屋久島縄文水」タグアーカイブ

屋久島縄文水 世界遺産 屋久島 の大自然から生まれた 超軟水

ミネラルウォーター 屋久島縄文水 に関する情報です。 屋久島縄文水 は、世界遺産の島 鹿児島県の 屋久島 が育んだミネラルウォーターとして人気です。大自然から生まれ、悠久の時に磨かれたまろやかな天然水です。

ミネラルウォーター 屋久島縄文水

屋久島縄文水 超軟水

九州の南海上に浮かぶ 屋久島 は、洋上アルプスとも呼ばれる花崗岩の島。鹿児島県本土の最南端にあたる佐多岬から南西約 60 キロメートルの海上にあります。多くの人々が暮らしていながら豊かな自然が残されているこの屋久島は、 1993 年に日本で初めて世界自然遺産に登録されています。また、地域に暮らす人々の水質保全活動などにより、屋久島には、日本の 名水百選 にも選ばれた 屋久島宮之浦岳流水 があります。

屋久島には樹齢 1000 年を超える 屋久杉 が自生していますが、シンボルといえば 樹齢が 2000 ~ 7000 年余りともいわれている 縄文杉 があります。屋久島は全国屈指の雨の多い地帯であり、縄文杉を育んだのは、この地に降り注いだ雨です。そして、長い年月をかけて、屋久島に降り注いだ雨が大自然に磨かれて「 屋久島縄文水 」となりました。

屋久島縄文水 の原水は深井戸の 60 メートルの深さから採水されます。加熱殺菌されたあとにミクロフィルターで除菌がおこなわれ、ボトリングされています。有機物をほとんど含まない、硬度 10 mg/L の 超軟水 で、特有のまろやかさは、日本で有数の名水の名にふさわしいおいしさです。 軟水 特有のマイルドでソフトな口あたりが、コーヒー、紅茶、緑茶に、また洋酒の水割り用にと、何にでも良くなじみます。調理や炊飯に使っても、一層おいしく仕上がります。

名称 ナチュラルウォーター
原材料 深井戸水
採水地 鹿児島熊毛郡屋久島町
栄養成分 / 100 ml あたり
  • カルシウム ( 0.15 〜 0.35 mg )
  • マグネシウム ( 0.05 〜 0.15 mg )
  • カリウム ( 0.02 〜 0.20 mg )
  • ナトリウム ( — mg )

硬度 ( 10 ) pH ( 5.8 ~ 6.9 )

国産のミネラルウォーター 超軟水 ( 硬度 0~50 ) はこちら

九州・沖縄のミネラルウォーター 一覧 はこちら