水の上手な飲み方・使い方」カテゴリーアーカイブ

悪酔い、二日酔いを避ける水の飲み方

水分を奪うアルコールの性質

夏には冷たいビール、寒い冬には熱燗とストレス発散や息抜きにお酒は活躍しますが、お酒、アルコールは体の水分を奪うのです。
水分を摂取しているのに水分が奪われる? と思う人も多いはずです。これってどういうことでしょう?

お酒を飲んでいるときには、しらふのときに比べてトイレが近くなりますよね。それから、同時に体温が上がって熱くなります。
このように、アルコールには強い利尿作用、体温を上昇させて発汗させる働きがあります。つまり体に吸収されたアルコールは尿や汗となって、水分が体の外に排出されてしまうのです。

チェイサーとは?

お店でお酒を飲む場合にウィスキーを注文するとウィスキーと一緒にグラスに入った水をだしてくれます。これはチェイサーといいます。
アルコールの強い刺激を和らげたり、ウィスキーの味や香りを何度でも楽しめるようにするための口直しとして使用されます。
ウィスキーが体の水分を奪ってしまうためチェイサーで体の水分を補うという役割を考えると非常に理にかなった仕組みです。
もともとチェイサーは「追いかける」という意味で、お酒を一口飲んだ後に水で口直しをするということです。

二日酔いは水分不足のサインでもある

二日酔いをすると吐き気で何も食べる気がしません。水くらいしか受け付けないようになってしまいます。
この二日酔いは、飲酒の後に体内で生成されるアセトルアルデヒドという物質が分解されずに血液中に残っているために起こるといわれています。

そして、二日酔いのときに水を飲むことで血液中の水分が増え、アセトルアルデヒドの濃度を薄めることが出来ます。
また水による利尿作用で代謝が向上し、二日酔いの症状を軽減します。

二日酔いの症状がでているということは胃や肝臓に負担がかかっている状態ですので、そういったときにはアルカリイオン水や海洋深層水などが適しています。

アルコールを飲む前に
アルコールを飲むと利尿作用により水分が失われやすいので飲みやすい硬度の低い軟水で水分補給します。
アルコールを飲んだ後、二日酔いの時に
アルコールを飲むと酸性イオンに傾きやすいので軟水の「アルカリイオン水」で体内のイオンバランスを整えます。失われたミネラルは海洋深層水で補給します。
甘口のお酒には
硬度が低い軟水のほのかな甘味は甘口の日本酒の味わいをひきたてます。
辛口のお酒を飲むときには
硬水のミネラルがアルコールの刺激をやわらげ飲みやすくしてくれます。

二日酔いに適したミネラルウォーターというとオキシワッサーが代表的ですが、二日酔いの時に効果のあるミネラルウォーターというとアルカリイオン水や海洋深層水があります。お酒のあとの水分補給以外にも不快な症状を和らげる効果があります。

オキシワッサーの魅力

オキシワッサーは『ミネラルが豊富』良い水の条件を満たしております。
一般のミネラルウォーターの約35倍の酸素を含み開封後48時間も体内で有効に働く酸素濃度を維持する製法(国際特許)を採用。

人体に近いミネラルバランスを誇る沖縄の海洋深層水から摂取された天然ミネラル(カルシウム・マグネシウム)を配合。
マグネシウムは体内酵素の働きを促進すると言われています。カルシウムは日本人に不足しているミネラルの一つです。
忘年会、新年会などの飲み会が続く時には、お酒を飲む前に十分にずいぶんを摂取するのがポイントです。胃腸があまり強くない人などは、冷えたミネラルウォーターをグィっとたくさん飲むと下痢をしてしまい、脱水に拍車をかけることになるので、口の中で常温にしてから飲み込むようにするといいでしょう。あまり冷えた水はおすすめできません。

水を十分に飲んでもやっぱり二日酔い予防には肝臓に働きかけるウコンがおすすめ

水でアルコールを薄めることで二日酔い予防対策をする理屈はわかりましたが、もともとお酒が弱い人にはあまり効果が期待できません。それよりは昔から言われる「ウコン」の二日酔い予防効果のほうがおすすめでもあります。
二日酔いの予防と対策にウコンが紹介されています。

二日酔いに効果的なサプリメントのひとつにウコンがあります。ウコンの注目すべき有効成分は「クルクミン」です。
クルクミンは、胆汁の分泌を促進する働きがあり、肝機能を強化できるので普段から摂取しておきたい成分です。また、肝臓の機能を助けてアルコールの分解を促進するので、二日酔いのときに摂りたい成分でもあります。

胆汁には、悪酔いを引き起こす物質アセトアルデヒドを排出する作用があるといわれています。アセトアルデヒドは、吐き気を起こしたり、呼吸数を増やしたりなど、アルコールよりも強い生体反応を起こす有害物質なのです。
ウコンの主成分である黄色色素のクルクミンは、胆汁の分泌を促して、肝臓全体の解毒作用を高めるといわれています。また、ウコンに含まれている精油成分にも、クルクミンよりは弱いけれど胆汁の分泌を活発にするという物質が含まれています。さらに、精油成分にはコレステロール溶解作用や健胃作用などがあります。


翌日にグレープフルーツジュースを飲んだり、しじみ汁を飲むのも効果があるそうです。

水を飲むタイミング

のどが渇いた状態は体にとっては危険信号であることが多いのです。
人の体は60%が水分ですからおよそ2%の水分不足で脱水状態になってしまいます。
体重60kgの人の体の水分は36gですからその2%というと720mlで脱水状態になるのです。 脱水状態というのは、血液がどろどろして体が疲労感でしんどくなってしまいます。
そんな状態にならないために水分補給にはポイントがあります。
そのポイントは「タイミング」と「量」にあります。 起床時と就寝時の2回は忘れずに水分補給を行います。 この2回のほかに3~5回くらいの頻度で水分補給をします。
汗をかいたときなどは意識的に水分補給につとめます。

水分補給のポイント

日常生活
運動時
回数
1日に5~8回程度
就寝前は必ず
約15分に1回
分量
約200ml
約200ml
温度
冷たすぎない温度
常温

6~13度

水分補給のタイミング

のどの渇きを感じる

のどが渇いたときにはすでに脱水の状態になっているのでこまめに水分補給。

空腹時

胃の中に食べ物が入っていると消化する際に水を過剰にため込みやすくむくみの原因になるので胃が空のときは飲まない。

就寝前と起床時

寝ている間に大量の汗をかくため就寝前と起床時は水分補給を忘れずに。

ゆっくり飲む

ゆっくり飲むことにより体に浸透します。ゆっくり飲むとでミネラルも吸収されやすくなります。

汗をかいた後

運動ばかりでなく汗をかいたあとは意識的に水分補給を。

冷たすぎる水を飲まない

冷たすぎる水は胃に負担をかけるため効果的な 水分補給とはいえません。

むくまない水の飲み方

水を飲むとむくみになる原因を解消

女性に「はむくみ」は大敵です。美容だけでなく健康面でもよくありません。 多くの人はたくさん水を飲むことによってむくんでしまう!と思っています。むくみの原因は飲む水の量だと思っているのです。 ところがこれは大きな間違いです。
人間の体は水分不足になると体が危険信号だし、水分を排出しないように脳から尿を出さないようにホルモンが分泌されます。尿が出にくい体質の人が水を飲むため体内の水分量が増加してしまいむくんでしまうのです。尿が出にくい場合は代謝機能同時に低下していますので冷え性や便秘の原因になります。
普段から適度に水を飲むことによってむくみや便秘、冷え性などの女性特有の悩みを解決することができるのです。
水を飲むタイミング 水を飲むことでむくまないといっても大量に飲めばやはりむくみます。水を飲んでむくまない為には水を飲むタイミングが重要です。
食事中や食後すぐなどは胃の中に食べ物がある場合は、水を飲むと空腹時に比べて水分が溜まりやすくむくみの原因になります。
体質改善やデトックスのために水分補給をする場合は、空腹時に水を飲むようにします。

女性に効果的!むくみを防ぐ水の飲み方

食後2~3時間は水分補給を控える

食事をして胃が活発に活動している状態だと水分が吸収されやすい状態です。食中や食後に水を飲むことはむくみの原因となりますので食後2~3時間後に飲むのが理想です。食中に水を飲みすぎると胃液が薄まり消化されにくくなるため胃液の殺菌力が低下する場合もあります。

水はゆっくり飲む

ミネラル豊富な市販の水を飲むときはなるべくゆっくりと味わうように飲みます。ゆっくり飲むことでミネラルが吸収されやすくなります。

寝る前にコップ一杯の水を

就寝中は体も眠っているため体内の水分を排出させる腎臓の機能も低下しています。これが理由で寝る前にたくさんの水分をとるとむくんでしまうのです。寝る前はコップ1杯の水だけにします。

お茶やコーヒーを飲み過ぎない

お茶やコーヒーは利尿作用が強くたくさん飲むことを推奨していますが飲み過ぎは水分が排出されやすくなりむくみの原因にもなります。お茶やコーヒーはアルカリ性飲料なので飲み過ぎは胃の殺菌力を低下させます。

料理で硬水と軟水を使い分ける

水と料理の関係

料理を作る時に水は欠かせません。料理に使う水によって仕上がりも変わってくる重要な役割を果たしています。
ご飯を炊く場合、そのままでは食べられないかたいお米が水を入れることによって水を吸収し、軟らかいご飯に仕上がります。ですから米が吸収する水が臭かったりまずかったりすれば炊きあがったご飯もそれだけ臭くなります。水のおいしさもさることながら硬水と軟水によってもご飯の仕上がりは全く変わってきます。
硬水で炊く場合、カルシウム分が食物繊維を硬くさせてしまい粘り気のないぱさぱさしたご飯になってしまいます。 野菜は軟水、肉は硬水 シチューやポトフなど、堅めの肉をじっくりと煮込む料理には硬水が適しています。 硬水のカルシウムと肉を硬くしている成分が結びつきアクとなって出てきます。丁寧にアクをすくえば肉は軟らかくなり、すんだおいしいスープに仕上がります。 硬水には逆に野菜を硬くさせる成分があります。野菜を煮る場合には、軟水が向いています。

料理で軟水・硬水を使い分ける

軟水
ごはんを炊く
ふっくらつやつやに炊きあげるには軟水
硬水でごはんを炊くと、成分のカルシウムが食物繊維を硬くするため粘りがなく、ばさばさになります。
だしをとる
グルタミン酸などを溶かしやすく旨味を引き出せる軟水がいい。
硬水だと成分のマグネシウムやカルシウムが昆布だしやカツオだしなどの旨味成分と結合しアクになって出てしまいます。
野菜を煮る
軟らかく煮上げるなら軟水
カルシウムは食物繊維を硬くしてしまうので野菜を軟らかく煮るには軟水が適しています。ジャガイモ、カボチャなどのように煮くずれさせたくない場合には硬水が向いている。
魚を煮る
素材の味を引き出す軟水
ふっくらとさせ魚本来のおいしさを引き出すには軟水を使用します。アクの強い魚やスパイシーな仕上がりにしたい場合は、硬水でも可。
硬水
肉を煮る
アク、臭みがよくとれる硬水を使う

軟水では、肉は軟らかくはなりますがアクがとれません。硬水で 下ゆでしてアクを取り、軟水で軟らかく煮上げるのがいいでしょう。

うまい!!氷を作る方法

うまい氷は超軟水で作る

家庭の冷凍庫でつくる氷とバーなどの専門店でプロが使う氷は質が異なります。専門店で使用する氷は不純物がまったく入っていない水を使用する上に時間をかけてゆっくりと凍らせます。
氷河や南極の氷などのように自然にできる氷と同じように水が常に動きながらゆっくりと時間をかけて固まっていきます。
すると、結晶のひとつひとつが大きく仕上がり硬く、溶けにくい氷となります。
一方家庭でつくる氷の場合、水道水を使うケースが多くカルキなど様々な不純物が含まれています。プロが作る氷の16倍もの速さで凍らせているため結晶が小さく、白く濁り溶けやすい氷になってしまいます。
凍らせる速度は、冷蔵庫に依存しますので変えることができませんができるだけ硬度が低いミネラル分の少ない水で作るとおいしい氷が仕上がります。

硬水で氷をつくると…?

硬水はカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が豊富に含まれていますのでこれらのミネラルは不純物となります。
また、氷が溶けた際にミネラルも一緒に溶け出してしまうため飲みもの本来の味を損なってしまいます。

家庭の氷とプロの氷の違い

プロが使用する氷

色…無色透明
音…カランカラン
風味…無味無臭
結晶…大きい
結氷速度…3mm/時

家庭でつくる氷
色…濁った白
音…ガランガラン
風味…臭いがうつりやすい
結晶…大きい
結氷速度…50mm/時

家庭でおいしい氷を作る

  1. ミネラルが少なく硬度の低い軟水をふたつきの容器に入れる。
  2. 容器の底が庫面につかないようにわりばしで下駄をして凍らせる
  3. 容器から氷を取り出し好みの大きさに

おいしい氷りをつくる超軟水一覧は