水の上手な飲み方・使い方」カテゴリーアーカイブ

熱中症を予防するミネラルウォーター

ここ最近の連日の暑さと熱中症について

熱中症死者、30年前の6倍 冷暖房慣れも影響か

はasahi.comの熱中症に関するニュース。一部引用させていただくこととして紹介すると、その内容は、総務省消防庁によると、この夏(5月31日~7月18日)、熱中症の疑いで救急車で搬送された人は5574人。うち12人が死亡している。熱中症による死者は増加傾向だ。厚生労働省の人口動態統計によると、1999年から2008年までの10年間に「自然の過度の高温」で3954人が死亡した。69年から78年(658人)の6倍に増えている。
という。さすがに猛暑日が続いて、ここまで暑いとさすがに気がおかしくなってしまいそうだが、熱中症で亡くなる人までいるとなると、簡単にすまされない。今日のニュースでは38度を超える地域があったという。体温より外気温の方が暑いわけだから具合が悪くて当然だろうと思う。まず暑さに関しては、人がどうこうできることでもないので正しい対処法と予防法を知識として頭に入れておきたい。

熱中症とは

高温環境による体内水分の喪失、電解質バランスの崩れ、体温調節の不良によって引き起こされる、体の不調な状態のことを熱中症といいます。暑さに体が慣れていない梅雨明け7月下旬~8月上旬に多くみられ、重度の症状になると命の危険をともないます。
・高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内
の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称です
・死に至る可能性のある病態です。
・予防法を知っていれば防ぐことができます。
・応急処置を知っていれば救命できます。

熱中症の症状

大量の発汗、めまいや立ちくらみ、筋肉痛
量の汗によって血液の量が減少するため、脳への血流が不十分になり、めまいや立ちくらみを起こします。症状としては大量の発汗、立ちくらみに加え、顔面蒼白や呼吸回数の増加、唇のしびれ、筋肉痛やこむら返りなどがみられます。この段階は、現場での応急処置で対応できる軽症です。
頭痛、吐き気や嘔吐
この段階では、ズキンズキンとする激しい頭痛、吐き気、嘔吐、体のだるさ、体に力が入らないといった自覚症状があらわれてきます。こうした症状がみられる場合には、すぐに病院で治療を受けるようにしましょう。
意識障害、けいれん、手足の運動障害が発生
この段階では、急激な体温上昇によって、ときには41℃を超えることもあります。呼びかけや刺激への反応がおかしい、意識がないといった意識障害や、体にガクガクとひきつけやけいれんを起こす、真っ直ぐに歩けないといった運動障害がみられます。救命のために緊急入院して集中治療を行う必要があります。

熱中症の予防方法

水をこまめに摂取することが熱中症の予防につながります。
水分を摂ると、汗をかいたりトイレが近くなるからと水分を摂らずに暑い所にいると熱中症になる可能性が高くなります。
また、連日暑いことが原因で夜、寝不足になってしまうケースもよくありません。また汗をかくことも大切です。
室温が上昇しすぎるのはよくありませんが、クーラーや冷房に頼り切るのもよくありません。1日中ずっとクーラーや冷房をつけっぱなしにするのではなく、夕方など少し涼しくなってきたら一端切ります。夜になってまた暑いようでしたら再度つけます。
水はこまめに飲むことが大事です。
本ブログでも紹介していますが水を飲むタイミングは熱中症予防に効果があります。
ミネラルウォーターを飲む際にもミネラル豊富な水を飲むといいでしょう。
ミネラル豊富な水ならやはり海洋深層水です。
国産の海洋深層水の一覧にあるミネラルウォーターならどれを選んでも間違いありません。

熱中症の対処法(なってしまったら)

・日陰に入り横になる
・意識があり飲めるようであれば、塩分を含むスポーツドリンクなどを少しずつ飲む
・ボタンやベルトなど、身体を圧迫しているものを全て緩める
・首・ワキの下・足の付け根を濡れタオルで冷やし、さらに扇いだりする(動脈が流れているところを冷やす)
 太い動脈を冷やすことで体温を下げることができます
夏はどうしても暑いことが当たり前という感覚があり、体が脱水傾向になっていることに気づかない人が多いようです。
疲れをためないことも熱中症対策です。しっかり睡眠をとって規則正しい生活を送ることが大切です。

ミネラルウォーターで デトックス

人の体は70%が水分だという話はよく聞く話です。この水分を効果的に循環させることが体内の毒素を排出させる第一歩です。 ミネラルウォーターで デトックス について紹介します。アメリカの俳優さんの中かには3 リットル 以上の水を欠かさずに飲んでいると言う話はよく耳にします。

ミネラルウォーターでデトックス

ミネラルウォーターでデトックス

飲む基本は 水 ミネラルウォーター を飲む ミネラルウォーターで デトックス

補給する水分の基本は水。 1 日に 1.5 ~  2.0 リットルが目安です。もちろんこれには個人個人の適量があるので飲み慣れない人は 1.5 リットル くらいを目標にはじめると体が慣れてくるでしょう。
コーヒーやお茶などはこの量に含まれれないので水 ミネラルウォーター だけで  1.5~ 2.0 リットルを飲むのはハードルが高いかもしれません。

ミネラルウォーター のよいところは ノンカロリー なのは言うまでもありませんが、他の飲み物に比べて体への吸収率が高いということがあげられます。
日本人には不足しがちな カルシウム をはじめとする ミネラル をバランス良く含んでいることから代謝機能促進効果があるということです。消化もスムーズですから体に負担がかかりません。
ミネラルウォーターを 1 日 1 リットル 以上飲む習慣をつけたら頑固な便秘が改善された。という話は良く聞きます。

便秘を改善する効果的なミネラルウォーターの飲み方

基本は1日にマメに水を飲むことにあります。ひどい便秘症の人は冷やしたミネラルウォーターを飲んで腸に刺激を与えるのも効果的ですが、便秘が改善されてきたら常温の水を飲むようにします。
まず、朝起きた時のコップ1杯の水は習慣にします。あとは時間ごとにマメに飲みます。水をごくごく飲むのではなくまず口の中でゆっくり常温にしてから喉に入れるようにすると吸収力がさらに高まります。

一度にたくさん飲むのではなく小分けにする

水を1日に1.5リットル~2.0リットル飲む。ということがストレスになりなんとか早くノルマを達成させようとしてしまい、一度にたくさんのミネラルウォーターを飲む人がいますが、これはせっかく補給した水分がそのまま尿となって排出されてしまいます。
できるかぎりなんども何回もにわけて飲むようにします。
1日6回以上、1回の量が200mlというのが理想です。

昼間のうちに集中的に飲む

朝起きたらすぐにコップ一杯の水を飲んで欲しい。という説明はしましたが、これは交感神経を刺激し、カロリーを消費しやすくするためです。内臓にあまってしまったカロリーを燃焼させてしまう効果を期待します。交感神経が優位になっている15時頃までにミネラルウォーターを飲みます。
日没後は副交感神経が優位になるので飲食を控えたほうが健康的です。
海洋深層水で体の奥深くまで水を浸透させる

豊富なミネラルが含まれた日本の海洋深層水の一覧

デトックス 専門サイト でも 水 を積極的に飲む方法 が紹介されています。

酸素水で疲労回復

酸素水は疲労回復にもよいといわれていますが、それはなぜでしょうか。

人間の活動になくてはならないのが「酸素」。
酸素は体を動かしたり、細胞を再生したり、体の新陳代謝や老廃物の除去など、健康的な体をつくるには必要不可欠なものです。

これをふまえた上で、酸素の疲労回復効果の理由は、酸素には乳酸を分解する働きがありストレスを和らげてくれるからです。酸素には疲労やだるさの原因となる血中乳酸を、分解・除去する働きがあります。そのため、体内の酸素量が多い人は、酸素量が少ない人よりも、疲労回復にかかる時間が短くてすみます。

つまり酸素を取り込む力がが多い人のほうがより速やかに疲労から回復できるということです。

運動選手に通常の飲み物として、酸素を細かい分子状態にして溶かした水を飲ませた場合と飲ませない場合との比較をとった例ですが、 5000 m を走行した選手では、飲ませたほうが飲ませなかった時より、31 秒早かった、ということです。

現在、オリンピックでは、ほとんどの選手は高濃度酸素水をのんで、記録を伸ばそうと必死です。つまり、疲労を早く回復させる効果も高い事があり、乳酸の分解に急速的な効果を生み出しているといえるでしょう。

WOX は消化管からの酸素補給を目的とした、新しいタイプの酸素補給水です。
酸素を水と一緒に飲むことで体液に溶け込み、血中酸素濃度を上げるとされています。

肉体的な疲労ばかりでなく精神的な疲労にも酸素は密接にリンクしています。毛細血管はストレスの影響でで収縮し、酸欠状態に陥りやすいためそこに十分な酸素を供給することで酸欠を防ぎリフレッシュできるのです。

▼ 疲労回復効果のある酸素水
酸素水の一覧はこちら

悪酔い、二日酔いを避ける水の飲み方

水分を奪うアルコールの性質

夏には冷たいビール、寒い冬には熱燗とストレス発散や息抜きにお酒は活躍しますが、お酒、アルコールは体の水分を奪うのです。
水分を摂取しているのに水分が奪われる? と思う人も多いはずです。これってどういうことでしょう?

お酒を飲んでいるときには、しらふのときに比べてトイレが近くなりますよね。それから、同時に体温が上がって熱くなります。
このように、アルコールには強い利尿作用、体温を上昇させて発汗させる働きがあります。つまり体に吸収されたアルコールは尿や汗となって、水分が体の外に排出されてしまうのです。

チェイサーとは?

お店でお酒を飲む場合にウィスキーを注文するとウィスキーと一緒にグラスに入った水をだしてくれます。これはチェイサーといいます。
アルコールの強い刺激を和らげたり、ウィスキーの味や香りを何度でも楽しめるようにするための口直しとして使用されます。
ウィスキーが体の水分を奪ってしまうためチェイサーで体の水分を補うという役割を考えると非常に理にかなった仕組みです。
もともとチェイサーは「追いかける」という意味で、お酒を一口飲んだ後に水で口直しをするということです。

二日酔いは水分不足のサインでもある

二日酔いをすると吐き気で何も食べる気がしません。水くらいしか受け付けないようになってしまいます。
この二日酔いは、飲酒の後に体内で生成されるアセトルアルデヒドという物質が分解されずに血液中に残っているために起こるといわれています。

そして、二日酔いのときに水を飲むことで血液中の水分が増え、アセトルアルデヒドの濃度を薄めることが出来ます。
また水による利尿作用で代謝が向上し、二日酔いの症状を軽減します。

二日酔いの症状がでているということは胃や肝臓に負担がかかっている状態ですので、そういったときにはアルカリイオン水や海洋深層水などが適しています。

アルコールを飲む前に
アルコールを飲むと利尿作用により水分が失われやすいので飲みやすい硬度の低い軟水で水分補給します。
アルコールを飲んだ後、二日酔いの時に
アルコールを飲むと酸性イオンに傾きやすいので軟水の「アルカリイオン水」で体内のイオンバランスを整えます。失われたミネラルは海洋深層水で補給します。
甘口のお酒には
硬度が低い軟水のほのかな甘味は甘口の日本酒の味わいをひきたてます。
辛口のお酒を飲むときには
硬水のミネラルがアルコールの刺激をやわらげ飲みやすくしてくれます。

二日酔いに適したミネラルウォーターというとオキシワッサーが代表的ですが、二日酔いの時に効果のあるミネラルウォーターというとアルカリイオン水や海洋深層水があります。お酒のあとの水分補給以外にも不快な症状を和らげる効果があります。

オキシワッサーの魅力

オキシワッサーは『ミネラルが豊富』良い水の条件を満たしております。
一般のミネラルウォーターの約35倍の酸素を含み開封後48時間も体内で有効に働く酸素濃度を維持する製法(国際特許)を採用。

人体に近いミネラルバランスを誇る沖縄の海洋深層水から摂取された天然ミネラル(カルシウム・マグネシウム)を配合。
マグネシウムは体内酵素の働きを促進すると言われています。カルシウムは日本人に不足しているミネラルの一つです。
忘年会、新年会などの飲み会が続く時には、お酒を飲む前に十分にずいぶんを摂取するのがポイントです。胃腸があまり強くない人などは、冷えたミネラルウォーターをグィっとたくさん飲むと下痢をしてしまい、脱水に拍車をかけることになるので、口の中で常温にしてから飲み込むようにするといいでしょう。あまり冷えた水はおすすめできません。

水を十分に飲んでもやっぱり二日酔い予防には肝臓に働きかけるウコンがおすすめ

水でアルコールを薄めることで二日酔い予防対策をする理屈はわかりましたが、もともとお酒が弱い人にはあまり効果が期待できません。それよりは昔から言われる「ウコン」の二日酔い予防効果のほうがおすすめでもあります。
二日酔いの予防と対策にウコンが紹介されています。

二日酔いに効果的なサプリメントのひとつにウコンがあります。ウコンの注目すべき有効成分は「クルクミン」です。
クルクミンは、胆汁の分泌を促進する働きがあり、肝機能を強化できるので普段から摂取しておきたい成分です。また、肝臓の機能を助けてアルコールの分解を促進するので、二日酔いのときに摂りたい成分でもあります。

胆汁には、悪酔いを引き起こす物質アセトアルデヒドを排出する作用があるといわれています。アセトアルデヒドは、吐き気を起こしたり、呼吸数を増やしたりなど、アルコールよりも強い生体反応を起こす有害物質なのです。
ウコンの主成分である黄色色素のクルクミンは、胆汁の分泌を促して、肝臓全体の解毒作用を高めるといわれています。また、ウコンに含まれている精油成分にも、クルクミンよりは弱いけれど胆汁の分泌を活発にするという物質が含まれています。さらに、精油成分にはコレステロール溶解作用や健胃作用などがあります。


翌日にグレープフルーツジュースを飲んだり、しじみ汁を飲むのも効果があるそうです。

水を飲むタイミング

のどが渇いた状態は体にとっては危険信号であることが多いのです。
人の体は60%が水分ですからおよそ2%の水分不足で脱水状態になってしまいます。
体重60kgの人の体の水分は36gですからその2%というと720mlで脱水状態になるのです。 脱水状態というのは、血液がどろどろして体が疲労感でしんどくなってしまいます。
そんな状態にならないために水分補給にはポイントがあります。
そのポイントは「タイミング」と「量」にあります。 起床時と就寝時の2回は忘れずに水分補給を行います。 この2回のほかに3~5回くらいの頻度で水分補給をします。
汗をかいたときなどは意識的に水分補給につとめます。

水分補給のポイント

日常生活
運動時
回数
1日に5~8回程度
就寝前は必ず
約15分に1回
分量
約200ml
約200ml
温度
冷たすぎない温度
常温

6~13度

水分補給のタイミング

のどの渇きを感じる

のどが渇いたときにはすでに脱水の状態になっているのでこまめに水分補給。

空腹時

胃の中に食べ物が入っていると消化する際に水を過剰にため込みやすくむくみの原因になるので胃が空のときは飲まない。

就寝前と起床時

寝ている間に大量の汗をかくため就寝前と起床時は水分補給を忘れずに。

ゆっくり飲む

ゆっくり飲むことにより体に浸透します。ゆっくり飲むとでミネラルも吸収されやすくなります。

汗をかいた後

運動ばかりでなく汗をかいたあとは意識的に水分補給を。

冷たすぎる水を飲まない

冷たすぎる水は胃に負担をかけるため効果的な 水分補給とはいえません。