むくまない水の飲み方

水を飲むとむくみになる原因を解消

女性に「はむくみ」は大敵です。美容だけでなく健康面でもよくありません。 多くの人はたくさん水を飲むことによってむくんでしまう!と思っています。むくみの原因は飲む水の量だと思っているのです。 ところがこれは大きな間違いです。
人間の体は水分不足になると体が危険信号だし、水分を排出しないように脳から尿を出さないようにホルモンが分泌されます。尿が出にくい体質の人が水を飲むため体内の水分量が増加してしまいむくんでしまうのです。尿が出にくい場合は代謝機能同時に低下していますので冷え性や便秘の原因になります。
普段から適度に水を飲むことによってむくみや便秘、冷え性などの女性特有の悩みを解決することができるのです。
水を飲むタイミング 水を飲むことでむくまないといっても大量に飲めばやはりむくみます。水を飲んでむくまない為には水を飲むタイミングが重要です。
食事中や食後すぐなどは胃の中に食べ物がある場合は、水を飲むと空腹時に比べて水分が溜まりやすくむくみの原因になります。
体質改善やデトックスのために水分補給をする場合は、空腹時に水を飲むようにします。

女性に効果的!むくみを防ぐ水の飲み方

食後2~3時間は水分補給を控える

食事をして胃が活発に活動している状態だと水分が吸収されやすい状態です。食中や食後に水を飲むことはむくみの原因となりますので食後2~3時間後に飲むのが理想です。食中に水を飲みすぎると胃液が薄まり消化されにくくなるため胃液の殺菌力が低下する場合もあります。

水はゆっくり飲む

ミネラル豊富な市販の水を飲むときはなるべくゆっくりと味わうように飲みます。ゆっくり飲むことでミネラルが吸収されやすくなります。

寝る前にコップ一杯の水を

就寝中は体も眠っているため体内の水分を排出させる腎臓の機能も低下しています。これが理由で寝る前にたくさんの水分をとるとむくんでしまうのです。寝る前はコップ1杯の水だけにします。

お茶やコーヒーを飲み過ぎない

お茶やコーヒーは利尿作用が強くたくさん飲むことを推奨していますが飲み過ぎは水分が排出されやすくなりむくみの原因にもなります。お茶やコーヒーはアルカリ性飲料なので飲み過ぎは胃の殺菌力を低下させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください