月別アーカイブ: 2010年8月

コーヒーでわかる水の善し悪し

体にいい水を飲むことがいかに大切か?はわかりました。が、実際売られているミネラルウォーターや水で分別をつけるのは困難です。
ひとつ水を選ぶ基準になるポイントがあります。
自分の体にあった水を見つけるのはそれなりに大変ですが、
コーヒーを入れたときに、コーヒーの表面に油が浮いているのを見たことがありませんか?
これはコーヒー豆が湿気っているか使っている水がよくないかのどちらかです。
普段、コーヒーを入れている時に使っている水(たとえば、ウォーターサーバー、ミネラルウォーターなど)で確認するとすぐにわかります。

よい水を使ってコーヒーを入れると油分が分解されるので表面に浮いてくることはありません。
普段、購入しているミネラルウォーターを使ってコーヒーを入れてみるとその水の善し悪しがわかります。
本サイトでもとりあげた
コーヒー(珈琲)に最適な水でコーヒーをおいしく飲むといいでしょう。
コーヒーのおいしさは個人個人異なりますので軟水、硬水を使い分けるといいでしょう。

軟水
・コーヒー豆の香りと味わいを引き出します。
・酸味を強調します。
硬水
・カルシウムが多いと苦味を抑える
・マグネシウムが多いと苦味と渋味を強調する。


14種類以上のカフェメニューを一台で楽しめる/ネスカフェ ドルチェ グスト

余談ですが、肉野菜をゆでたときに出るアクによっても水の善し悪しがわかります。細かい泡をともなったアクが出る場合は、比較的よい水ですが、反対にボコボコと大きな泡を吹くアクがでるのは悪い水の証拠です。
よい水には、蒸発しにくいという特徴もあります。
これは、クラスター(水を構成する分子)の大きさによるものですが、分子が小さいほど水に近く、大きければ悪い水ということになります。
コーヒーを入れる際、料理をする際に使っている水を診断してみましょう。

コーヒーは、超軟水がおいしく入れられます。

水を摂取するメリット(その4)

便秘解消

便秘解消は肌美人への必須条件。朝起きたときに飲む水便秘解消に効果があります。起きてすぐに体は、交感神経が胃腸の働きを抑制しています。起床時にコップ1杯の水を飲むことで副交感神経が目覚め優位になり、胃腸の働きが活発になり便をおしだそうとします。
水を飲んでも効果がでない場合は、少し冷えた水をコップ2杯飲んでみましょう。
便秘解消はこちらのサイトで専門的な情報が閲覧できます

ミネラルの補給

水は、体に必要な栄養素であるミネラルを補給します。

肌が美しく

肌は血液から酸素や栄養をもらっているので血流が悪くなるとスムーズに栄養補給ができません。ミネラルが不足すると、シミやそばかす、肌荒れ、くすみ、乾燥などの肌トラブルが起こります。できれば必要なミネラルバランスを十分に含み、血液の改善にも役立つ水を摂取することが大事です。
また、人間の細胞は、たっぷりの栄養と酸素があってこそみずみずしさを保つことができるのです。女性を悩ませる色素沈着によって起こる目の下のクマは、新陳代謝を高めることで皮膚が生まれ変わり除々に改善されます。
また酸素が行き渡らないために汚れた血液がたまってしまい、黒ずんで見えることもあります。タバコも血管を収縮させるため、血液の流れが鈍くなり、肌がくすみます。
血液の流れをよくすることは究極の美容法でもあるのです。
朝起きた時に飲むコップ1杯の水はミネラル豊富な国産の海洋深層水

水を摂取するメリット(その3)

水を飲むことでの潤いは体の様々な不快な症状や問題を解消してキレイにしてくれます。

水を飲んで老廃物を出す

体内に入った水は腸を刺激。水分量の増えた便は、スムーズに腸内を移動できるようになり、お通じが規則正しくなります。水をこまめに飲むと宿便が解消されて腸内環境、またリンパ液の流れが改善され、水分代謝のいい元気な体に変化していきます。脂肪の燃焼が促進され、結果ダイエットにもなります。

水でダイエット

ダイエットには有酸素運動が効果的だと言われています。有酸素運動というのは、ウォーキングや水泳など。一定の呼吸で継続的に行う運動のことです。体に蓄積されてしまった脂肪を燃焼させるには、酸素が必要であり、効率のよいダイエットのためには多くの酸素を取り込める有酸素運動が欠かせません。
酸素を運ぶのは血液の役目です。体に酸素が行き渡らないと脂肪は燃焼しません。また有酸素運動をしているときは、汗をかくので血液が濃くなります。
一定の水分を摂取することもエクササイズのひとつと考えるようにしましょう。
セルライトの存在も気になります。太股やお尻のあたりの皮膚がぼこぼこと波打っていませんか?
これは、血液の循環が悪くなってきた脂肪の固まり。市販のスリミング剤に頼らずにまずは、食生活を見直します。
食生活を見直した後、水の摂取を積極に行います。
水は代謝をよくし、体の中で滞っている不要な水分を排出する働きがあります。ダイエットの大敵である便秘にも威力を発揮します。
ダイエットしたい人こそ水が必要なのです。
脂肪を燃焼させるダイエットに欠かせない酸素水一覧などがおすすめです。

水を摂取するメリット(その2)

水を積極的に摂取することにより血液がサラサラになり、脳へいい影響を与えます。

サラサラ血液

「サラサラ血液」「ドロドロ血液」という言葉はニュースや通販番組などでもよく耳にします。血液の液体部分(血っしょう)の90%は水分であり、常に新鮮な水を取り込むことでサラサラ血液を維持しているのです。ドロドロ血液の状態が長く続くと、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などを引き起こしやすくなります。日本人の死因の上位を占める脳梗塞や狭心症は動脈硬化が原因です。つまりドロドロ血液が原因なのです。水で体を潤すことは、血液をよくし血液の老化を防ぎます。

ぼけの予防

高齢化と共に社会問題となっているのが認知症です。老化にともなって発症しやすくなるのが、脳が萎縮するアルツハイマー病です。
これとは、別に脳梗塞や脳出血によって脳細胞の一部が壊れてしまう脳血管性のものがあります。どちらも決定的な治療法が確立されていないのが現状です。これらを予防する研究がすすめられていますが、特に脳血管性のものは、血液の流れや成分をコントロールすることで発症の頻度を下げられることができるのです。
サラサラ血液を保つことがどのくらい大事なことがおわかりいただけたと思います。

脳梗塞の予防

脳梗塞の予防は、朝起きて伸びをしてコップ2杯の水を飲むことからはじまります。人間は寝ている間も汗をかいています。体から水分が奪われると血液の濃度は高まりドロドロ血液に近づきます。
朝方に脳梗塞を起こす人が多いのも、1日のうちで一番血液が濃くなっている時間帯だからです。
夜寝る前に水を飲むことも脳梗塞の予防には効果絶大です。
「寝る前、起きたときに水を飲む」は習慣にしたい健康方法でもあります。

水を摂取するメリット(その1)

水を積極的に摂取することにより体を潤すとどんなメリットがあるのでしょうか。ひとつずつ検証します。

脳に酸素を送る

人間の脳は75%が水分でできています。脳が水分を一番必要としている臓器なのです。人間は脳が正常に働くことで人間らしく生きていくことが出来るのです。
飲んだ水は、1分後に血液と一緒に脳に送られます。酸素を脳の毛細血管のすみずみまでたっぷりと行き渡らせるには、常温の水を少しずつこまめに飲むことが大切です。
夏の暑い時期によく聞く脱水症状とは、脳に水分が行き渡らないために組織を動かす指令が出せない状態のことをいいます。体に必要な水分を調節する機能がうまく働かないのです。十分な水分を摂ることで血液循環がよくなり、脳は活性化されるのです。
脳は体を統括する中枢、まさに司令官です。脳への水分補給を忘れずに行いましょう。
→毛細血管まで届く海洋深層水一覧