体にいい影響を与える水 とその働きについて

体にいい影響を与える水 に関する情報です。

体にいい影響を与える水 とはどんな水?

体にいい影響を与える水 とはどんな水?

私たちの 体にいい影響を与える水 とは

人間の体は、生まれたばかりでおよそ 80 パーセント、成人ではおよそ 60 パーセントが水分だといわれていて、ほとんどが水で構成されています。
人間の水分はおよそ1ヶ月ですべて入れ替わると言われていますので、栄養のないものばかり食べていると次第に体が弱っていきます。それと同じように、ふだんから質の悪い水ばかりを飲んでいると体の中は悪い水だらけになってしまいます。体にいい水を飲み続ける習慣をつければそれだけ健康的な体になる、というのはそのとおりです。

体によい水の条件というのは、次のような水です。

  • 雑菌、有害物質が含まれない
  • ミネラルが適度に含まれる(硬度が高すぎない)
  • 酸素と炭酸ガスが適度に含まれる

これら 3 つの条件を満たした水、軟水のミネラルウォーターが最適ということになります。

国産ミネラルウォーター 超軟水 (硬度 0 ~ 50 ) の一覧はこちら

国産ミネラルウォーター 軟水 (硬度 51 ~ 100 ) の一覧はこちら

老化も防ぐ水のパワー

老化というと年齢と共に進行するものなので不可抗力だと思っている人も多いはずです。肌がかさつき、シワが増えるなどの老化現象は体の中の水分が少なくなることが要因です。
新生児の時に 80パーセント、成人で 60 パーセントあった水分は、老人になるとおよそ 50 パーセントにまで低下するといわれています。老化=体の乾燥ともいえます。 30 歳を過ぎると肌や頭皮の乾燥を感じる人も急増します。
体によい水を飲み続けることで、老いを防ぐことができるのです。

体の中での水の働きや動き

体内に水を流して体の中を洗浄する
通常 1 日に摂取する水はおよそ食事から 1 リットル、飲料水から 1.2 リットル、体内で作られる分が 300 CC です。一方、汗や尿などで 2.5 リットルが排泄されます。摂取した水は体を洗い流すようにして体内を通り抜け、洗浄しながら排出されるのです。
化学反応を起こしながら食物を吸収する
食物を体の中で溶かして水溶液にすることでエネルギーを得ています。これで、安定して化学反応を起こしていることになります。人体の 60 パーセントが水であることも安定してエネルギーを得るためです。
水を蒸発させて体温を調節する
運動すると体温が上昇しますがそれを下げるのは汗の役割です。 1 日におよそ 800 ~ 900 ml もの水分を蒸発させ、その水分の気化熱を利用して体温を調節しています。
リラックスさせてくれる
興奮やイライラやショックなどは、脳に血液が集中した状態でもあります。水を飲むことで胃腸へ流れて分散し、興奮を鎮めるといわれています。脳が活性化していない状態では、胃腸が刺激され脳を目覚めさせる働きもあります。
循環して栄養を運搬する
体を通り抜ける水の量は 2.5 リットルですが、体の中ではもっと大量の水を動かしています。唾液や胃液などの消化液で 8.2 リットル、尿が 150 リットルという大量の水が循環しているのです。そのうち 99 パーセントは体内に再吸収されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください