水の上手な飲み方・使い方」カテゴリーアーカイブ

夏の水分補給完全ガイド

今年の夏も日本は猛暑におそわれている。救急車で病院へ運ばれたというニュースをよく耳にしているが、気をつけたいのが熱中症である。歳を重ねると暑さを感じにくくなるという点にも注意したい。熱中症の脱水状態には、OS-1(オーエスワン)という経口補水液がよいらしい。大塚製薬のオーエスワンは、電解質と糖質がバランスよく配合されていて、脱水状態の体に適した病者用食品だという。

一般的に、夏は汗をかいて喉が渇いて水分を補給するというのが水やミネラルウォーターを飲むタイミングになっている場合が多い、水の重要な役割の一つが、汗となって体温を調節すること。汗をかくことで体温を下げている。

水分が不足すると体温が上がって夏パテの原因となる。普段は1500CC、汗をかいた日は2000CC以上を意識して飲むといいと、専門家はアドバイスする。ところが、一度に大量の水を飲むのは禁物。体温を一気に下げて体力を消耗したり、体内の水分濃度を薄めて体調を崩しかねないからだ。お腹をこわしてしまう場合もある。コップ1~2杯ずつの水をこまめにとるのが賢い飲み方。冷えた水は心地いいが、あまり冷えすぎていないものを選ぶのも大切。冷えているのを飲む場合には、口の中でゆっくり温めて飲むとよい。

急激に汗をたっぷりかいて大量に水を飲みたいときは、スポーツドリンクなども効率のいい水分補給になる。しかし糖分が多く含まれるので、飲み過ぎには注意する。糖分は夏の間に必要なカルシウムを消費してしまうのでほどほどに飲むようにしたい。

また、夏は日焼けによる体力の消耗にも気を付ける。これについても、水を飲んで皮膚の水分を保つことで、日焼けをある程度防ぐことができる。

普段でも、就寝前、起きぬけに飲むコップ1杯の水は、血液をドロドロにしないために大切だが、寝ている間に大量に汗をかく夏は、特に欠かせない。枕元に水を置いておき、夜中に目が覚めたときに飲むようにするといい。起床時に喉がカラカラ、という場合には、就寝中にかく汗が多く、脱水気味になっている。この場合、起床すると体の倦怠感が顕著にあらわれる。

では、真夏の疲れにはどんなミネラルウオーターを選べばよいかというと、「カルシウムを多く含んだ硬水」だ。
カルシウムには、酸性化した血液を弱アルカリに戻す効果がある。ただ、カルシウムを体内でうまく巡らせるにはマグネシウムとのバランスにも注目しなければならない。
また、カルシウムを効率的に吸収させるにはビタミンDが必要なため、魚や卵を食べながら硬度の高い水を飲むのがより効果的。
あまり細かいことを考えると疲れてしまうが、いわゆる「硬水」には、カルシウムやマグネシウムが豊富に含まれる。

女性の中には、水をたくさん飲むと『むくみ』が出るのが心配という人がいるが、それは逆。水分が不足して体液の濃度が濃くなるため、浸透圧の関係で細胞内から水が染み出てきてむくみが出る。水分摂取でむくむわけではないので、勘違いしないようにしたい。塩分摂取も多くなりがちなので気を付けたい。

体質的に夏場にむくみがちな人は、ミネラルウォーターのラベルを見て、ナトリウム分の少ないものを選ぶといい。もちろん、国内産に多く、日常の水分補給に向く軟水にも効用はある。軟水はミネラル分が少ないという誤解があるが、硬度とはあくまでもカルシウムとマグネシウムの量を基準としたもの。軟水にも十分なミネラルが含まれている。軟水は、普段から飲み慣れているので、とにかく喉ごしがいいのが特徴。夏で、エアコンなどによって腸が冷えてしまうと、ミネラルが多い硬水を飲むと体に強すぎて下痢をしてしまう場合もある。夏バテにプラス下痢は、ちょっとしんどい。

結局、真夏の暑いときに飲む水でおすすめなのは?というと疲労回復に即効性があるのは、炭酸水。疲労時には体内で水素イオンが発生して体を酸性に傾けるが、これと炭酸水の重炭酸イオンが結びついて中和し、水と二酸化炭素に変えてくれる。血管中に入った炭酸ガスは血管を拡張して血行を良くする効果もある。また、疲労回復効果のあるカルシウムやマグネシウムを多く含む硬水も、炭酸入りなら飲みやすいというメリットも。もちろん口当たりの良さでリフレッシュ感が演出できるのも炭酸水ならでは。

普段からこまめに水分補給をして、夏の疲れを感じたときに炭酸水を飲むのがいいという結果だ。汗をたっぷりかいたあとには、ミネラルを多く含む硬水がおすすめ。カルシウムとマグネシウムのバランスが夏バテ解消の鍵となる。

国産のミネラルウォーターで硬度の高い硬水は、海の深層水 天海の水 硬度1000になる。汗をたくさんかいたときに飲むように常備しておいてもいい。

また、家で炭酸水を作りたい!という人のためには「ソーダサイフォン」というのがおすすめ。ミネラルウォーターに炭酸を注ぐことができる。手順は以下。

  1. 先ずは冷水を約1リットル口元まで注ぐ。水は市販のミネラルウォーターを使うと一層美味しくなる。
  2. 本体にカートリッジホルダーを装着する。炭酸が注入され、中でブクブクと音がする。
  3. 本体を上下に振り炭酸ガスと水をよく混ぜ合わせる。よく混ぜるほど炭酸ガスが水に溶け込み、泡立ちのよい美味しいソーダ水ができる。

10,000円くらいで購入できるので、夏バテを吹き飛ばすつもりで購入するのであれば、炭酸水を何本も購入するよりずっと割安ですみそうだ。

赤ちゃんの粉ミルクにも最適な純水!


NASAと米国政府で共同開発された逆浸透膜(RO)システムを用いて純水を作り出し、その水にトルマリン鉱石を漬け込み、さらに遠赤外線の力と微弱電位でマイナスイオン化させたこだわりの水が、トルマリンマイナスイオン純水です。純水だからそのまま飲むのはもちろんコーヒーやお茶にしたり、赤ちゃんのミルクをつくるのにも適しています。口当たりもまろやかでのどごしのよい沖縄のおいしいお水を是非ご賞味ください。また、ウォーターサーバーがなくてもキャップを閉めることができますのでどのようなご家庭でも安心してご利用頂けます。もう少しですが、在庫あります。

便秘解消にミネラルウォーター

便秘には様々な原因があるそうですが、水分不足による便秘の場合、硬度が高めの水を飲むことで解消します。
硬度の高いミネラルウォーターを飲んだら明日には快便か?と言われるとそこまで即効性はありませんが、習慣づけるとより出やすくなります。
水分摂取を十分に行うことで体全体の代謝がよくなります。
また、健康食品や便秘薬に頼るわけではないので体にストレスがかからず無害です。
朝、起きてコップ1杯の常温の水をゆっくり摂取することで便秘解消以外にも、むくみが改善されたりもします。
です。
便秘解消の情報を提供しているようなサイトでは、このようにたくさんあるミネラルウォーターの中でどれが便秘解消に効果的かなどを具体的に解説しています。
以下引用になりますが
朝起きたときに硬度1000以上の超硬水やスパークリングウォーターを飲むと効果的です。
お通じが良くなると肌あれや下腹ポッコリも解消できるので、美容をサポートするのにもミネラルウォーターを飲むとよいです。
また、食前にミネラルの豊富な超硬水やスパークリングウォーターを飲むと空腹感をやわらげる効果があるので、ダイエットにも○です。
と書かれていますので
本サイトで紹介している国産で硬度の高いミネラルウォーター一覧などは、便秘解消に役立ちそうです。外国産よりも国産のものを体に安心して入れたい方は多いのが一般的です。
国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水ですのでこの硬度が高い一覧はかなり重要なデータとなります。
ただし、硬度の高いミネラルウォーター でないと効果がない。というわけではありません。
比較的口当たりのいい国産の軟水でも代謝が改善されれば便秘も改善されていきます。
便秘解消を目的にミネラルウォーターを飲む方の中に冷蔵庫で冷やしたものを飲む方がいますが、これは厳禁です。腸が冷えてかえって便秘を悪化させます。
ミネラルウォーターを飲む場合は、常温のものを飲むようにします。

熱中症を予防するミネラルウォーター

ここ最近の連日の暑さと熱中症について

熱中症死者、30年前の6倍 冷暖房慣れも影響か

はasahi.comの熱中症に関するニュース。一部引用させていただくこととして紹介すると、その内容は、総務省消防庁によると、この夏(5月31日~7月18日)、熱中症の疑いで救急車で搬送された人は5574人。うち12人が死亡している。熱中症による死者は増加傾向だ。厚生労働省の人口動態統計によると、1999年から2008年までの10年間に「自然の過度の高温」で3954人が死亡した。69年から78年(658人)の6倍に増えている。
という。さすがに猛暑日が続いて、ここまで暑いとさすがに気がおかしくなってしまいそうだが、熱中症で亡くなる人までいるとなると、簡単にすまされない。今日のニュースでは38度を超える地域があったという。体温より外気温の方が暑いわけだから具合が悪くて当然だろうと思う。まず暑さに関しては、人がどうこうできることでもないので正しい対処法と予防法を知識として頭に入れておきたい。

熱中症とは

高温環境による体内水分の喪失、電解質バランスの崩れ、体温調節の不良によって引き起こされる、体の不調な状態のことを熱中症といいます。暑さに体が慣れていない梅雨明け7月下旬~8月上旬に多くみられ、重度の症状になると命の危険をともないます。
・高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内
の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称です
・死に至る可能性のある病態です。
・予防法を知っていれば防ぐことができます。
・応急処置を知っていれば救命できます。

熱中症の症状

大量の発汗、めまいや立ちくらみ、筋肉痛
量の汗によって血液の量が減少するため、脳への血流が不十分になり、めまいや立ちくらみを起こします。症状としては大量の発汗、立ちくらみに加え、顔面蒼白や呼吸回数の増加、唇のしびれ、筋肉痛やこむら返りなどがみられます。この段階は、現場での応急処置で対応できる軽症です。
頭痛、吐き気や嘔吐
この段階では、ズキンズキンとする激しい頭痛、吐き気、嘔吐、体のだるさ、体に力が入らないといった自覚症状があらわれてきます。こうした症状がみられる場合には、すぐに病院で治療を受けるようにしましょう。
意識障害、けいれん、手足の運動障害が発生
この段階では、急激な体温上昇によって、ときには41℃を超えることもあります。呼びかけや刺激への反応がおかしい、意識がないといった意識障害や、体にガクガクとひきつけやけいれんを起こす、真っ直ぐに歩けないといった運動障害がみられます。救命のために緊急入院して集中治療を行う必要があります。

熱中症の予防方法

水をこまめに摂取することが熱中症の予防につながります。
水分を摂ると、汗をかいたりトイレが近くなるからと水分を摂らずに暑い所にいると熱中症になる可能性が高くなります。
また、連日暑いことが原因で夜、寝不足になってしまうケースもよくありません。また汗をかくことも大切です。
室温が上昇しすぎるのはよくありませんが、クーラーや冷房に頼り切るのもよくありません。1日中ずっとクーラーや冷房をつけっぱなしにするのではなく、夕方など少し涼しくなってきたら一端切ります。夜になってまた暑いようでしたら再度つけます。
水はこまめに飲むことが大事です。
本ブログでも紹介していますが水を飲むタイミングは熱中症予防に効果があります。
ミネラルウォーターを飲む際にもミネラル豊富な水を飲むといいでしょう。
ミネラル豊富な水ならやはり海洋深層水です。
国産の海洋深層水の一覧にあるミネラルウォーターならどれを選んでも間違いありません。

熱中症の対処法(なってしまったら)

・日陰に入り横になる
・意識があり飲めるようであれば、塩分を含むスポーツドリンクなどを少しずつ飲む
・ボタンやベルトなど、身体を圧迫しているものを全て緩める
・首・ワキの下・足の付け根を濡れタオルで冷やし、さらに扇いだりする(動脈が流れているところを冷やす)
 太い動脈を冷やすことで体温を下げることができます
夏はどうしても暑いことが当たり前という感覚があり、体が脱水傾向になっていることに気づかない人が多いようです。
疲れをためないことも熱中症対策です。しっかり睡眠をとって規則正しい生活を送ることが大切です。

ミネラルウォーターでデトックス

人の体は70%が水分だという話はよく聞く話。この水分を効果的に循環させることが体内の毒素を排出させる第一歩です。

飲む基本は水、ミネラルウォーターを飲む

補給する水分の基本は水。1日に1.5リットル~2.0リットルが目安。もちろんこれには個人個人の適量があるので飲み慣れない人は1.5リットルくらいを目標にはじめると体が慣れてくるでしょう。
ミネラルウォーターのよいところはノンカロリーなのは言うまでもありませんが、他の飲み物に比べて体への吸収率が高いということがあげられます。日本人には不足しがちなカルシウムをはじめとするミネラルをバランス良く含んでいることから代謝機能促進効果があるということです。
ミネラルウォーターを1日1リットル以上飲む習慣をつけたら頑固な便秘が改善された。という話は良く聞きます。

便秘を改善する効果的なミネラルウォーターの飲み方

基本は1日にマメに水を飲むことにあります。ひどい便秘症の人は冷やしたミネラルウォーターを飲んで腸に刺激を与えるのも効果的ですが、便秘が改善されてきたら常温の水を飲むようにします。
まず、朝起きた時のコップ1杯の水は習慣にします。あとは時間ごとにマメに飲みます。水をごくごく飲むのではなくまず口の中でゆっくり常温にしてから喉に入れるようにすると吸収力がさらに高まります。

一度にたくさん飲むのではなく小分けにする

水を1日に1.5リットル~2.0リットル飲む。ということがストレスになりなんとか早くノルマを達成させようとしてしまい、一度にたくさんのミネラルウォーターを飲む人がいますが、これはせっかく補給した水分がそのまま尿となって排出されてしまいます。
できるかぎりなんども何回もにわけて飲むようにします。
1日6回以上、1回の量が200mlというのが理想です。

昼間のうちに集中的に飲む

朝起きたらすぐにコップ一杯の水を飲んで欲しい。という説明はしましたが、これは交感神経を刺激し、カロリーを消費しやすくするためです。内臓にあまってしまったカロリーを燃焼させてしまう効果を期待します。交感神経が優位になっている15時頃までにミネラルウォーターを飲みます。
日没後は副交感神経が優位になるので飲食を控えたほうが健康的です。
海洋深層水で体の奥深くまで水を浸透させる
国産の海洋深層水の一覧

デトックスの専門サイトでも水を積極的に飲む方法が紹介されています。