水の上手な飲み方・使い方」カテゴリーアーカイブ

適切な水分の摂取量 について 漢方の視点から水について考える

適切な水分の摂取量 について 漢方の視点から水について考えてみると、次のようになります。

適切な水分の摂取量 について

適切な水分の摂取量 について

適切な水分の摂取量 で健康な体を保つ

漢方では、人体の生理や病理を「気・血・津液( しんえき )」という概念でとらえますが、この 3 つのバランスが崩れてしまったときに人間は慢性病にかかるといわれています。つまり、そのバランスを整えると慢性病なども改善すると考えられているのです。

医療機関では、漢方薬も一般的な薬と共に処方されるようになってきました。漢方の力を、西洋医学も必要としているのです。
漢方での水のとらえかたは、次のようになっています。
・気 ( き ) ・・・ 広義には生命力、狭義には精神的なエネルギー
・血 ( けつ ) ・・・ 体を滋養する働きの総称
・津液 ( しんえき ) ・・・ 水

津液( しんえき )とは、汗、涙、よだれはもちろんのこと血液やリンパ液、消化液、細胞内の水分までを含んだ広い概念をいいます。もっと細かくいえば、「津」は比較的薄くて透明な液体成分で、体の組織や皮膚に栄養と潤いを与えているもの、「液」は濁って粘りがあり、関節を潤したり脊髄液などを構成するもの、になります。このふたつは互いを利用しあいながら一緒に全身を駆けめぐり、五臓六腑の健康を維持していて、津液のバランスがとれていれば体の健康を保たれるわけで、その際に大切なのは適正な水分量です。

水の不足によるマイナス効果

下痢などで体が脱水状態になれば津液が不足し、目が津液不足になればドライアイになり、鼻やのどの場合ならば、乾燥して風邪をひきやくなる。肺が乾けば咳が出やすくなるし、皮膚ならば皮膚炎を起こし、アトピー性皮膚炎も悪化することになる。また、腸ならば便秘になるというわけです。

適正な水分量は生活スタイルや、汗、尿、便の出方、食事のとり方、水分摂取の方法によって都度変化しますが、このあたりも考慮していく必要があります。

適正な水分補給が重要であると話しましたが、水を多量に摂取する必要があるのは

  • 大量の汗をかいた
  • 運動をして汗をかいた
  • 急性の熱病で脱水になりかけている
  • 急性膀胱炎
  • 急性腎炎
  • 胆石

といったときです。このようなときは、水の飲み過ぎを心配するよりもとにかく飲むほうが先決の状態です。

水の過多によるマイナス効果

津液( しんえき )のバランスという観点から見ると、例えばむくみやすい人や夜中に何度も目を覚ますような人は水分摂取過多ということになり、これは津液が滞っているということを表します。水分過多の状態の人がむやみに水をたくさん摂取してしまっては逆効果になります。むくみやすくて体の水腫を取り除く場合には、解毒や利尿作用のある アズキ = 赤小豆( せきしょうず )やハトムギ茶を飲むとよいです。

ひとりひとり体質が違うため、現れる症状もそれぞれ違いますから、水分摂取もそれぞれになって当然だと考えます。漢方での「水は命の源」という考え方に一点の曇りもないのは事実です。

健康のために、水を飲む習慣をつけることが大切

ミネラルウォーター 硬水 による デトックス

ミネラルウォーター 硬水 による デトックス に関する情報です。私たちの体内には、不要になった老廃物や環境ホルモンなどの有害な化学物質、銀や鉛などの有害ミネラルといった毒素が、知らないうちに溜まっています。これらを体外へ排出することを デトックス ( 解毒 )といいます。

ミネラルウォーター 硬水 で デトックス

ミネラルウォーター 硬水 で デトックス

体内に溜まった毒素を ミネラルウォーター 硬水 で排出する

体にたまっている毒素が原因で、体調が悪かったり、栄養の吸収を妨げてしまっている人がいます。効率のいい栄養吸収ができない上に毒素の蓄積が進行してしまっている状態です。
ダイエット困難症という人はこういったことが原因になっている場合が多いようです。せっかく、楽しく、おいしく食事をしても体に毒素がたまっていれば摂取した栄養は無意味になってしまうのです。まずは、体にたまっている毒素や有害ミネラルを排出することが大事です。

体の解毒や浄化をおこなうにあたっては、ミネラルウォーターをたくさん飲むことからはじめます。その際に飲む水は何でもいい、というわけではありません。体内の循環を高めるためには、水道水は適しません。ただし、浄水器などが設置されている場合にはOKです。ただの水道水は環境ホルモン、水道管の腐食による有害ミネラルの汚染で体にさらに毒素をためこんでしまいます。

まずは体の解毒、そして同時に浄化を行うために朝、晩コップ一杯の水( ミネラルウォーター )を口の中で温めながらゆっくり飲みます。ぐいぐい飲んでしまうとそのまま尿へと排出されてしまいます。デトックス効果をあげるためには、ゆっくり飲むように気をつけましょう。ここは大事なキーポイントです。また、その際に飲むミネラルウォーターは硬度の高いミネラルウォーターを選びます。硬度の高いミネラルウォーター( 硬水 )というと海外産の コントレックスペリエ などが有名ですが、軟水の多い日本のミネラルウォーターにも、硬度の高い水があります。

安全な水でデトックス効果をあげたいけれど、海外の水だと心配があるというなら、国産のミネラルウォーターを使用するといいでしょう。デトックスをおこなうためには、ミネラルウォーターでも限りなく不純物の少ない水を選ぶのがポイントになります。
国産で硬度の高いミネラルウォーター(国産の硬水)

水を飲んでアンチエイジング

水( ミネラルウォーター )を飲むことは基本的に新陳代謝を促進させます。年齢とともに体の水分量が減るのは、新陳代謝が衰えるためです。細胞内の水に含まれるカリウムイオンは年々減少してしまうため老化の指標とも呼ばれています。カリウムを含んだ水を常飲している人は老化がゆるやかになり、反対にナトリウムが増えると老化が進みます。ナトリウムは水がなくなると細胞内に侵入し、神経痛や筋肉の衰えを引き起こします。このように老いと水には深い関係性があるのです。

水 ( ミネラルウォーター )を摂取することは、高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病などの病気の一次予防としてとても有効であり、さらに アンチエイジング にも効果があります。まず水を飲む健康法として 2 リットル以上飲むことを推奨していますが、よりよい水を飲むことも健康面だけでなく美容面でも重要になってくるのです。

ミネラルウォーター ( 硬水 )を飲んで美しい人になろう

ミネラルウォーター を飲むことで、若々しいスタイルをつくる、美しくみずみずしい素肌を保つ。美容にも ミネラルウォーター を役立てましょう。特に、硬度の高い 硬水 がおすすめです。

ミネラルウォーター ( 硬水 )を飲んで美しい人になろう

ミネラルウォーター ( 硬水 )を飲んで美しい人になろう

ダイエット に ミネラルウォーター を利用してみる

好きなものを食べたり飲んだりできない、我慢をしなくてはならない食事制限によるダイエットをおこなってもどうしても失敗してしまう人、運動があまり好きでない人などはミネラルウォーターを利用してダイエットをしてみましょう。
ダイエットの天敵といえば、万人に共通の空腹です。お腹がすくとどうしてもイライラしてしまうものですが、このイライラは、食事制限によってカルシウム不足になることも原因のひとつです。そんなとき、ミネラル豊富なミネラルウォーターを飲むことはダイエットにとても役立ちます。水ですから、カロリーはゼロです。さらに、ミネラルウォーターを飲むことで利尿作用が促され毒素が溜まりにくくなり代謝もあがります。 結果、痩せるということにつながります。

ミネラルウォーター で 便秘解消 を目指す

一般に女性は男性よりも腸が長く、さらに便の水分が腸に吸収されて便がかたくなりやすくて、腹筋の力も弱いため便秘になりやすい体質です。

ミネラルウォーターを毎日飲むことで便の水分が腸に過剰に吸収されにくくなり、また、ミネラルウォーターの水分が腸を刺激して排便を促す効果があります。つまり、便秘解消にミネラルウォーターが役立つということです。便秘が解消されることで、下腹ぽっこりや肌荒れなども解消されていきます。ミネラルウォーターを飲むことは、美容への第一歩でもあるのです。
便秘解消のために ミネラルウォーター を飲む

肌に潤いを与え 美肌 になる ミネラルウォーター

老化現象のひとつに肌の乾燥や肌荒れを訴える人は多いですが、事実、カサカサしてシワも増えてきます。 肌を美しく保つ秘訣は、水である場合が多いのです。 肌のかさつき、乾燥、シワといった症状は皮下組織の水分不足が原因です。この組織を作っているのは血液の中の赤血球です。血液は 90 % が水分ですので、ミネラルウォーターを飲むことにより良質な赤血球ができあがります。このように、肌の美しさや若々しさというのは水と深い関係があるのです。

美容に効果的な ミネラルウォーター の使い方

ダイエットには超硬水
食前にはスパークリングウォーターやミネラル豊富な硬水を飲めば空腹感を和らげる効果もあります。
便秘解消には超硬水
日本人女性の2人に1人が便秘です。硬水に多く含まれるマグネシウムが腸の運動を促し便秘解消に役立ちます。起床時に 1000 mg/L 以上の硬水やスパークリングウォーターを飲むと効果的。
美肌にはアルカリ性の硬水
まず体を健康的にして、あとから美肌にも影響してくるというかたちがベストです。新陳代謝をアップさせることが基本となります。美肌のためには pH値 8.0 くらいのアルカリ性の硬水がよいです。

超硬水 飲む温泉水 マグナ1800 はこちら

硬度1000 mg/L の 国産ミネラルウォーター 超硬水 はこちら

便秘解消のために ミネラルウォーター を飲む

ミネラルウォーター と便秘解消に関する情報です。

水が足りないと便秘の原因になる

便秘にはさまざまな原因があってそれは人によって違いますが、原因のひとつには水分不足による便秘があります。水分が十分に摂れていないと、便が硬くなり、便のかさが少なくなって、腸内を移動しにくくなります。 1 日に 1.5 ~ 2 リットル以上を目安に、水分をたっぷり補給しましょう。

水分摂取を十分におこなうことで体全体の代謝がよくなります。また、健康食品や便秘薬に頼るわけではないので体にストレスがかからず無害です。朝、起きてコップ 1 杯の常温の水をゆっくり摂取することで、便秘解消以外にむくみが改善されたりもします。

ミネラルウォーターを飲む場合、硬度が高めの水を飲むことで便秘を解消できることもあります。それは、硬度の高い水ほどミネラルがたっぷりと含まれているからです。ただ、多くの硬水は、口あたりがいまひとつです。日本の水はほとんどが軟水ですから、それを自然に飲み慣れている日本人の口には、硬度の高い硬水はなかなか合いません。好みにもよりますが、実際に飲むとまずい、飲みにくいといった感想がほとんどでしょう。

また、硬度の高いミネラルウォーターを飲んだら明日には快便になるのか? というと、そこまで即効性があるわけではありませんが、習慣づけることで、より便を出しやすくなります。

ミネラルウォーター 便秘を改善するには水分摂取が大切

ミネラルウォーター 便秘を改善するには水分摂取が大切

水分摂取のポイント

もし、硬度の高い水が苦手で飲めない場合は、軟水でもいいのでしっかり水分摂取することが重要なポイントです。寝る前、起床時のコップ 1 杯の水は必須です。ちなみに、腸は冷えると蠕動運動( ぜんどううんどう )をなまけるようになるので、常温の水をゆっくり飲むのがポイントです。便秘に関してだけでなく、腸が冷えるといいことがありません。また、朝起きてすぐに水か牛乳をコップ 1 杯飲むと、腸が刺激されて動きがよくなり、便意が起こりやすくなります。ただし、体質によるのですが、牛乳を飲むと腹痛を起こしたり下痢をしてしまう人は NG ですからコップ 1 杯の水にしておきましょう。

便秘解消を目的にミネラルウォーターを飲むときに冷蔵庫で冷やした水を飲む人もいるかもしれませんが、冷たすぎる水はおすすめできません。腸が冷えて、かえって便秘を悪化させます。ミネラルウォーターを飲む場合は、常温の水を飲むようにしましょう。

便秘解消にはミネラルが豊富な硬水がおすすめ

便秘解消の情報を提供しているようなサイトでは、たくさんあるミネラルウォーターの中でどういったものが便秘解消に効果的か、などを具体的に解説しています。以下引用になりますが、次のように書かれていますので、本サイトで紹介している国産で硬度の高いミネラルウォーター 一覧などは、便秘解消に役立ちそうです。
「朝起きたときに硬度 1000 以上の超硬水やスパークリングウォーターを飲むと効果的です。お通じが良くなると肌あれや下腹ポッコリも解消できるので、美容をサポートするのにもミネラルウォーターを飲むとよいです。また、食前にミネラルの豊富な超硬水やスパークリングウォーターを飲むと空腹感をやわらげる効果があるので、ダイエットにも◯です。」

海外産よりも国産のミネラルウォーターを安心して体に入れたい、という声が多いのが一般的です。国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水ですので、国産で硬度が高いミネラルウォーターの一覧は重要なデータとなります。ただし、硬度の高いミネラルウォーターでないと効果がない、というわけではありません。比較的口あたりのよい国産の軟水でも、代謝が改善されれば便秘も改善されていくでしょう。

普段飲むお茶、コーヒー、アルコールは水分補給になるの?

1日の中で水道水やミネラルウォーター以外にもコーヒーやお茶などを飲んでいますが、これは水分補給になっているのでしょうか?

という疑問があります。
たとえば朝はコーヒー、昼には紅茶、夜はビールを飲んでいるというと、1日の中でも摂取する水分は結構な量に感じますがこれらは「水」といえません。もちろん、アルコールも同じです。コーヒーなどのカフェインを含む飲料はリラックス効果が得られるのと同時に、体の毒を排泄し同時に水分も一緒に排泄してしまうのです。
水分摂取をするとトイレが近くなると感じている人の中には、コーヒーやお茶も一緒に摂取している場合が多いです。
アルコールに関しては脱水症状を引き起こすため、血液はドロドロになってしまいます。これを防ぐために水分補給が重要となるのです。
体内に入ったアルコールは、胃や腸で消化され、その一部が尿や汗となって排泄されます。残りは肝臓に運ばれ酵素によって分解されます。
ところが、日本人は欧米人と違って体内でアルコールを分解してくれる酵素が僅かしかないので、一度に分解できるアルコールの量も少なく、たくさんのお酒を飲むと分解しきれないアルコール分が血液中に残ってしまいます。
肝臓でアルコールが分解されるときに、アセトアルデヒドという物質が発生します。毒性を持っているため、頭痛や吐き気を引き起こします。このアセトアルデヒドもやがては、酵素によって分解されますが、すべてを分解するのには、相応の時間がかかります。
その間に胃腸や肝臓、筋肉などがダメージを受けてしまうのです。
これが二日酔いの正体です。

悪酔い、二日酔いを避ける水の飲み方
お酒を飲んだときには、水もたくさん飲みましょう。同時に飲むことで血液中のアルコール濃度が急激に上昇するのを防ぎます。胃の粘膜への刺激も抑えてたくさんの水を飲めば尿として排泄する回数も増えるのでより多くのアルコールを体外に排泄することができます。

二日酔いに効果のあるオキシワッサー


【送料無料】ミネラルウォーターの約35倍の酸素含有!世界最高レベルの酸素水【OXYWASSER】オキシワッサー500ml×24本入

オキシワッサーの効果

アルコールの分解アセトアルデヒドの分解で二日酔いを改善脱水症状の改善・アセトアルデヒドの分解作用を大幅に促進する。
お酒を飲む前に酸素水を飲んでおくと、二日酔いになりにくい。二日酔いになったときに飲むと速やかに症状が改善される。