投稿者「admin」のアーカイブ

WOX 飲む酸素 高濃度酸素リキッドWOX 新世代酸素水ウォックス

飲む酸素 高濃度酸素リキッドWOX 新世代酸素水ウォックス 酸素をより身体に吸収しやすくするために水へ酸素を高濃度に溶かしこんだ酸素リキッド「WOX」。

WOXは水へ酸素を高濃度に溶かしこんだ酸素リキッド。多くのフィットネストレーナーにも好評。

一般的に流通している「酸素水」とは完全に一線を画した「酸素リキッド」と銘打たれたこのWOXは、飲用すると血中酸素のSpO2値(血中酸素飽和度)がたちまちSpO2値が1~4、平均して2~3ポイント上昇(血中の酸素の量が増加)します。
通常の酸素水の場合はほとんど上昇しないか、少し上昇してもすぐに元の値に戻ってしまうことが多いので、酸素をより身体に吸収しやすくするために、水へ酸素を高濃度に溶かしこんだ酸素リキッド「WOX」は、多くのフィットネストレーナーにも、WOXを飲むと「身体のキレがよくなった」「次の日の朝すっきりと目覚められた」など、好評の声をいただいています。

栄養成分/100mlあたり
  • カルシウム(0.mg)
  • マグネシウム(0mg)
  • カリウム(0mg)
  • ナトリウム(0mg)
  • 硬度(0)酸素水
  • pH(6.9)

嬬恋銘水 ナノバブル酸素水 500ml×24本

通常の溶存酸素を高めた「酸素水」とは異なり、今話題の「ナノバブル(100万分の1mm)の気泡」を特許技術の「ラモンドナノミキサー」(特許:3706872号)を使用して、奥軽井沢の1300mの高原で採水された天然水にバランス良く溶け込ませました。
ナノバブル水は、従来の酸素を多く含まれた酸素水ではありません。ナノ単位の酸素の微小気泡は無機質のイオンに包まれることで、ナノバブルとして水の中で安定化しています。

通常の気圧状態での保存でも時間が経過するとともに酸素は抜けていきます。酸素の抜けを少なくするためにも、冷蔵をお勧めします。開封後は、冷蔵庫に入れて早めにお飲みください。

保存状態によりボトル内の圧力が変化し、へこみや膨張が起こりますが、品質には問題ありません。

キャップ開栓時、ふきこぼれるおそれがあります。衣服、書類、電化製品などを濡らさないよう十分ご注意ください。
温度の変化により天然ミネラル成分が白く浮遊・沈殿する場合がありますが品質には問題ありません。

容器のまま加熱、冷凍しないでください。容器が膨張し破損する恐れがあります。
開封時、キャップの切り口や突起物でケガをしないよう十分ご注意ください。

栄養成分/100mlあたり
  • カルシウム(0.55mg)
  • マグネシウム(0.15mg)
  • カリウム(0.19mg)
  • ナトリウム(0.4mg)
  • 硬度(19)酸素水
  • pH(7.4)

酸素水 (魚沼の水)

高濃度酸素水です。三国山脈系苗場山で育まれた『魚沼の水』硬度16のナチュラルミネラルウォーターを使用しています。
酸素水とは酸素を含ませた水のことで酸素水を飲むだけで酸素不足、水分不足の両方を同時に解消できることから人気があります。
体内に酸素が入ると血流を良くしますが逆に酸素不足になると、動悸、息切れ、疲労感、めまいなど1%酸素が不足するだけで様々な症状が出てきます。

酸素と言えば呼吸から取り入れるもの!というのが常識ですが、人ごみ、排気ガスなどの影響により空気中の酸素は不足気味です。そこで呼吸以外から酸素を補給する必要があるわけです。 そんな時に最適なのが酸素水というわけです。

栄養成分/100mlあたり
  • カルシウム(0.45mg)
  • マグネシウム(0.1mg)
  • カリウム(0.04mg)
  • ナトリウム(0.56mg)
  • 硬度(16)酸素水
  • pH(6.5)

Oxigenaizer オキシゲナイザー

ROウォーターと酸素のコラボレーションから生まれた酸素水。人間のカラダに欠かせない「水」「酸素」を同時に摂れる、理想の次世代酸素水!オキシゲナイザーは、この純水(R.O.ウォーター)に、1リットル当たり150mg、通常の水との比較では約36倍もの高濃度酸素を充填することにより、質の高い酸素水として開発されました。

そして、R.O.ウォーターを採用することで、飲みやすい味覚に改善させることに成功しました。

人のカラダに、酸素と水は欠かせない要素です!水は最適な健康のために人体機能をサポートします。酸素は我々の血液をエネルギーで豊かにします。赤ちゃんからご年配の方、妊婦さんでも安心して飲んていただけます。

栄養成分/100mlあたり
  • カルシウム(0mg)
  • マグネシウム(0mg)
  • カリウム(0mg)
  • ナトリウム(0mg)
  • 硬度(2)酸素水
  • pH(6.6~7.2)

よくある水分摂取に関する「Q&A」

水を飲むことは、健康にいいことずくめですが、間違った知識や行動は、水分摂取が逆に体調を崩してしまったり、トイレが近くなったり、体が冷えてしまったり…と害になることあります。しかし、大前提として人間の体の6~7割は水です。水にこだわった考え方は決して間違っていません。間違った方法や知識が水の効果や効能を逆にしてしまっているのです。
また、水の量についても日頃、力仕事をしていると人とデスクワーク中心の人では異なります。

水分摂取に関するお悩み

水を飲むタイミングや温度など、水分の摂り方によって腸の動きが変わってきます。1日を通して体にストレスを与えない、上手な水分の摂り方をマスターしましょう。ちなみに、コーヒーは1日1~2杯までにするのが理想です。

質問1 起床時に水を飲んだ方がいいでしょうか?
答え1 起きたらコップ1杯の水を飲む習慣をつけましょう。

寝起きにコップ1杯の水は健康の基本です。朝は、コップ1杯の水を飲みましょう。朝なら200 ml 程度の水を冷水で一気に飲んでもOKです。朝、お味噌汁を飲まない人は水を飲む習慣で腸の蠕動運動の習慣化ができます。

質問2 常温、冷水、白湯の温度による効果の違いはありますか?
答え2 冷水や熱すぎるお湯は腸に負担がかかり結果、不調を招きます。

冷水を飲むと腸の働きが低下したり、刺激を受けすぎて便秘や下痢になってしまう場合もあります。常温もしくは、体温がベストです。起床時に飲む水は、腸の蠕動運動を促進させるため冷水でもいいでしょう。

質問 3 夜寝る前の水はよくないのでしょうか?
答え3 夜中に目覚めなければ大丈夫です

夜中にトイレに行きたくて目覚めてしまうようであれば腸の働きが低下しているケースが考えられます。また、睡眠が中断されてしまうと自律神経にも大きく影響するので注意しましょう。就寝前の1時間は飲まないほうがいいでしょう。朝起きたら、コップ1杯の水を飲みましょう。

質問4 コーヒーばかり飲んで、あまり水を飲みません。
答え4 1日1~2杯程度なら問題ありません。

コーヒーの香りにはリラックス効果もありますが、コーヒーでお腹がゆくるなる体質の人は控えましょう。コーヒーは利尿作用もありますので、水分摂取も忘れないようにしなければいけません。

質問 5 食事中は水分摂取を控えたほうがいいのしょううか?
答え 5 コップ1杯の水をゆっくりと飲みます。

消化の面からは、水分摂取を控えたほうがいいでしょう。せっかく出てきた消化酵素が薄まってしまうことが理由です。食事中の水分は、コップ1杯を目安に一気に飲まずにひとくちずつこまめに飲むほうがいいでしょう。さらに水が飲みたくなったら食後30分以上してから飲めばいいでしょう。

関連ページ