炭酸水」タグアーカイブ

オレッツァ 炭酸水 フランス コルシカ島の天然水

ミネラルウォーター オレッツァ に関する情報です。 フランス の コルシカ島 に湧き出る幻の 鉱水 オレッツァ ( OREZZA )。万年雪に覆われた高山からの澄んだ豊富な水に恵まれた、名水の宝庫であるコルシカ島の ナチュラルミネラルウォーター ( 微発砲水 )です。

オレッツァ 炭酸水

オレッツァ 炭酸水

オレッツァ 爽やかなのど越しのテーブルウォーター

コルシカ島 はフランス本土とは異なり、手つかずの自然が多く残されている場所です。 2000 メートル級の山々が連なっていて、面積のほとんどが山岳だといいます。そんな コルシカ島 の源泉から湧き出した水 オレッツァ は、カルシウムと重炭酸塩が豊富でナトリウムが少ないので、爽やかなのどごしで、フレンチとの相性が抜群、食事のお供にぴったりです。そして、毎日のミネラル補給にも適した水です。フランス の スパークリングウォーター というと ペリエ が広く知られていると思いますが、パリの一流フレンチレストランではこちらの OREZZA ( オレッツァ )が提供されています。

オレッツァ の水は、コルシカ島 ラパッジオ渓谷 の伝統ある名水の地であり、炭酸水脈のある唯一の水源地から採水されています。その後オレッツァ の工場では、 EU の厳しい基準を満たした最新設備によって、原水が持つ高いクオリティーをそのまま壊さないようボトリングされています。

ラパッジオ渓谷 の オレッツァ の採水地は 19 世紀には療養地として正式に認定され、ヨーロッパ各地から多くの人が訪れたといわれています。第二次世界大戦では北アフリカ戦線にこの水が送られて、兵士たちを潤したという歴史もあります。

名称 炭酸入りナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱水
原産国 フランス
採水地 コルシカ島 ラパッジオ渓谷
ミネラル成分 / 100 ml あたり
  • カルシウム ( 18.5 mg )
  • マグネシウム ( 1.65 mg )
  • カリウム ( 0.155 mg )
  • ナトリウム ( 0.69 mg )

硬度( 664.7 mg/L ) pH 値( 5.5 )

※ 成分表示に関しては、天然水ですので採水時期などによって若干の差が出ることがあります。

ヨーロッパのミネラルウォーター 一覧

サンブノワ (フランス産の炭酸入りミネラルウォーター)

フランスのミネラルウォーター 『 サンブノワ 』に関する情報です。

豊かな自然に育まれた天然地下水を用いた サンブノワ

『 サンブノワ 』はフランス生まれの炭酸入りミネラルウォーターです。この サンブノワ には、フランスのオルレアンの森と、美しいロワール河が育んだ純粋な天然地下水が使用されています。
炭酸の量は 200 KPa 、ほどよい刺激で、すっきりと爽やかな飲み口です。シャンパンに近い爽やかな発泡感があり、すっきり飲めます。

サンブノワ の源泉は、フランス・オルアレンの森とロワール河のソローニュ地区の間にあり、フランスのほぼ真ん中に位置します。石灰岩や砂利等が交互に複雑な形成をしている地層によって、ゆっくりと時間をかけてろ過された、広大な地下水帯にあります。

サンブノワの源泉近くには、15 世紀の英雄となったジャンヌ・ダルクが立ち寄ったといわれているサンブノワ教会があります。

炭酸水  『 サンブノワ 』

炭酸水 『 サンブノワ 』

爽やかな飲み口の炭酸入りミネラルウォーター

炭酸入りミネラルウォーターは、疲労回復や食欲増進、消化促進、血行を良くするのに効果的です。そして、爽やかな飲み口で喉を潤すだけでなく、食事の間にもアルコール等の代わりに、口の中をすっきりと洗い流してくれます。

サンブノワ の硬度は 132 mg/L で、ヨーロッパ産のミネラルウォーターとしてはそれほど高くはない、中硬水です。弱アルカリ性、そして低ナトリウムで飲みやすく、体に優しいのが特徴です。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱泉水
原産国 フランス
採水地 サン・マルタン・ダバ
栄養成分 / 100 ml あたり
  • カルシウム( 4.61 mg )
  • マグネシウム( 0.43 mg )
  • カリウム( 0.35 mg )
  • ナトリウム( 0.63 mg )
  • 硬度( 132 )
  • pH ( 7.65 )

海外のミネラルウォーター 炭酸水 の一覧はこちら

ヨーロッパのミネラルウォーター 一覧はこちら

ゲロルシュタイナー ミネラル 成分と天然炭酸のバランスのよい水

ドイツ生まれの天然炭酸水 ゲロルシュタイナー に関する情報です。

ゲロルシュタイナー 天然炭酸水

ゲロルシュタイナー 天然炭酸水

ゲロルシュタイナー 硬度が高くても爽やかで飲みやすい、きめ細かな泡の天然炭酸水

ゲロルシュタイナー は、硬度が 1310 mg/L の 超硬水 の 天然炭酸水 。ドイツ西部のアイフェル高地の町 ゲロルシュタイン で採水・ボトリングされています。通常、硬度の高い硬水は、軟水と比較すると独特の飲みにくさが感じられるのですが、 ゲロルシュタイナー は硬度が高いにもかかわらず飲みやすく、天然炭酸ガスのきめ細かい泡立ちが特長です。シュワシュワの爽やかな炭酸で、気持ちよいのどごしが楽しめるナチュラルスパークリングウォーターです。

採水地 ゲロルシュタインのあるアイフェル高地は、ユネスコのジオパークにも指定されている貴重な地質遺産で、ゲロルシュタイナー は、このアイフェル高地の大自然に育まれた自然の恵みの賜物といえるでしょう。

きめ細かい泡立ちの天然炭酸ガスと豊富なミネラルは、食事との相性がバッチリで、日常の飲料水としても、ドイツで最も親しまれている水なのです。硬度は高いものの、天然の炭酸が含まれているので、硬水特有の飲みにくさは少なくなっています。きめ細かな泡で飲みやすいミネラルウォーターで、冷えているとさらにおいしさが増します。

ゲロルシュタイナー には、こちらで紹介している 500 ml ペットボトルのほか、1000 ml ペットボトルもあります。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱泉水
原産国 ドイツ
採水地 ゲロルシュタイン
ゲロルシュタイナー

ゲロルシュタイナー

ゲロルシュタイナー 成分

ミネラル成分量 / 500 ml あたり
    • カルシウム( 180 mg )
    • マグネシウム( 50 mg )
    • カリウム( 5 ~ 9 mg )
    • ナトリウム( 61 mg )
    • 重炭酸イオン( 885 mg )

硬度( 1310 mg/L ) pH ( 6.5 )

ゲロルシュタイナー は現在在庫がありません

※ ゲロルシュタイナー は、2022年3月末で日本での販売が終了となっています。

海外のミネラルウォーター 炭酸水 の一覧はこちら

ヨーロッパのミネラルウォーター の一覧はこちら