水の安全性を測定(パックテスト)で簡易測定できる

日本でも私たちが口にしている水道水のリスク、危険性はわかりましたが、浄水器、生成器などで生成したミネラルウォーターやアルカリイオン水がどのくらい健康に貢献してくれるのでしょうか?
具体的には、どのくらい、水道水よりもレベルがあがっているのでしょうか?

パックテスト

パックテストはもっとも簡単な水質測定器です。多くのパックテストの反応原理は、JIS K 0102などの各種公定法内の吸光光度法を応用しています。
各種公定法に吸光光度法が定められていない項目では、目的物質に対して感度と選択性のある発色試薬が存在しないため、マスキング剤を加える等、工夫がなされています。
(各種公定法内の吸光光度法と同じ原理の場合、共存物質による妨害も類似します。JIS法に定められている前処理による妨害除去操作が必要な場合もあります。)

測定項目:遊離シアン(シアン化合物イオン)/塩化シアン
測定目盛(mg/L):0.02以下、0.05、0.1、0.2、0.5、1、2
測定原理:4-ピリジンカルボン酸比色法
測定時間(分):8
測定回数(回):40
内容:チューブ 40本(5本入りラミネート袋8袋)、K-1試薬(小パック)40本、専用カップ1個、カッター1個、保存袋1枚、標準色(ケース入り)1枚、使用法1部


簡易検査キットですが、浄水器や生成器などの評価はできるということになります。

パックテストはもっとも簡単な水質測定器です。多くのパックテストの反応原理は、JIS K 0102などの各種公定法内の吸光光度法を応用しています。各種公定法に吸光光度法が定められていない項目では、目的物質に対して感度と選択性のある発色試薬が存在しないため、マスキング剤を加える等、工夫がなされています。
(各種公定法内の吸光光度法と同じ原理の場合、共存物質による妨害も類似します。JIS法に定められている前処理による妨害除去操作が必要な場合もあります。)

測定方法
測定項目によっては、チューブに検水を吸い込む前、同梱されている試薬を用いる操作が必要な場合もあります。
工場排水や環境水をはじめ、いろいろな検水中の遊離シアン(シアン化物イオン)と塩化シアンを簡単な操作で測定することができます。
パックテスト 遊離シアンは、チューブに検水を吸い込む前に、同梱されているK-1 試薬を用いた操作が必要となります。
本サイトでも紹介しているピッチャータイプの浄水器もこういった検査を行った上で比較しています。
ピッチャータイプの浄水器の浄水性能を徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください