悪酔い、二日酔いを避ける水の飲み方

水分を奪うアルコールの性質

夏には冷たいビール、寒い冬には熱燗とストレス発散や息抜きにお酒は活躍しますが、お酒、アルコールは体の水分を奪うのです。
水分を摂取しているのに水分が奪われる? と思う人も多いはずです。これってどういうことでしょう?

お酒を飲んでいるときには、しらふのときに比べてトイレが近くなりますよね。それから、同時に体温が上がって熱くなります。
このように、アルコールには強い利尿作用、体温を上昇させて発汗させる働きがあります。つまり体に吸収されたアルコールは尿や汗となって、水分が体の外に排出されてしまうのです。

チェイサーとは?

お店でお酒を飲む場合にウィスキーを注文するとウィスキーと一緒にグラスに入った水をだしてくれます。これはチェイサーといいます。
アルコールの強い刺激を和らげたり、ウィスキーの味や香りを何度でも楽しめるようにするための口直しとして使用されます。
ウィスキーが体の水分を奪ってしまうためチェイサーで体の水分を補うという役割を考えると非常に理にかなった仕組みです。
もともとチェイサーは「追いかける」という意味で、お酒を一口飲んだ後に水で口直しをするということです。

二日酔いは水分不足のサインでもある

二日酔いをすると吐き気で何も食べる気がしません。水くらいしか受け付けないようになってしまいます。
この二日酔いは、飲酒の後に体内で生成されるアセトルアルデヒドという物質が分解されずに血液中に残っているために起こるといわれています。

そして、二日酔いのときに水を飲むことで血液中の水分が増え、アセトルアルデヒドの濃度を薄めることが出来ます。
また水による利尿作用で代謝が向上し、二日酔いの症状を軽減します。

二日酔いの症状がでているということは胃や肝臓に負担がかかっている状態ですので、そういったときにはアルカリイオン水や海洋深層水などが適しています。

アルコールを飲む前に
アルコールを飲むと利尿作用により水分が失われやすいので飲みやすい硬度の低い軟水で水分補給します。
アルコールを飲んだ後、二日酔いの時に
アルコールを飲むと酸性イオンに傾きやすいので軟水の「アルカリイオン水」で体内のイオンバランスを整えます。失われたミネラルは海洋深層水で補給します。
甘口のお酒には
硬度が低い軟水のほのかな甘味は甘口の日本酒の味わいをひきたてます。
辛口のお酒を飲むときには
硬水のミネラルがアルコールの刺激をやわらげ飲みやすくしてくれます。

二日酔いに適したミネラルウォーターというとオキシワッサーが代表的ですが、二日酔いの時に効果のあるミネラルウォーターというとアルカリイオン水や海洋深層水があります。お酒のあとの水分補給以外にも不快な症状を和らげる効果があります。

オキシワッサーの魅力

オキシワッサーは『ミネラルが豊富』良い水の条件を満たしております。
一般のミネラルウォーターの約35倍の酸素を含み開封後48時間も体内で有効に働く酸素濃度を維持する製法(国際特許)を採用。

人体に近いミネラルバランスを誇る沖縄の海洋深層水から摂取された天然ミネラル(カルシウム・マグネシウム)を配合。
マグネシウムは体内酵素の働きを促進すると言われています。カルシウムは日本人に不足しているミネラルの一つです。
忘年会、新年会などの飲み会が続く時には、お酒を飲む前に十分にずいぶんを摂取するのがポイントです。胃腸があまり強くない人などは、冷えたミネラルウォーターをグィっとたくさん飲むと下痢をしてしまい、脱水に拍車をかけることになるので、口の中で常温にしてから飲み込むようにするといいでしょう。あまり冷えた水はおすすめできません。

水を十分に飲んでもやっぱり二日酔い予防には肝臓に働きかけるウコンがおすすめ

水でアルコールを薄めることで二日酔い予防対策をする理屈はわかりましたが、もともとお酒が弱い人にはあまり効果が期待できません。それよりは昔から言われる「ウコン」の二日酔い予防効果のほうがおすすめでもあります。
二日酔いの予防と対策にウコンが紹介されています。

二日酔いに効果的なサプリメントのひとつにウコンがあります。ウコンの注目すべき有効成分は「クルクミン」です。
クルクミンは、胆汁の分泌を促進する働きがあり、肝機能を強化できるので普段から摂取しておきたい成分です。また、肝臓の機能を助けてアルコールの分解を促進するので、二日酔いのときに摂りたい成分でもあります。

胆汁には、悪酔いを引き起こす物質アセトアルデヒドを排出する作用があるといわれています。アセトアルデヒドは、吐き気を起こしたり、呼吸数を増やしたりなど、アルコールよりも強い生体反応を起こす有害物質なのです。
ウコンの主成分である黄色色素のクルクミンは、胆汁の分泌を促して、肝臓全体の解毒作用を高めるといわれています。また、ウコンに含まれている精油成分にも、クルクミンよりは弱いけれど胆汁の分泌を活発にするという物質が含まれています。さらに、精油成分にはコレステロール溶解作用や健胃作用などがあります。


翌日にグレープフルーツジュースを飲んだり、しじみ汁を飲むのも効果があるそうです。

This entry was posted in 水の上手な飲み方・使い方.