国産の海洋深層水」カテゴリーアーカイブ

頭痛専門医推奨 海洋深層水と健康食品のアコール AECスッキリウォーター

海洋深層水と健康食品のアコール 『 AECスッキリウォーター 』に関する情報です。


海洋深層水と健康食品のアコール「AECスッキリウォーター」

AECスッキリウォーター って?

日本頭痛学会認定医 大和田潔医師が推奨する「 AECスッキリウォーター 」は、成人女性の4人に1人が悩んでいると言われている片頭痛について、起こった時の対処療法ではなく、日頃から飲むことで予防・緩和することを目的にしたマグネシウム含有飲料です。
室戸沖の海中から湧きあがる、マグネシウムが豊富な海洋深層水を 100 パーセント使用しています。500 ml 1本でマグネシウムを 120 mg 補給できます。

海洋深層水 AECスッキリウォーター

海洋深層水 AECスッキリウォーター

片頭痛って?

発作的に痛みがはじまり脈にあわせて痛む片頭痛について 以下引用

片頭痛と聞くと「頭痛持ちの定番」です。左右どちらかのこめかみを中心に、発作的に痛みが起こります。痛みはズキンズキンと拍動性で、ちょっとした動作で痛みが増強されます。
片頭痛の特徴として、30 歳までに発症する、親子で遺伝することがある、月に平均 2~6 回、発作的に痛む、ほとんどは、片側のみ痛い、脈に合わせて痛む、痛みのピークで吐き気がしたり、吐いたりしてしまいます。

春先~夏にかけて片頭痛の症状が起きやすい

春先は、花粉症などのアレルギーが体に与えるストレスが大きく、頭痛を起こす人も少なくありません。新学期、新年度なども大きなストレスがかかる要因です。最近の研究では 5 月病などもミネラル摂取が不足していることが原因でることもわかってきました。

日頃から片頭痛を防ぐ生活習慣がとても重要となります。
マグネシウムは、玄米、アボガドなどにも多く含まれますのでこういったものをたくさん摂るようにします。食の欧米化によりマグネシウムの摂取量は減る一方です。

日本人はマグネシウムが不足している

日本人で推奨されているマグネシウムの 1 日の摂取量は 30~49 歳の男性の場合、243 mg です。平均 120 mg 以上のマグネシウムが不足しています。

ちなみにカルシウムの半分弱のマグネシウムをとることが望ましいとされています。それが理想的なバランスです。だから、サプリメントなどでカルシウムだけが多量にとられるとバランスがこわれてしまいます。そして、マグネシウムの欠乏を招きます。これは、このふたつのミネラル間に、一方の過剰が一方の不足をもたらすという干渉関係があるからです。カルシウムとマグネシウムが理想比で一緒に入っているサプリメントが望ましいことになります。

そんなカルシウムとマグネシウムの関係性を考えるとミネラルウォーターで摂取できれば言うことなし!なのです。マグネシウムはほとんどの生体合成や代謝反応に必須のミネラルです。

『 AECスッキリウォーター 』 の栄養成分:500 ml あたり

熱量 0
たんぱく質 0
脂質 0
炭水化物 0
食塩相当量 0.1g
マグネシウム 120.0mg
カルシウム 42.5mg
カリウム 41.5mg



海洋深層水と健康食品のアコール「AECスッキリウォーター」

豊富なミネラルが含まれた日本の海洋深層水の一覧はこちら