イタリアの水」タグアーカイブ

ヨーロッパのミネラルウォーター 一覧

ヨーロッパのミネラルウォーターの特徴は、石灰岩質の地層が多い理由から日本とは違い硬度の高い水が多く、ほとんどが滅菌処理をおこなわずに自然のままの水がボトリングされています。
EU加盟のヨーロッパ諸国では、ミネラルウォーターに関して次のような厳しい統一基準が定められています。

  • 殺菌処理を行わない
  • 添加物などを一切加えない
  • ミネラルバランスがよく規定量以上含んでいること 飲み続けることで健康によいことが医学的に証明されている
  • 地下水源から空気に触れさせずにボトルに詰めている
  • 採水地周辺の環境保全が管理されている

などです。
日本より数十倍も厳しいという基準をクリアーしているヨーロッパのミネラルウォーターに健康・美容効果が高いのはこのためです。

ヨーロッパのミネラルウォーター 一覧〔ミネラルウォーター カタログ〕概要と栄養素

サンペレグリノ (イタリア)
アクアパンナ (イタリア)
クールマイヨール (イタリア)
スルジーヴァ・ミネラルウォーター ナチュラル (イタリア)
ゴッチアブルー (イタリア)
サンベネデット (イタリア)
フェッラレッレ ナチュラルミネラルウォーター (イタリア)
ガルヴァニーナブルー (イタリア)
ベルニーナ (イタリア)
シャテルドン (フランス)
クリスタリン (フランス)
ボルヴィック (フランス)
ヴィッテル (フランス)
ペリエ (フランス)
コントレックス (フランス)
ハイドロキシダーゼ (フランス)
オレッツァ (フランス)
ヴィッチーカタラン (スペイン)
サンタニオル ナチュラルミネラルウォーター (スペイン)
ゲロルシュタイナー (ドイツ)
オキシジェンオーツー (ドイツ)
エンジンガー スポルト (ドイツ)
ティナント (イギリス)
ヒルドン スティル (イギリス)
ディーサイド ナチュラルウォーター (イギリス)

ゴッチアブルー ナチュラルミネラルウォーター

イタリアのミネラルウォーター 『 ゴッチアブルー 』 に関する情報です。

イタリア語で「水滴」という意味のネーミングをもち、鮮やかなブルーのボトルが目を引き印象的な  『 ゴッチアブルー 』。ファッショナブルなイタリアからやってきたミネラルウォーターです。

ナチュラルミネラルウォーター 『 ゴッチアブルー 』

ナチュラルミネラルウォーター 『 ゴッチアブルー 』

『 ゴッチアブルー 』の採水地は、イタリア中部 マルケ州の 「 フラサッシ鍾乳洞 」にあります。15万年前に形成されはじめたといわれていて、浸食によってできた鍾乳洞としてはイタリアで最大規模を誇るフラサッシ鍾乳洞の内部は、まるで芸術品のようだといわれています。

ここで採水された天然水は、硬度 265.95 mg/L の中硬水としてミネラルバランスに優れています。硬水は飲みづらくて苦手だけどミネラルは摂りたいという人に向いています。ミネラルが豊富で、サルフェートも含まれていて、体内の循環を向上させるミネラルウォーターです。

地中海の青い海をイメージしたというとてもきれいなブルーボトルは、手になじむようにつくられた形状で、実用性だけでなく美しさまでが追求されたデザインになっています。ヨーロッパ各国のほか、カナダやオーストラリアなど、世界 20 ヶ国以上に輸出され、愛飲されています。

ゴッチアブルー には、こちらで紹介している無発泡(ナチュラル)のほか、スパークリングタイプの フリザンテ があってそれぞれ人気があります。内容量については、ペットボトルの 500ml、1000ml、1500ml があります。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱水
原産国 イタリア
採水地 マルケ州アンコナ
栄養成分 / 100 ml あたり
  • カルシウム( 9.95 mg )
  • マグネシウム( 0.43 mg )
  • カリウム( 0.2 mg )
  • ナトリウム( 1.99 mg )
  • 硬度( 265.95 )
  • pH ( 7.3 )

ヨーロッパのミネラルウォーターの一覧はこちら

国産の中硬水が飲みたい人はこちら、国産ミネラルウォーター 中硬水 一覧(硬度 101 ~ 300 )