夏の水分補給完全ガイド

今年の夏も日本は猛暑におそわれている。救急車で病院へ運ばれたというニュースをよく耳にしているが、気をつけたいのが熱中症である。歳を重ねると暑さを感じにくくなるという点にも注意したい。熱中症の脱水状態には、OS-1(オーエスワン)という経口補水液がよいらしい。大塚製薬のオーエスワンは、電解質と糖質がバランスよく配合されていて、脱水状態の体に適した病者用食品だという。

一般的に、夏は汗をかいて喉が渇いて水分を補給するというのが水やミネラルウォーターを飲むタイミングになっている場合が多い、水の重要な役割の一つが、汗となって体温を調節すること。汗をかくことで体温を下げている。

水分が不足すると体温が上がって夏パテの原因となる。普段は1500CC、汗をかいた日は2000CC以上を意識して飲むといいと、専門家はアドバイスする。ところが、一度に大量の水を飲むのは禁物。体温を一気に下げて体力を消耗したり、体内の水分濃度を薄めて体調を崩しかねないからだ。お腹をこわしてしまう場合もある。コップ1~2杯ずつの水をこまめにとるのが賢い飲み方。冷えた水は心地いいが、あまり冷えすぎていないものを選ぶのも大切。冷えているのを飲む場合には、口の中でゆっくり温めて飲むとよい。

急激に汗をたっぷりかいて大量に水を飲みたいときは、スポーツドリンクなども効率のいい水分補給になる。しかし糖分が多く含まれるので、飲み過ぎには注意する。糖分は夏の間に必要なカルシウムを消費してしまうのでほどほどに飲むようにしたい。

また、夏は日焼けによる体力の消耗にも気を付ける。これについても、水を飲んで皮膚の水分を保つことで、日焼けをある程度防ぐことができる。

普段でも、就寝前、起きぬけに飲むコップ1杯の水は、血液をドロドロにしないために大切だが、寝ている間に大量に汗をかく夏は、特に欠かせない。枕元に水を置いておき、夜中に目が覚めたときに飲むようにするといい。起床時に喉がカラカラ、という場合には、就寝中にかく汗が多く、脱水気味になっている。この場合、起床すると体の倦怠感が顕著にあらわれる。

では、真夏の疲れにはどんなミネラルウオーターを選べばよいかというと、「カルシウムを多く含んだ硬水」だ。
カルシウムには、酸性化した血液を弱アルカリに戻す効果がある。ただ、カルシウムを体内でうまく巡らせるにはマグネシウムとのバランスにも注目しなければならない。
また、カルシウムを効率的に吸収させるにはビタミンDが必要なため、魚や卵を食べながら硬度の高い水を飲むのがより効果的。
あまり細かいことを考えると疲れてしまうが、いわゆる「硬水」には、カルシウムやマグネシウムが豊富に含まれる。

女性の中には、水をたくさん飲むと『むくみ』が出るのが心配という人がいるが、それは逆。水分が不足して体液の濃度が濃くなるため、浸透圧の関係で細胞内から水が染み出てきてむくみが出る。水分摂取でむくむわけではないので、勘違いしないようにしたい。塩分摂取も多くなりがちなので気を付けたい。

体質的に夏場にむくみがちな人は、ミネラルウォーターのラベルを見て、ナトリウム分の少ないものを選ぶといい。もちろん、国内産に多く、日常の水分補給に向く軟水にも効用はある。軟水はミネラル分が少ないという誤解があるが、硬度とはあくまでもカルシウムとマグネシウムの量を基準としたもの。軟水にも十分なミネラルが含まれている。軟水は、普段から飲み慣れているので、とにかく喉ごしがいいのが特徴。夏で、エアコンなどによって腸が冷えてしまうと、ミネラルが多い硬水を飲むと体に強すぎて下痢をしてしまう場合もある。夏バテにプラス下痢は、ちょっとしんどい。

結局、真夏の暑いときに飲む水でおすすめなのは?というと疲労回復に即効性があるのは、炭酸水。疲労時には体内で水素イオンが発生して体を酸性に傾けるが、これと炭酸水の重炭酸イオンが結びついて中和し、水と二酸化炭素に変えてくれる。血管中に入った炭酸ガスは血管を拡張して血行を良くする効果もある。また、疲労回復効果のあるカルシウムやマグネシウムを多く含む硬水も、炭酸入りなら飲みやすいというメリットも。もちろん口当たりの良さでリフレッシュ感が演出できるのも炭酸水ならでは。

普段からこまめに水分補給をして、夏の疲れを感じたときに炭酸水を飲むのがいいという結果だ。汗をたっぷりかいたあとには、ミネラルを多く含む硬水がおすすめ。カルシウムとマグネシウムのバランスが夏バテ解消の鍵となる。

国産のミネラルウォーターで硬度の高い硬水は、海の深層水 天海の水 硬度1000になる。汗をたくさんかいたときに飲むように常備しておいてもいい。

また、家で炭酸水を作りたい!という人のためには「ソーダサイフォン」というのがおすすめ。ミネラルウォーターに炭酸を注ぐことができる。手順は以下。

  1. 先ずは冷水を約1リットル口元まで注ぐ。水は市販のミネラルウォーターを使うと一層美味しくなる。
  2. 本体にカートリッジホルダーを装着する。炭酸が注入され、中でブクブクと音がする。
  3. 本体を上下に振り炭酸ガスと水をよく混ぜ合わせる。よく混ぜるほど炭酸ガスが水に溶け込み、泡立ちのよい美味しいソーダ水ができる。

10,000円くらいで購入できるので、夏バテを吹き飛ばすつもりで購入するのであれば、炭酸水を何本も購入するよりずっと割安ですみそうだ。