水の飲み過ぎ、飲まなすぎのマイナス効果

漢方の視点から水について考えてみると、こうだ。漢方では人体の生理や病理を「気・血・津液(しんえき)」という概念でとらえる。
この3つのバランスが崩れてしまったときに人間は慢性病にかかるといわれている。
つまりそのバランスを整えると慢性病なども改善すると考えられている。
最近では、漢方薬も一般的な薬と共に処方されるようになった。
漢方の力を西洋医学も必要としているのだ。
漢方の水のとらえかたは、
・気…広義には生命力、狭義には精神的なエネルギー
・血…からだを滋養すする働きの総称
・津液…水
です。
津液とは汗、涙、よだれはもちろんのこと血液やリンパ液、消化液、細胞内の水分までを含んだ広い概念をいう。
もっと細かくいえば、
津…比較的薄くて透明な液体成分で体の組織や皮膚に栄養と潤いを与えているもの
液…濁って粘りがあり関節を潤したり、脊髄液などを構成するもの
になる。
このふたつは互いを利用しあいながら一緒に全身を駆けめぐり、五臓六腑の健康を維持している。
津液のバランスがとれていれば体の健康を保たれるわけでその際大切なのは適正な水分量というわけである。
下痢などで脱水状態になれば津液不足になり、目が津液不足になればドライアイになり、鼻やのどならば、かさかさになり風邪をひきやくなる。肺が乾けば咳が出やすくなる。皮膚ならば皮膚炎を起こし、アトピー性皮膚炎も悪化することになる。
また腸ならば便秘になるというわけだ。
適正な水分量は生活スタイルや、汗、尿、便の出方、食事の取り方、水分摂取の方法によって都度変化する。
このあたりも考慮していく必要があるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください