水の上手な飲み方・使い方」カテゴリーアーカイブ

便秘解消のために ミネラルウォーター を飲む

ミネラルウォーター と便秘解消に関する情報です。

水が足りないと便秘の原因になる

便秘にはさまざまな原因があってそれは人によって違いますが、原因のひとつには水分不足による便秘があります。水分が十分に摂れていないと、便が硬くなり、便のかさが少なくなって、腸内を移動しにくくなります。 1 日に 1.5 ~ 2 リットル以上を目安に、水分をたっぷり補給しましょう。

水分摂取を十分におこなうことで体全体の代謝がよくなります。また、健康食品や便秘薬に頼るわけではないので体にストレスがかからず無害です。朝、起きてコップ 1 杯の常温の水をゆっくり摂取することで、便秘解消以外にむくみが改善されたりもします。

ミネラルウォーターを飲む場合、硬度が高めの水を飲むことで便秘を解消できることもあります。それは、硬度の高い水ほどミネラルがたっぷりと含まれているからです。ただ、多くの硬水は、口あたりがいまひとつです。日本の水はほとんどが軟水ですから、それを自然に飲み慣れている日本人の口には、硬度の高い硬水はなかなか合いません。好みにもよりますが、実際に飲むとまずい、飲みにくいといった感想がほとんどでしょう。

また、硬度の高いミネラルウォーターを飲んだら明日には快便になるのか? というと、そこまで即効性があるわけではありませんが、習慣づけることで、より便を出しやすくなります。

ミネラルウォーター 便秘を改善するには水分摂取が大切

ミネラルウォーター 便秘を改善するには水分摂取が大切

水分摂取のポイント

もし、硬度の高い水が苦手で飲めない場合は、軟水でもいいのでしっかり水分摂取することが重要なポイントです。寝る前、起床時のコップ 1 杯の水は必須です。ちなみに、腸は冷えると蠕動運動( ぜんどううんどう )をなまけるようになるので、常温の水をゆっくり飲むのがポイントです。便秘に関してだけでなく、腸が冷えるといいことがありません。また、朝起きてすぐに水か牛乳をコップ 1 杯飲むと、腸が刺激されて動きがよくなり、便意が起こりやすくなります。ただし、体質によるのですが、牛乳を飲むと腹痛を起こしたり下痢をしてしまう人は NG ですからコップ 1 杯の水にしておきましょう。

便秘解消を目的にミネラルウォーターを飲むときに冷蔵庫で冷やした水を飲む人もいるかもしれませんが、冷たすぎる水はおすすめできません。腸が冷えて、かえって便秘を悪化させます。ミネラルウォーターを飲む場合は、常温の水を飲むようにしましょう。

便秘解消にはミネラルが豊富な硬水がおすすめ

便秘解消の情報を提供しているようなサイトでは、たくさんあるミネラルウォーターの中でどういったものが便秘解消に効果的か、などを具体的に解説しています。以下引用になりますが、次のように書かれていますので、本サイトで紹介している国産で硬度の高いミネラルウォーター 一覧などは、便秘解消に役立ちそうです。
「朝起きたときに硬度 1000 以上の超硬水やスパークリングウォーターを飲むと効果的です。お通じが良くなると肌あれや下腹ポッコリも解消できるので、美容をサポートするのにもミネラルウォーターを飲むとよいです。また、食前にミネラルの豊富な超硬水やスパークリングウォーターを飲むと空腹感をやわらげる効果があるので、ダイエットにも◯です。」

海外産よりも国産のミネラルウォーターを安心して体に入れたい、という声が多いのが一般的です。国産のミネラルウォーターはほとんどが軟水ですので、国産で硬度が高いミネラルウォーターの一覧は重要なデータとなります。ただし、硬度の高いミネラルウォーターでないと効果がない、というわけではありません。比較的口あたりのよい国産の軟水でも、代謝が改善されれば便秘も改善されていくでしょう。

普段飲むお茶、コーヒー、アルコールは水分補給になるの?

1日の中で水道水やミネラルウォーター以外にもコーヒーやお茶などを飲んでいますが、これは水分補給になっているのでしょうか?

という疑問があります。
たとえば朝はコーヒー、昼には紅茶、夜はビールを飲んでいるというと、1日の中でも摂取する水分は結構な量に感じますがこれらは「水」といえません。もちろん、アルコールも同じです。コーヒーなどのカフェインを含む飲料はリラックス効果が得られるのと同時に、体の毒を排泄し同時に水分も一緒に排泄してしまうのです。
水分摂取をするとトイレが近くなると感じている人の中には、コーヒーやお茶も一緒に摂取している場合が多いです。
アルコールに関しては脱水症状を引き起こすため、血液はドロドロになってしまいます。これを防ぐために水分補給が重要となるのです。
体内に入ったアルコールは、胃や腸で消化され、その一部が尿や汗となって排泄されます。残りは肝臓に運ばれ酵素によって分解されます。
ところが、日本人は欧米人と違って体内でアルコールを分解してくれる酵素が僅かしかないので、一度に分解できるアルコールの量も少なく、たくさんのお酒を飲むと分解しきれないアルコール分が血液中に残ってしまいます。
肝臓でアルコールが分解されるときに、アセトアルデヒドという物質が発生します。毒性を持っているため、頭痛や吐き気を引き起こします。このアセトアルデヒドもやがては、酵素によって分解されますが、すべてを分解するのには、相応の時間がかかります。
その間に胃腸や肝臓、筋肉などがダメージを受けてしまうのです。
これが二日酔いの正体です。

悪酔い、二日酔いを避ける水の飲み方
お酒を飲んだときには、水もたくさん飲みましょう。同時に飲むことで血液中のアルコール濃度が急激に上昇するのを防ぎます。胃の粘膜への刺激も抑えてたくさんの水を飲めば尿として排泄する回数も増えるのでより多くのアルコールを体外に排泄することができます。

二日酔いに効果のあるオキシワッサー


【送料無料】ミネラルウォーターの約35倍の酸素含有!世界最高レベルの酸素水【OXYWASSER】オキシワッサー500ml×24本入

オキシワッサーの効果

アルコールの分解アセトアルデヒドの分解で二日酔いを改善脱水症状の改善・アセトアルデヒドの分解作用を大幅に促進する。
お酒を飲む前に酸素水を飲んでおくと、二日酔いになりにくい。二日酔いになったときに飲むと速やかに症状が改善される。

夏の水分補給完全ガイド

今年の夏も日本は猛暑におそわれています。救急車で病院へ運ばれたというニュースをよく耳にしていますが、気をつけたいのが熱中症です。歳を重ねると暑さを感じにくくなるという点にも注意しなければいけません。熱中症の脱水状態には、OS-1(オーエスワン)という経口補水液が有名です。大塚製薬のオーエスワンは、電解質と糖質がバランスよく配合されていて、脱水状態の体に適した病者用食品です。

熱中症

熱中症

一般的に、夏は汗をかいて喉が渇いて水分を補給するというのが水やミネラルウォーターを飲むタイミングになっている場合が一般的で、水の重要な役割の1つが、汗となって体温を調節すること。汗をかくことで体温を下げているということです。

水分が不足すると体温が上がって夏パテの原因となります。普段は1500CC、汗をかいた日は2000CC以上を意識して飲むといいでしょう。

ところが、一度に大量の水を飲むのは禁物。体温を一気に下げて体力を消耗したり、体内の水分濃度を薄めて体調を崩しかねないからです。
夏バテしやすい人の特徴に冷たい水やジュース、かき氷、アイスコーヒーなどの飲み過ぎがあります。これは、倦怠感がつよくなったり、お腹をこわしてしまう場合もあります。

コップ1~2杯ずつの水をこまめにとるのが賢い飲み方です。冷えた水は心地いいが、あまり冷えすぎていないものを選ぶのも大切です。朝から冷たい水を飲んでいると、すぐにバテてしまいます。冷えているのを飲む場合には、口の中でゆっくり温めて飲むとよいでしょう。口当たりがいいとぐいぐい飲んでしまいますが、注意です。

コップ2杯ずつの水分補給が適切

急激に汗をたっぷりかいて大量に水を飲みたいときは、スポーツドリンクなども効率のいい水分補給方法です。しかし糖分が多く含まれるので、飲み過ぎには注意しないとかえって喉がかわいてしまいます。

糖分は夏の間に必要なカルシウムを消費してしまうのでほどほどに飲むようにしましょう。夏の間にこむらがえりがよく起きる人は、糖分の過剰摂取でカルシウムが大量消費されてしまっているケースがあります。

また、夏は日焼けによる体力の消耗にも気を付けましょう。これについても、水を飲んで皮膚の水分を保つことで、日焼けをある程度防ぐことができるので水分摂取はとても重要です。

普段でも、就寝前、起きぬけに飲むコップ1杯の水は、血液をドロドロにしないために大切ですが、寝ている間に大量に汗をかく夏は、特に欠かせません。

枕元に水を置いておき、夜中に目が覚めたときに飲むようにするといいでしょう。起床時に喉がカラカラ、という場合には、就寝中にかく汗が多く、脱水気味になっているのでしょう。

口をぽかんと開けて寝てしまうクセがある人やいびきをかく人も起床時に口が渇いています。脱水の場合、起床すると体の倦怠感が顕著にあらわれるので、寝る前にもう少し水分摂取したほうがいいでしょう。

口呼吸は免疫力を低下させる、鼻呼吸に切り替える | 健康マニア

では、真夏の疲れにはどんなミネラルウオーターを選べばよいかというと、「カルシウムを多く含んだ硬水」がおすめです。
カルシウムには、酸性化した血液を弱アルカリに戻す効果があります。ただ、カルシウムを体内でうまく巡らせるにはマグネシウムとのバランスにも注目しなければいけません。

また、カルシウムを効率的に吸収させるにはビタミンDが必要なため、魚や卵を食べながら硬度の高い水を飲むのがより効果的です。
あまり細かいことを考えると疲れてしまうのですが、いわゆる「硬水」には、カルシウムやマグネシウムが豊富に含まれます。

女性の中には、水をたくさん飲むと『むくみ』が出るのが心配という人がいますが、それは逆。水分が不足して体液の濃度が濃くなるため、浸透圧の関係で細胞内から水が染み出てきてむくみが出るのです。水分摂取でむくむわけではないので、勘違いしないようにしたい。塩分摂取も多くなりがちなので気を付けましょう。

体質的に夏場にむくみがちな人は、ミネラルウォーターのラベルを見て、ナトリウム分の少ないものを選ぶのも大事なポイントです。もちろん、国内産に多く、日常の水分補給に向く軟水にも効用はあります。
軟水はミネラル分が少ないという誤解があるが、硬度とはあくまでもカルシウムとマグネシウムの量を基準としたもの。軟水にも十分なミネラルが含まれています。軟水は、普段から飲み慣れているので、とにかく喉ごしがいいのが特徴。夏で、エアコンなどによって腸が冷えてしまうと、ミネラルが多い硬水を飲むと体に強すぎて下痢をしてしまう場合もあります。夏バテにプラス下痢は、夏バテにさらに拍車をかけてしまうことになるので注意です。

結局、真夏の暑いときに飲む水でおすすめなのは?というと疲労回復に即効性があるのは、炭酸水

疲労時には体内で水素イオンが発生して体を酸性に傾けますが、これと炭酸水の重炭酸イオンが結びついて中和し、水と二酸化炭素に変えてくれます。
血管中に入った炭酸ガスは血管を拡張して血行を良くする効果もある。また、疲労回復効果のあるカルシウムやマグネシウムを多く含む硬水も、炭酸入りなら飲みやすいというメリットも。もちろん口当たりの良さでリフレッシュ感が演出できるのも炭酸水ならではです。

普段からこまめに水分補給をして、夏の疲れを感じたときに炭酸水を飲むのがいいという結果です。汗をたっぷりかいたあとには、ミネラルを多く含む硬水がおすすめ。カルシウムとマグネシウムのバランスが夏バテ解消の鍵となりますが、いまひとつ味に馴染めない場合は、軟水でいいでしょう。

国産のミネラルウォーターで硬度の高い硬水は、海の深層水 天海の水 硬度1000が代表的です。汗をたくさんかいたときに飲むように常備しておいてもいいでしょう。

自宅で炭酸水をつくれる「ソーダサイフォン」

また、家で炭酸水を作りたい!という人のためには「ソーダサイフォン」というのがおすすめです。ミネラルウォーターに炭酸を注ぐことができる。手順は以下。

  1. 先ずは冷水を約1リットル口元まで注ぐ。水は市販のミネラルウォーターを使うと一層美味しくなる。
  2. 本体にカートリッジホルダーを装着する。炭酸が注入され、中でブクブクと音がする。
  3. 本体を上下に振り炭酸ガスと水をよく混ぜ合わせる。よく混ぜるほど炭酸ガスが水に溶け込み、泡立ちのよい美味しいソーダ水ができる。

10,000円くらいで購入できるので、夏バテを吹き飛ばすつもりで購入するのであれば、炭酸水を何本も購入するよりずっと割安ですみそうだ。