トイレが近いのは冷え性?

水を飲むとトイレが近くなってしまう

体の中の水分代謝がよくなるとトイレが近くなることがあります。体が体の中の水をよりよい水に入れ替えようとしているのです。腎臓は静脈からきた血液をろ過して余分あ水分や毒素や老廃物といた不用な物質を尿として排出します。

尿量が増えることはそれだけ体内から不用な物質が排出されていると考えることができます。
しかし、このような状況になる理由として冷えが原因であることもあります。

寒い部屋などにいると体が冷えてトイレが近くなります。体が冷えると、体は余分な水分をできるだけ外へ出して、体温を上昇させようとします。温かい部屋や室内にいるにも関わらず水を飲むとトイレが近くなる場合は、体が冷えている証拠なのです。
体を冷やさないことは健康な体を維持する上で非常に重要です。
冷えが改善されない体質にる人は、氷りの入ったジュースやアイスコーヒーを飲み過ぎていたり、シャワーだけですませていたり、運動不足だったりします。生活習慣を少し意識するだけでも冷えは少しずつ改善されていきます。
しかし、トイレが近く冷え性体質だからといって水を控えるのは逆効果です。水を飲まないでいると水の代謝がますます悪くなるのです。冷え性の人は汗をかきにくく、水を溜め込みやすいので、まずは水分代謝の改善を試みながら、水分は十分に摂取します。
このときに飲む水やミネラルウォーターは常温のものを飲みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください