国産ミネラルウォーター」タグアーカイブ

豊富なミネラルが含まれた日本の 海洋深層水 国産ミネラルウォーター の一覧

日本の 海洋深層水 を用いた 国産ミネラルウォーター に関する情報です。

日本の海洋深層水の特徴と効能について

海洋深層水の特徴というと

  • 豊富なミネラル
  • 理想的なミネラルバランス
  • 清潔な水

などが挙げられます。また、海洋深層水の代表的な効能については

  • 悪玉コレステロールを防ぎ血流の改善
  • 便秘の改善
  • お酒の後の水分補給
  • 新生児やお年寄りにも安心な水分補給、栄養補給
  • 二日酔いのときの水分補給、不快な症状の改善

と、水としてはとても魅力的な効果や効能、性質があります。

海洋深層水の詳しい情報はこちら→海洋深層水とは〔性質と効能〕

海洋深層水 国産ミネラルウォーター

海洋深層水 国産ミネラルウォーター

それでは、日本国内で販売されている 海洋深層水 のミネラルウォーターにはどんな銘柄があるのでしょうか?

海洋深層水 国産ミネラルウォーター の紹介

【海洋深層水の名称と説明】

AECスッキリウォーター
日本頭痛学会認定医 大和田潔医師が推奨する「AECスッキリウォーター」は、成人女性の4人に1人が悩んでいると言われている片頭痛について、起こった時の対処療法ではなく、日頃から飲むことで予防・緩和することを目的にしたマグネシウム含有飲料です。
ミネラル水 深海の恵み
取水、分水施設から自社工場に直接つないだパイプラインを通り光と大気にさらされていないフレッシュな海洋深層水を使用しています。
室戸の海洋深層水 マリンゴールド
多くの海洋深層水の中でも老舗といえるマリンゴールド。赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲めるまろやかな風味と味が人気。ミネラルバランスもよい。
海の深層水 天海の水 硬度1000
リラックスミネラルと呼ばれストレスの多い現代人に必要なマグネシウムが豊富に含まれた室戸海洋深層水です。不足しやすいミネラルを補給できます。
室戸のおいしい深層水
高知県室戸沖2200メートル、水深374メートルから採水した100%天然海洋深層水です。天然ミネラルをバランスよく補給することができます。
キレアウォーター
北アルプスの天然水と富山の海洋深層水に、高純度乳果オリゴ糖をプラスした特定保健用食品です。1日500mlを目安に飲み続けると腸内環境を改善します。便秘改善効果があります。
知床深海の水 硬度 1000
羅臼でつくられる深層水は、まず北オホーツクで海水が凍る際に真水から凍りミネラル・栄養素などが濃縮されて比重が重くなり、海底へ沈みこんでいく仕組みになっています。
深海の泉
駿河湾沖深度687メートル(約1200年前の起源)のミネラルのバランスを保っています。地上の汚染とは、無縁で清浄性・浸透性に優れた希少な水です。

近畿・中国・四国地方のミネラルウォーター 一覧

本州のほぼ中央に位置する近畿地方は、大阪の平野を中心にその周囲約70%が山に囲まれています。この高低差が大きく急峻な地形の恩恵により比較的純度の高い軟水が多いのが特徴です。

中国地方は中国山脈を境にして花こう岩層、石灰岩層、堆積地層、火山灰層などさまざまな地層が広がることから、バラエティーに富んだ性質の天然水があります。

四国地方は、東西にのびる四国山脈があり、清流といわれる四万十川の源流をはじめ、山麓に様々な名水が湧き出しています。
基本的には硬度の低い天然水が豊富ですが、高知県の室戸岬は日本ではじめて海洋深層水の研究開発が行われた場所でもあり、現在でも質の高い深層水が人気です。

近畿・中国・四国のミネラルウォーター 一覧〔ミネラルウォーター カタログ〕概要と栄養素

ひょうたんから水
いのちの水
月のしずく
六甲のおいしい水
白山命水
大山山麓
金城の華
磁気ミネラル74 成羽の水
天上の明水
生命の水
四国剣山の天然水
海の深層水 天海の水 硬度1000
室戸の海洋深層水 マリンゴールド
ミネラル水 深海の恵み
室戸のおいしい深層水

国産ミネラルウォーター 軟水 一覧(硬度 51 ~ 100 )

ミネラルウォーターなどの軟水、硬水の定義は、 120 mg/L 未満が軟水、 120 mg/L 以上が硬水となっています。これは WHO 基準です。 → 詳しい軟水の特徴についてはこちら

一般に硬度が低いほど飲みやすくマイルドな水となります。国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水ですが、その中でも硬度が 51 ~ 100 までの軟水の情報を紹介します。まろやかな口あたりの軟水は、コーヒーやお茶を淹れるのに最適な水です。

さらにマイルドな国産のミネラルウォーター 超軟水(硬度 0 ~ 50 )の一覧はこちら

国産ミネラルウォーター 軟水

国産ミネラルウォーター 軟水

国産ミネラルウォーター 軟水 (硬度 51~100 ) の一覧

品名
硬度
特徴
ブルボン
天然名水出羽三山の水
55
山形の霊峰 出羽三山( でわさんざん )の地下 170 メートルから湧き出る天然水を採水したナチュラルミネラルウォーターです。
秩父源流水
99
秩父山系の広葉樹林地帯に染みこんだ水が石灰岩層によってじっくりゆっくりろ過され山肌から湧き出ている天然水は、クセのない味わいとすっきりした後味で人気があります。
富士山天然水バナジウム
74
体の維持活動に必要な亜鉛やバナジウムなど34種類のミネラルを含んだ健康増進に効果的なバナジウムウォーター。
阿蘇白川水源
85
日本名水百選に選定された「白川水源」美しい湧水を紫外線殺菌処理にとどめ加熱処理をしていないため名水本来のおいしさをそのまま味わうことができます。
阿蘇の宮水
100
「阿蘇の宮水」は世界一のカルデラを持つ阿蘇に降った雨や雪が数百年かけて安山岩層でろ過されてできた地下 200 m の天然バナジウム含有ナチュラルミネラルウォーターです。
銀河水
55
宮崎県・霧島の地下に眠る化石水が原水のこの水は、モンドセレクション・最高金賞を2005年、2006年と連続受賞。まろやかな口あたりが人気のミネラルウォーターです。
日向天照水
66
飲みやすい硬度ながら良質のミネラルを豊富に含み弱アルカリ性、微小なクラスター(水分子)とおいしい水の条件を満たすのが日向天照水です。
白山命水
62.8
豊富なミネラルはもちろん、血液中の老廃物を排泄し新陳代謝をよくするといわれるラドンも含まれる健康ミネラルウォーターです。今、流行のデトックスに最適なミネラルウォーターです。
深海の泉
75
日本一深い海といわれる駿河湾(焼津沖 7.2 km )の水深687mからくみ上げた、理想のミネラルの海洋深層水です。
キリン
アルカリイオンの水
59
緑豊かな名山で採水した天然水を、電気分解でアルカリイオン化したミネラルウォーター。体内のバランスの調整、また吸収率が高いのでスポーツ時の水分補給などには最適です。
黒部天然水
57
飲みやすさとミネラルのバランスがよい硬度と弱アルカリ性が特徴の天然水。黒部渓谷を水源にする黒部川の伏流水を採水した口当たりの優れたミネラルウォーターです。
ゼロ磁場の秘水
64
地殻変動の巨大なエネルギーがぶつかり合って互いの磁気をうち消し合い生命力をアップするといわれているゼロ磁場。日本では唯一、ゼロ磁場から湧き出した天然水。
天恵水
52
太古のその昔は海底だったとされる埼玉県の秩父は海洋性の地層が天然フィルターとなり上質なミネラルを含んだ水が採水できます。水質や味を変えないように非加熱処理でボトリング。
ポッカサッポロ
富士山麓のおいしい天然水
63
天然ミネラル成分をバランスよく含んだ、硬度63の軟水です。徹底した品質管理のもと、雄大な富士山の自然のめぐみをそこなうことなく製造されていて、クセのないすっきりした味わいです。
aWa心水
アクアイズ
57
奧会津から湧き出る天然炭酸ガスを含んだこの水は繊細に弾ける泡の爽快感とさらに上品でなめらかな飲み心地が人気です。
龍泉洞の水
96.8
日本三大鍾乳洞の「龍泉洞」から湧き出した天然水は豊富なミネラルがほのかな甘味を感じ、まろやかです。モンドセレクション世界最高品質賞を受賞するほどの高品質のミネラルウォーター。

国産ミネラルウォーター の安全性について

国産ミネラルウォーター の安全性に関する情報です。

国産ミネラルウォーター は安全性が高い といわれていますが、それは本当に信頼できる情報でしょうか? ミネラルウォーターの安全性間違いだらけのミネラルウォーターの知識でも述べたように、ミネラルウォーターの安全性が脅かされている現状に消費者としてはまだ不安があります。

まずは、ミネラルウォーターを販売するメーカーが増えたことです。ミネラルウォーターを販売するメーカーが一気に増加したために、悪どい業者になると源水を都心の住宅地のすぐそばから採水しているなどというような、考えられないニュースもありました。

国産ミネラルウォーター の安全性は?

国産ミネラルウォーター は安全?

それから、大量に廃棄されるペットボトルについても環境汚染であることには変わりありません。 1997 年にメーカーや容器利用業者に対して容器のリサイクルを義務づけた「容器リサイクル法」が施工されてはいますが、実際に隅々までこの法律が実施されているかは疑問が残るところです。

また、店頭に並ぶミネラルウォーター自体にも問題が発生しました。

  • 水が濁っている
  • 糸状の異物が混入している
  • 亜硝酸の混入がある

などで回収されるというトラブルが発生しました。

フランスの有名メーカーのミネラルウォーターでも、異物の混入が確認され回収になったことが大きなニュースとなりました。現代のように環境破壊がすすんでしまった社会では、地下にある水脈だから安心だという方程式は崩れてしまっているのです。

国産のミネラルウォーターは、加熱・ろ過などで殺菌( 除菌 )されてから販売されています。
昔からよく言われている「生水は危険」という感覚と、農林水産省の品質表示ガイドラインに基づいているのです。

一方、海外のミネラルウォーターに目を向けてみると、海外産のミネラルウォーターは、無殺菌のままボトリングされ販売されています。その代わりボトル内の生菌の数は厳しく制限されていて、これは、自然のままの水を飲む=自然のままの生菌を身体にとり入れる、という考え方なのです。

水は毎日飲むものと考えると、そのおいしさも重要なポイントになるのですが、飲みやすさに関しては、海外産のミネラルウォーターは硬度の高い水が多く、国産のミネラルウォーターは硬度が低く非常にまろやかで飲みやすくなっています。

本サイトでおすすめしている国産のミネラルウォーターは、次のように分類されています。

水にも体に合う合わないがある はこちら

水分摂取に関するよくある「Q&A」 上手な水分の摂り方 はこちら

ミネラル豊富な温泉水の一覧 温泉水を飲もう

国産ミネラルウォーター の 温泉水 についての情報です。

温泉水

温泉水


温泉は入る(入浴)することで体の疲れを癒したりリラックスできますが、このミネラルをたっぷり含んだ水を飲むことも体にいいのです。
日本は温泉列島といわれるほど全国各地に温泉がありますので、温泉の水を飲んだことがある人も多いのではないでしょうか?

温泉水をボトル詰めしたものは、よく現地で販売されたりもしています。温泉に入浴するだけでなく、温泉水を飲むことによって、効率よくミネラルを取り込むことができるのです。
また、「温泉=リラックス」というよいイメージが脳に潜在的に存在するため、飲用する際にも同様のリラックス効果が得られるといいます。

温泉名所で旅行に行ったついでにミネラル豊富な温泉水を購入するのも楽しみのひとつですが、美容や健康を考えたら温泉水を継続的に毎日飲むことがおすすめです。市販されていたり、インターネットでも購入できるミネラルウォーターは、温泉場で販売されている温泉水と同じ成分なので、安心して飲み続けることができます。

温泉水の性質と効能についてはこちら

温泉水 一覧