水太りの正体

水や水分の多いものを飲んだり、摂取しるぎるとすぐにむくんでしまう

「太るので水はあまり飲みたくない」という考え方はむしろ逆効果です。水分が不足することによってリンパ液の流れが悪くなり、太るというよりは「むくむ」のです。
また老廃物がたまり、便秘傾向になりお腹もぽっこりでてきます。
水分を冷えるよりも、水分代謝のよい体になることが重要です。
なるべく常温の水を少しずつ飲むような習慣をつけます。水分摂取を多くしたから太ってしまうのではありません。

通常の人の水分量が約60%前後なのに対し、脂肪の多い肥満体の人の水分量はなんと50%体内の水分が足りずに水の循環が悪化して、さらなる肥満やむくみを招いているのです。細胞内の水分の代謝は、ナトリウムとカリウムの働きに左右されます。このふたつを含んだミネラルバランスのよい水を飲んで、無理せずむくみを解消させます。
水をこまめに飲むことで代謝がよくなり、脂肪の燃焼が促進されます。リンパ液の流れが改善され、水分代謝のいいからだになることでダイエットにもつながります。
それでもむくんでしまう!という方は原因は冷えによるものです。
冷えは様々な要因が原因していることが多く根気よくその原因を見つけ対処していくことが大切です。
冷え性と向き合うは、冷えの改善に役立つサイトです。
体内の水分は主にリンパ線を通って回収され、鎖骨下静脈から静脈を抜け、腎臓でろ過されて排泄されます。
筋肉の運動によりリンパ線を流しています。
筋肉が動かなくなってしまうと、リンパの流れも止まってしまうのです。もうひとつは静脈の流れです。
リンパ液の流れは体の表面に張り巡らされている所脈に沿って流れます。つまり静脈の流れが鈍くなると、リンパ液の流れも悪くなります。冷えの状態は、リンパ液の働きも弱っている可能性が高いのです。これがむくみを引き起こす原因となっています。
ミネラル豊富な『国産の海洋深層水一覧』

This entry was posted in 水の知識.