ミネラルを含んだ温泉水」カテゴリーアーカイブ

飲む温泉 観音温泉 伊豆 下田 観音温泉の源泉をボトリングした水

伊豆下田・観音温泉の源泉水を使用した ナチュラルミネラルウォーター 『 飲む温泉 観音温泉 』 に関する情報です。

飲む温泉 観音温泉 温泉水

飲む温泉 観音温泉 温泉水

飲む温泉 観音温泉 天然温泉水をダイレクトにボトリングしたミネラルウォーター

飲む温泉 観音温泉 は、伊豆奧下田の観音温泉水をそのままボトリングした 100 % 温泉水。温泉敷地内に隣接している充填工場で、空気に触れず直接ボトリングされています。

天然アルカリ温泉水のナチュラルミネラルウォーターは、甘みがあっておいしいと、一流レストランでも調理に使用されている評判の水。品質の良い水としてモンドセレクションでの受賞歴もあり、世界に認められています。健康・美容効果があることで知られているミネラル成分 シリカ が含まれている( シリカ含有量 51 mg/L )こともあり、女優さんなどが飲んでいる水ということでメディアで紹介されたりもしています。また、水の硬度が 1.0 mg/L 以下という超がつく程の軟水で、口あたりがまろやかな 飲む温泉水 です。

温泉に入浴する以外にも、ミネラル成分を含んだ 温泉水を飲むこと( 飲泉 )は健康によいとされ、ヨーロッパでは古い時代からおこなわれていたといいます。日本の温泉でも昔から飲泉がおこなわれていますが、含有成分によっては温泉が飲めるところと飲めないところがあるので、機会がある人は温泉地にきちんと確認してみるといいです。

ミネラルを含む 飲む温泉水 の一覧はこちら

強アルカリ性でありながら超軟水の希少な水はおいしい

飲料水としてそのまま飲むのはもちろん、お茶やコーヒーなどに使えばいっそうおいしく飲めます。また、炊飯や煮物など、お料理の時にも活躍するミネラルウォーターです。
まろやかな口あたりが特徴の 超軟水 ながら、 pH 値 9.5 というアルカリ性の強い泉質が体のイオンバランスを優しくサポートしてくれます。お肉や脂っこいものが好きでよく食べる人にアルカリイオン水を飲むとよいでしょう。

アルカリイオン水 の 効能 効果 と 商品一覧

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 温泉水
採水地 静岡県下田市横川観音温泉

栄養成分表( 100 ml あたり )

  • カルシウム / mg
  • マグネシウム / mg
  • カリウム / mg
  • ナトリウム / mg
  • 硬度 / 0.7
  • pH / 9.5

国産ミネラルウォーター 超軟水 の一覧( 硬度 0 ~ 50 )

北陸・東海地方の ミネラルウォーター 一覧はこちら

ミネラルを含む 温泉水 の一覧 温泉水 を飲もう

国産ミネラルウォーター の 温泉水 についての情報です。

温泉水

温泉水


日本人なら「温泉大好き!」という人もいると思いますが、温泉は入る(入浴)することで体の疲れを癒したり気持ちもリラックスできます。さらに、「飲泉」といって、このミネラルを含んだ水を飲むことも体にいいといわれています。
日本は温泉列島といわれるほど全国各地にさまざまな泉質の温泉がありますので、温泉の水を飲んだことがある人も多いのではないでしょうか?

「 温泉水 」とは、地熱によって 25 ℃ 以上に温められた地下水のことをいいます。市販されている温泉水は、ろ過されたりして味も調えられているのですが、なかには自然のままの温泉水を手を加えることなく飲用できるミネラルウォーターもあります。

温泉水 をボトル詰めしたものは、よく現地で販売されたりもしています。温泉に入浴するだけでなく、 温泉水 を飲むことによって、効率よく体にミネラルを取り込むことができるのです。
また、「温泉=リラックス」というよいイメージが脳に潜在的に存在するため、飲用する際にも同様のリラックス効果が得られるといいます。

温泉名所へ旅行に行ったついでにミネラルを含む 温泉水 を購入するのも楽しみのひとつですが、美容や健康を考えたら 温泉水 を継続的に毎日飲むことがおすすめです。市販されていたり、インターネットでも購入できるミネラルウォーターは、温泉場で販売されている 温泉水 と同じ成分なので、安心して飲み続けることができます。

温泉水の性質と効能についてはこちら

温泉水 一覧

超硬水 マグナ1800 大分 長湯温泉の 飲む温泉水

マグナ1800 大分 長湯温泉の 飲む温泉水 に関する情報です。国内のミネラルウォーターとしては珍しい硬度の高い超硬水のミネラルウォーターです。

温泉水 ミネラルウォーター マグナ1800

温泉水 ミネラルウォーター マグナ1800

飲む温泉水 マグナ1800

大分県竹田市にある 長湯温泉 は、久住山麓の丘陵地に位置しています。ここは、古くから湯治場として地元の人々に愛されてきた温泉地です。ヨーロッパで古くから温泉療養として 飲泉 ( 温泉水を飲むこと )がおこなわれてきたことが知られていますが、ここ長湯温泉でも 温泉水 を飲むということが昔からおこなわれていて、浴用と同じように健康な体にとって重要なものだと考えられています。長湯温泉の飲泉としては、便秘、デトックス、慢性胃腸病、糖尿病、痛風などに対し効果的だとされています。

マグナ1800 は、長湯温泉 を飲みやすく精製した ミネラルウォーター です。温泉水 マグナ1800 には 51 ℃ で湧き出している長湯温泉が使用されていますが、沈殿、ろ過、過熱殺菌がおこなわれているので安心して飲むことができます。

ちなみに、 マグナ1800 という名前は、 Mg =マグネシウムや Na =ナトリウムを多く含むこと、そして精製された水の硬度は 900 ですが源泉の温泉水の硬度が 1800 であることから、このように付けられたということです。

ミネラルを含む 温泉水 の一覧はこちら

硬度の高い温泉水は飲みにくい?

水の硬度が 900 mg/Lという高さでありながら pH 8.6 の 弱アルカリイオン水 は世界的にも珍しく、日本の 温泉水 では マグナ1800 のみです。ほかの市販の ミネラルウォーター と比べ、 マグネシウム や シリカ 、 サルフェート 、 重炭酸 の量も多く含まれています。長湯温泉からつくられていますが、炭酸ガスが精製の過程で除去されているので、飲みやすくなっています。

温泉水 マグナ1800 の飲み方

毎日の水分補給・ミネラル補給としてそのまま飲む以外にも、お肉の煮込み料理や炊飯に、焼酎の割り水などにもおいしくなるのでオススメです。

1 日に 500 CC を目安にして飲み、体調に応じて増減するのがよいとされています。ただ、ミネラル含有量が豊富なことから飲み過ぎるとお腹がゆるくなる人もいるので注意してください。また、病気療養中の人は医師と相談してから飲んだほうがよいです。

栄養成分 / 1000 ml あたり
  • カルシウム( 13 mg )
  • マグネシウム( 210 mg )
  • カリウム( 55 mg )
  • ナトリウム( 290 mg )
  • シリカ〔ケイ素〕( 163 mg )
  • サルフェート( 290 mg )
  • 硬度( 900 )
  • pH ( 8.6 )

九州・沖縄のミネラルウォーター 一覧はこちら