後に飲む。
・アトピー性皮膚炎の人は酸化水のスプレーを併用
・ストレス、イライラが多い人はカルシウムの量を増やしゆっくりと飲む。
・体質改善をしたいと人は少量で回数を多く飲む。
などのコツはあるようだ。
アルカリイオン水を飲む際の重要な注意点としては、
胃酸の少ない人は避ける。一時的に胃の酸度が下がり、殺菌作用が効かなくなり食中毒を起こす危険性がある。
アルカリイオン水も効果が効率的にでるような飲み方をしたいところだ。まずはコップ1杯からスタートということになる。
アルカリイオン水の効果と一覧

本サイト(ブログ)に掲載中の商品(ミネラルウォーター)と運営について

本サイトに掲載している商品(ブログで紹介している楽天ショップおよびその他の商品を含めて全商品)は、アフィリエイトプログラムによるものです。
アフィリエイトとは…他のネットショップ様・企業様(例えば楽天市場様、アマゾン様、グーグルAds等)の商品・サービスを当サイトでお客様にご紹介する業務提携プログラムです。したがって本サイトで掲載させていただいているバナーや広告及びテキストリンク広告等の商品・サービスは本サイトで販売しているものではございません。
ご購入の際は、リンク先のショップ様・企業様のサイトでご注文、ご購入となります。在庫に関しましても本サイト作成時点でのものであり在庫切れとなってしまっている商品もある可能性がございますが、ご了承いただきたくお願い申し上げます。

●価格、消費税、送料、在庫、販売者(特定商取引に関する法律に基づく表記について)、お支払い、注文、商品配送、商品購入の詳細などについては、各リンク先のショップ様・企業様の情報をご覧ください。
●価格・在庫とも変動する事がございますので、各リンク先のショップ様・企業様の情報を必ずご確認下さい。

[その他のご注意]
●アフィリエイトプログラムによる商品の掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用いただきますよう願いいたします。当サイトでは、一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。
●本サイトに掲載中の商品に関連するお問い合せは受け付けておりません。リンク先のショップ様・企業様に直接お問い合わせしていただきますようお願いいたします。