月別アーカイブ: 2021年10月

龍泉洞の水 岩手県 名水百選の地底湖から採水されてできたミネラルウォーター

ミネラルウォーター 龍泉洞の水 に関する情報です。 モンドセレクション において何度も金賞を受賞し 世界最高品質賞 も受賞した、世界が認めた日本の名水です。

龍泉洞の水 ミネラルウォーター

龍泉洞の水 ミネラルウォーター

龍泉洞の水 ( りゅうせんどうのみず )は、鍾乳洞 ( しょうにゅうどう )から湧き出る前の水を地下から吸い上げ、ろ過し除菌のみでボトリングされた天然水です。 龍泉洞地底湖の水 が非加熱、セラミック膜ろ過充填されています。石灰岩層を通過するため、 龍泉洞の水 にはカルシウムが豊富に含まれています。日本にある数多くの水の中でもカルシウムの多い水で、比較的硬度が高めの軟水です。健康に良い水として注目され、昔から地元の人々には、『 不老長寿の水 』、『 奇跡の水 』として親しまれてきました。この 龍泉洞地底湖の水 は、日本の 名水百選 に選ばれています。さらに、世界食品オリンピック モンドセレクション では、数々の受賞歴があり、世界的に認められた水です。

龍泉洞( りゅうせんどう )は、岩手県の岩泉町にある鍾乳洞です。岩泉町のシンボルでもある宇霊羅山の麓にあります。この龍泉洞は日本三大鍾乳洞の 1 つとされていて、洞窟は、豊富な地下水により石柱や造形物を生み出し、また洞内に棲むコウモリと共に国の天然記念物に指定されています。

『 ドラゴンブルー 』と呼ばれる美しく青く光る地底湖があることでも知られています。見つかっている地底湖は 8 つあり、そのうちの 3 つが公開されています。また、洞内の総延長は知られている所で 4,088 メートルで、そのうちの 700 メートルが公開されています。現在も調査が継続中で、未知の部分もまだまだ多く、総延長は 5,000 メートル以上ではないかと言われています。広大に繁るブナの森、石灰岩層が浸透しろ過されながらカルシウム等のミネラル分を吸収し、長い年月をかけて湧き出した澄んだ地底湖は、世界有数の透明度を誇る美しさです。

龍泉洞の水 は、その地底湖に湧き出る直前の地下水脈から採水しています。まさに、自然が生み出した、大地の恵みの天然水です。弱アルカリ性のおいしい水。口あたりは、ほのかな甘味があってまろやかです。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱泉水
採水地 岩手県下閉伊郡岩泉町
栄養成分 / 100 ml あたり
  • カルシウム ( 3.52 mg )
  • マグネシウム ( 0.22 mg )
  • カリウム ( 0.03 mg )
  • ナトリウム ( 0.23 mg )
  • 硬度 ( 85.7 )
  • pH ( 7.6 )

日本名水百選 についてはこちら

北海道・東北のミネラルウォーター 一覧はこちら

国産ミネラルウォーター 軟水 (硬度 51~100 ) の一覧はこちら

越後の名水 自然なおいしさそのままのミネラルウォーター

ミネラルウォーター 越後の名水 に関する情報です。

ナチュラルミネラルウォーター 越後の名水

ナチュラルミネラルウォーター 越後の名水

越後の名水 は、新潟・南魚沼産の天然水。長い歳月をかけて自然ろ過され、地下100メートル地点の清らかな地下水脈から汲み上げられた水です。

超軟水で、口あたりは柔らかくて甘みを感じることができます。そして、体内への吸収力も優れています。豪雪地である新潟の、豊富な水量と山々によるろ過技術に自然鉱物のミネラルがプラスされた、まさしく名水といえるでしょう。

また、 越後の名水 には、水そのものを爽やかな風味にしてくれる遊離炭酸が含まれています。加熱処理は一切おこなわれていなくて、天然のおいしさをそのまま味わうことができます。冷えているのはもちろん、常温でもおいしいと評判のミネラルウォーターです。

飲用としてだけでなく、料理に使ったり、お茶やコーヒーをいれたりするのにも使えます。

越後の名水 を製造している新潟魚沼工場は、谷川岳と八海山、そして日本名水百選のひとつでもある「 龍ヶ窪の水 」が湧き出る自然豊かな場所に囲まれています。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱水
採水地 新潟県魚沼市
栄養成分 / 100 ml あたり
  • カルシウム ( 0.66 mg )
  • マグネシウム ( 0.19 mg )
  • カリウム ( 0.08 mg )
  • ナトリウム ( 0.45 mg )
  • 硬度 ( 24 )
  • pH ( 8.0 )

国産のミネラルウォーター 超軟水(硬度 0 ~ 50 )の一覧はこちら

関東・甲信越のミネラルウォーター 一覧はこちら

阿蘇 白川水源 名水百選 雄大な白川水源からの湧き水

日本名水百選に選定されている白川水源を用いたミネラルウォーター 阿蘇 白川水源 の紹介です。

熊本のおいしい天然水 阿蘇 白川水源

熊本県の南阿蘇村にはおいしい水を生み出すいくつもの水源があるのですが、白川水源( しらかわすいげん )はその中でも特においしい水といわれていて、日本の名水百選にも選ばれています。
阿蘇の雄大な水源地域である白川水源は水量が豊富なことでも有名で、 1 年間に 3,000 万立方メートル以上の水が湧き出ているといわれています。南阿蘇村の人々が利用する水の多くは阿蘇の山々で蓄えられ、地下をくぐって南阿蘇村で湧出しているのです。長い年月に渡って地下を流れる途中で、炭酸ガス、鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが溶けこみ、おいしさが増しています。

地元の人々の間では古くから水に対する信仰があったようで、採水地の近くには白川吉見神社があり、水神さまが祀られています。水源の水は、自由に持ち帰ることができるようになっています。
その清らかでおいしい水をペットボトルやタンクに詰め込んだのが、ナチュラルミネラルウォーター 阿蘇 白川水源 です。

ナチュラルミネラルウォーター 『 阿蘇 白川水源 』

ナチュラルミネラルウォーター 『 阿蘇 白川水源 』

ボトリングには非加熱紫外線殺菌を採用

熊本平野を潤す一級河川「白川」の源のひとつ、白川水源から湧き出る水を利用し、おいしい水を安心して飲むことができるように、細心の注意をはらって製造されています。美しい湧水を、ろ過と幾重ものマイクロフィルターを経て、紫外線殺菌処理にとどめ加熱処理をしていないため、名水本来のおいしさをそのまま味わうことができるのです。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 湧水
採水地 熊本県阿蘇郡南阿蘇村
栄養成分/ 100 ml あたり
  • カルシウム ( 2.3 mg )
  • マグネシウム ( 0.6 mg )
  • カリウム ( 0.4 mg )
  • ナトリウム ( 1.0 mg )
  • 硬度 ( 85 )
  • pH ( 7.1 )


国産のミネラルウォーター 軟水(硬度 51 ~ 100 )の一覧

九州・沖縄のミネラルウォーター 一覧はこちら