月別アーカイブ: 2011年9月

ミネラル豊富な温泉水の一覧

温泉は入る(入浴)することで体の疲れを癒したりリラックスできますが、このミネラルをたっぷり含んだ水を飲むことも体にいいのです。
日本は温泉列島といわれるほど全国各地に温泉がありますが、この温泉の水を飲んだことがある人も多いのではないでしょうか?
温泉水をボトル詰めしたものがよく現地で売られています。温泉は入浴するだけでなく
直接飲むことにより効率よくミネラルを取り込むことができるのです。
また、「温泉=リラックス」というよいイメージが脳に潜在的に存在するため、飲用する際にも同様のリラックス効果が得られるといいます。

温泉名所で旅行に行った次いでにミネラル豊富な温泉水を購入するのも楽しみですが、美容、健康を考えたら温泉水を継続的に毎日飲むこともおすすめです。
温泉場で販売されている温泉水と同じ成分なので安心して飲み続けることができます。

温泉水とは〔性質と効能〕はこちら

温泉水一覧

入浴前に必ず1杯の水を飲む習慣をつける

水分不足による血液のドロドロを防ぐためには2点重要なことがあります。

  1. 就寝前に水を飲む
  2. 入浴の前後で水を飲む

ことです。
専門家は、就寝中にも何回か飲んだほうがいいといいます。トイレに起きた際に、できればコップ1杯の水を飲めるときは、飲んだ方がいいでしょう。
40歳を過ぎた人達にとっては、脳梗塞や心筋梗塞の危険性があがるため、これを予防する意味でも非常に重要な生活習慣となります。
本来、人が無意識に水を飲む。という行動は「喉が渇いた」時だけなので、「水を飲む」という意識をしっかりもって習慣化させてしまうのが一番です。
入浴後に、立ちくらみをする人は、水分が欠乏している証拠です。入浴前にコップ1杯の水を飲みましょう。入浴後も同様にコップ1杯の水を飲むようにします。
入浴には血液をドロドロにする要素がたくさん隠れています。お湯に入って汗をかくと、体内の水分が失われるだけでなく、それによる血液の凝縮で血栓ができやすくなるのです。
さらに、熱いお湯は、プラスミノゲンという血栓を溶かす物質を減少させてしまいます。
特に冬場などは、ただでさえ血管が収縮して血圧が高くなるところに、これだけの悪条件が重なってしまうのです。
また、入浴には発汗作用と同時に利尿作用があります。浴槽に座って姿勢で肩までつかると、下半身の血液が心臓のほうへ押し上げられる形になります。
右心房には血液の量を調整するセンサーがりますが、入浴によって通常時より右心房に血液が多く戻ってくると、右心房は血液が余分にあるものと判断し、ホルモンだして腎臓に働きかける。腎臓は、それを受けて血液の量を少しでも減らそうと血管内の水分を濾し取って尿として膀胱へ押し出すのです。
その繰り返しだけでコップ1~2杯の水分が失われるというのです。
この状態でお風呂から急に立ち上がると、重力の関係で血液が下肢へと下がり、血液が減り、その結果、脳貧血を起こして、立ちくらみを起こすのです。
体によりちかい成分のミネラルウォーターを飲むのが望ましいといえます。知床深海の水 硬度 1000などがオススメです。

血圧上昇、くも膜下出血、心筋梗塞予防

水をしっかり飲むという健康の大切さに気づいていない

先日、衝撃的なニュースが日本中を震撼させました。
松本山雅FCサポーターのみならず、サッカー界に衝撃が走ったことは記憶に新しい出来事でした。以前は横浜マリノスでプレーし、日本代表としても活躍していた松田直樹選手が急に倒れたというニュースです。
松田選手が信州大学付属病院救急救命センターに到着。この時、既に心肺停止状態でした。
体が脱水状態になり、さらに心臓に負荷がかかっていたのだという医師の会見がありました。
水は新陳代謝を活発にしてイライラを解消します。健康・美容といった専門サイトでは、「まず、水を飲んで体内循環をアップさせ、代謝をアップさせようという」のは定番です。
以下のリンクは専門サイトの内容ですが、水を飲むことによる効果を説明しています。

若いうちは血圧などについてはほとんど関心がないのが一般的です。ところが20歳~30歳代でも血圧の上昇で命の危険にさらされる場合があるのです。松田直樹選手の事故がそれを証明しています。
中でも、激しい頭痛と吐き気を伴うくも膜下出血は、何の前触れもなく起こってそのまま、命に関わる状態にまで進行してしまうケースが多く働き盛りの突然死、過労死の原因となっています。
突然、発症するために遺族も「納得いかない」状況となりやすく非常に不幸だといいます。

水分摂取で新陳代謝を活発にすれば

かつては、くも膜下出血は、先天的な異常によって脳のまわりの血管に動脈瘤ができ、そこに圧力がかかって発症するものと考えられていました。
最近は、血圧上昇により脳血管の弱い所に圧力がかかって動脈瘤ができるということがわかってきました。
高血圧は、一般的には、加齢と塩分摂取過多が原因とされてきましたが、若い人の場合には、ストレスによるものが大きく影響しています。
普段から時間がなく休む時間もとれずに仕事をしている人に発症しやすくなっています。働き盛りの人は特に水分摂取を意識したほうがいいでしょう。
水分摂取で新陳代謝が活発になれば、血圧の上昇も抑制できます。水分を摂取すると、即座に脳へ働きかけて利尿を促進し、新陳代謝が活発になります。
その結果、体内に溜まった老廃物や毒素が排出されるのです。
毎日、忙しくどうしてもストレスがたまりイライラしやすい人は特に血圧も上昇しやすいので、積極的に水分摂取をするといいでしょう。
水分摂取をする場合に緑茶、コーヒー、アルコールなどは利尿作用が強すぎるのでやはりミネラルウォーターが適しています。
「おいしいな」「さわやか」という口当たりのミネラルウォーターが続く秘訣です。「まずい水」はどんなに体によくても続きません。
日本人は、やはり軟水が心地よく感じ、おいしく感じるので国産の軟水がいいでしょう。
一万年の雫などはオススメです。
〔注意〕
原発事故で話題になっている放射性ヨウ素131と一万年の雫に含まれるミネラルのヨウ素は全く別物で関係ありません。またストロンチウムも原発の記号は90で当製品に含まれるている天然ストロンチウムは38で健康に悪影響を与える物質と全く関係ありません。素人にはわかりにくいのですが、一万年の雫などを飲むと体が浄化される感覚がある。という人もいるそうです。疲れを感じていたり、美容に高い関心を持つ人たちには定番の水となっています。

生命の水 夢

『生命の水 夢』は、香川の山間部から湧き出た良質な天然鉱泉水。カルシウムとマグネシウムが2:1という理想のバランスをもち、日本人に不足気味なカルシウムを特に豊富に含んでいます。また、話題のシリカやサルフェートも含まれていて、さらに体にうれしいミネラルウォーターなのです。
硬度は、軟水の多い日本の水としては高め(170)の中硬水です。
体に必要なミネラルや栄養は、食べ物からだけで摂取するのは難しいので、栄養分がバランス良く含まれた水を摂取するのがおすすめです。
人間の血液に近い弱アルカリ性の天然水で、飲み口も軽やかです。
製造では、源泉の特長を損なわないよう新鮮な水に熱を加えずにボトリングする、非加熱フレッシュボトリングが採用されています。

生命の水 夢 は現在在庫がありません