北海道・東北」カテゴリーアーカイブ

北海道・東北のミネラルウォーター 一覧

国産ミネラルウォーター のうち、 北海道・東北のミネラルウォーター に関する情報です。

雄大な大自然とたっぷりの雨量。冬につもる豊富な雪、数多くある火山帯のおかげで美しい水資源に恵まれているのが北海道・東北地方です。

北海道では、広大な湿地帯や火山帯が生み出す地下水脈など、体に有用なものはもちろん、おいしい水に不可欠な様々な成分を備えた天然水が数多くあります。東北地方の天然水は硬度が低いために飲みやすい水が多くありますが、日本名水百選にも選定されている岩手県の龍泉洞の水や名湯の温泉水などミネラルが豊富な水、日本では珍しい天然の炭酸ガスを含んだ発泡水などの天然水があるのも特徴といえます。また、海洋深層水などもとれます。

北海道・東北のミネラルウォーター

北海道・東北のミネラルウォーター

北海道・東北のミネラルウォーター カタログ 概要と栄養素

夢水気(北海道)■ 源水は、北海道 横津岳山麓の地下から湧き出る、数千年前の地底の岩清水です。豊かな大…
水彩の森(北海道)■ 遙か昔の時代に形成された貝殻地層で、長い年月をかけてろ過されたナチュラルミネラ…
知床深海の水 硬度1000(北海道)■ 北海道羅臼沖から採水した純度 100 % の海洋深層水。塩分過多の原因に…
羊蹄のふきだし湧水(北海道)■ 羊蹄のふきだし湧水 は、日本の名水百選にも選ばれた北海道の水です。降り…
高質命水 クリスタルウォーターA(北海道)■ 体内への浸透率が極めて高いといわれているクラスター(水分…
世界遺産 白神山地の水(青森県)■ 白神山地は世界最大級のブナの原生林と、そのブナ林が支えてきた貴重な…
白神山水(秋田県)■ ブナの原生林が育んだ天然水を一切の外気に触れさせることなくボトリング、非加熱製…
鳥海山水(山形県)■ 山形県の最高峰、鳥海山( ちょうかいさん )の伏流水を採取したミネラルウォーター。…
天然名水出羽三山の水(山形県)■ 山形 出羽三山( でわさんざん )の地下 170 メートルから湧き出る天然水…
仙人秘水(岩手県)■ 日本で最初に認可された非加熱処理の天然弱アルカリ性のナチュラルミネラルウォータ…
龍泉洞の水(岩手県)■ 日本三大鍾乳洞の「龍泉洞」から湧き出る前の水を地下から吸い上げ、セラミックフ…
早池峰霊水(岩手県)■ 早池峰山麓の裾野の地下150mの地点で採水されている、飲みやすいアルカリ性の鉱水…
栗駒深層水(岩手県)■ サプリメントなどでおなじみの DHC が製造するミネラルウォーター、栗駒深層水は…
aWa心水 アクアイズ(福島県)■ 国産で唯一の天然炭酸水。奧会津から湧き出る天然炭酸ガスを含んだこの水…

鳥海山水 ( ちょうかいさんすい ) 山形・鳥海山の伏流水

ナチュラルミネラルウォーター 『 鳥海山水 』( ちょうかいさんすい ) に関する情報です。

天然水 鳥海山水 ( ちょうかいさんすい )

天然水 鳥海山水 ( ちょうかいさんすい )

鳥海山水 は日本屈指のおいしい水

『 鳥海山水 』( ちょうかいさんすい )は、山形県の最高峰、鳥海山( ちょうかいさん )の伏流水から取水したミネラルウォーターですが、日本国内で屈指のおいしい水といわれています。
日本海側の水は、名水を育むうえで必要な地形や気候条件といった大切な要素に恵まれています。山形と秋田の県境にそびえる鳥海山は標高に恵まれていて、日本海から吹いてくる湿った風を受けて雨や雪の降る量がとても豊かなのです。
鳥海山は出羽富士とも呼ばれます。その霊峰・鳥海山の万年雪が源となっていますが、年間を通しての降水量が多く、そこに降る雨や雪は、腐葉土から地中に滲み込んで、長い時間をかけて地中で磨かれ、おいしい伏流水となります。

製造元ではろ過は最低限でおこなわれていて、天然水そのもののおいしさを味わえます。なお、賞味期限は約6年となっていますので、保存用や備蓄用の水としても活用できます。

この水は地元の造り酒屋で、昔から仕込み水として使われてきたそうです。徹底して原料にこだわる造り酒屋・天寿酒造の美酒「天寿」の仕込み水がそのままボトルに詰められています。
やわらかな口あたりの超軟水、おいしい水です。炊飯や調理の水として、コーヒーやお茶をいれる水としても適しています。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱水
採水地 山形県酒田市升田字上新田
栄養成分/ 100 ml あたり
  • カルシウム( 0.9 mg )
  • マグネシウム( 0.3 mg )
  • カリウム( — mg )
  • ナトリウム( 0.8 mg )
  • 硬度( 23 )
  • pH( 6.2 )

国産のミネラルウォーター 超軟水(硬度 0 ~ 50 )一覧

北海道・東北地方のミネラルウォーター の一覧はこちら

『 天然名水出羽三山の水 』 霊峰出羽三山からの恵みの水

ミネラルウォーター 『 天然名水出羽三山の水 』 に関する情報です。

天然水 『 天然名水出羽三山の水 』

天然水 『 天然名水出羽三山の水 』

『 天然名水出羽三山の水 』は、山形 出羽三山( でわさんざん )の地下 170 メートルから湧き出る天然水を採水し、お菓子メーカーとして知られる ブルボン さんによって、ボトルの成型からボトリングまで工場内で製造がおこなわれています。

出羽三山 は、山形県の中央に位置する主峰である月山(がっさん)、その北側の羽黒山(はぐろさん)、西側の湯殿山(ゆどのさん)の 峰続きの3つの山からなる山形の霊峰です。古くから多くの人々の信仰を集めてきたというこの三山は、人生の現在・過去・未来に見立てられているともいわれています。生まれ変わりの旅 といわれる、出羽三山を巡る参拝コースもあるようです。

その神聖な山々の地下から湧き出すのが、ミネラルウォーター『 天然名水出羽三山の水 』のもととなる天然水(鉱水)です。山々に降り積もった雪が地層の奥深くまで浸透していき、とてつもなく長い時間が過ぎて、とても良質な天然水になったのです。

体に優しく、睡眠中に失われた水分補給にベストです。調理や炊飯、お茶、アルコールの水割りなどにも使ってもおいしいナチュラルミネラルウォーターです。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱水
採水地 山形県鶴岡市羽黒町
栄養成分 / 100 ml あたり
  • カルシウム( 1.4 mg )
  • マグネシウム( 0.48 mg )
  • カリウム( 0.08 mg )
  • ナトリウム( 1.6 mg )
  • 硬度( 55 )
  • pH ( 7.8 )

国産ミネラルウォーター 軟水 (硬度 51~100 ) の一覧 はこちら

北海道・東北のミネラルウォーター 一覧 はこちら

『 知床深海の水 』 硬度1000 知床らうす海洋深層水 100 %

ミネラルウォーター 『 知床深海の水 』 についての情報です。

知床らうす海洋深層水 だけしか使われていない『 知床深海の水 』

『 知床深海の水 』 は、北海道羅臼沖から採水した純度 100 % の海洋深層水です。つまり、知床らうす海洋深層水 以外のものは一切使われていません。この海洋深層水から、塩分過多の原因になるといわれている余分な塩分だけを取り除き、人体に必要な理想のバランスの天然ミネラルをそのまま残しています。

海洋深層水 というのは、「太陽が届かずに、表層の海水と混ざらない深さにある海水」のことをいいます。一般には、200メートル以上の深さの海水が 海洋深層水 とされています。羅臼(らうす)でできる深層水は、オホーツクの海水が凍るときにミネラルなどが濃縮されて比重が重くなり、海底へと沈んでいく仕組みです。雨水よりも比重の軽い表層水が深層水にフタをしているかたちとなっていて、表層とは混ざりません。

海洋深層水 『 知床深海の水 』

海洋深層水 『 知床深海の水 』

知床深海の水 は硬度 1000 の超硬水となっています。一般に日本人は硬度の低い軟水を好む傾向があるようですが、ミネラル補給の点からすると、軟水よりも硬水のほうが優れているといえます。ただし、飲みにくさや好みというものがありますから、おいしくないと思うものを無理して飲む必要はありません。硬水が苦手だと感じる人は、まずは硬度が低めの軟水や中硬水あたりから始めるのがいいかもしれません。

1000 という硬度の高さでありながら、数値ほど飲みにくさを感じない点も人気のミネラルウォーターです。たとえば、災害時などストレスが特に多くかかる時のミネラル補給飲料水として適しています。硬度が高い硬水ですから、赤ちゃんの飲用には適しません。

羅臼の海洋深層水から余分な塩分を取り除いて、ミネラルをバランスよく残し、美味しく仕上げた深層水純度 100 % の自然水が、この『 知床深海の水 』なのです。

名称 ミネラルウォーター
原材料 海洋深層水
採水地 北海道知床羅臼沖
栄養成分/ 100 ml あたり
  • カルシウム( 4.4 mg )
  • マグネシウム( 25 mg )
  • ナトリウム( 15 mg )
  • カリウム( — mg )
  • 硬度( 1000 )
  • pH ( 8.0 )


らうす海洋深層水・知床深海の水 2リットル × 6本入り

国産ミネラルウォーター 超硬水 ( 1000 )の一覧はこちら

北海道・東北のミネラルウォーター 一覧

『 白神山水 』 世界自然遺産 白神山地のブナの森が育んだ水

ミネラルウォーター 白神山水 ( しらかみさんすい )についての情報です。

世界遺産の森から生まれた 白神山水

白神山水 は、自然の恵みをいっぱいに味わうことのできるナチュラルミネラルウォーター。白神山地のブナの原生林が育んだ天然水が外気にいっさい触れさせることなくボトリングされ、非加熱製造されていて、世界遺産の恵みをそのまま味わえます。

白神山地 ( しらかみさんち )とは、秋田県の北西部から青森県の南西部にかけての広大な山地帯の総称です。この辺りには、ほぼ自然のままの世界最大級ともいえる原生的なブナ林が分布していて、さまざまな植物が自生し動物たちが生息するといった、とても貴重な生態系が保たれています。白神山地と聞いて知っている人もいると思いますが、1993 年には世界遺産(自然遺産)に登録されています。

白神に降った雨が腐葉土にしみ込み、幾千年にもわたる長い年月を経て、山肌を潤した水が地中に貯えられていることから「緑のダム」と呼ばれるほど保水力に富んだ白神山地。世界遺産の森が蓄えた生命の水、その広大なブナの森は、太古から変わることのない生命の営みを続けています。

ナチュラルミネラルウォーター 『 白神山水 』

ナチュラルミネラルウォーター 『 白神山水 』

非加熱製造、超軟水のおいしい水

白神山水 は、世界自然遺産として認められた、その白神山地のブナの森から生まれた繊細な水です。秋田県の藤里町にある (株)藤里開発公社 白神山水の館 で、取水からろ過、容器の形成、ボトリングまで、徹底した衛生管理のもとで生産されています。生産工場の 白神山水の館 では、予約が必要ですが、生産工程の見学もできるということです。

ブナの森に古くから貯えられてきた天然水が、特殊フィルターろ過で加熱処理をせずにボトリングされています。非加熱だから、本来の水の養分であるアルカリ性のミネラル(カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム等)を壊すことなく、天然水をありのままおいしく飲むことができるのです。飲みやすい 超軟水 のミネラルウォーターです。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱泉水
採水地 秋田県山本郡藤里町

栄養成分表 / 100 ml あたり

  • カルシウム( 0.36 mg )
  • マグネシウム( 0.14 mg )
  • カリウム( 0.16 mg )
  • ナトリウム( 0.56 mg )
  • 硬度( 14 )
  • pH ( 7.1 )

そのほかの国産ミネラルウォーター 超軟水(硬度 0 ~ 50 )一覧はこちら

北海道・東北のミネラルウォーター 一覧はこちら