酸素不足は二日酔いになりやすい

どうしてお酒を飲むと酔ってしまうのでしょうか?
悪酔い、二日酔いを避ける水の飲み方では二日酔いは飲酒の後には体内で生成されるアセトルアルデヒドが分解されずに血液中に残っているために起こると言われています。
二日酔いのときに水を飲むことで、血液中の水分が増えアセトアルデヒドの濃度を薄めることが出来ます。また、水による利尿作用で代謝が向上し二日酔いの症状を軽減します。

二日酔いの症状がでているということは胃や肝臓に負担がかかっている状態ですので、こういったときはアルカリイオン水海洋深層水などが適しています。
これらの水と二日酔いの関係を調べましたが、酸素不足による二日酔いについても調べてみました。
酔っぱらっているというのは血液中のアルコールの濃度が高くなっている状態で、アルコールを飲む速さが、分解する速さを上回ることで起こるようです。そして、アルコールが分解されるときには、たくさんの酸素が必要とされます。そのため体内の酸素が不足するとアルコールの分解をおくらせてしまいます。
どうにか分解されたアルコールは、つぎにアセトアルデヒドに変化し、さらに水と炭酸ガスに分解されます。このときにも酸素が必要となります。
しかし、酸欠の状態ではアセトアルデヒドが体内に溜まってしまいます。これが二日酔いの時の頭痛やめまい・吐き気というわけです。
水分も十分にとっているのになかなか二日酔いが改善されない人は、酸素水を試してみるといいかもしれません。
また酸素不足の場合、酔いも早くまわるので、飲み会や宴会などの前に酸素水を飲んでおくのもいいかもしれません。

This entry was posted in 水・ミネラルウォーターの基礎知識.