名水百選通販」カテゴリーアーカイブ

阿蘇 白川水源 名水百選 雄大な白川水源からの湧き水

日本名水百選に選定されている白川水源を用いたミネラルウォーター 阿蘇 白川水源 の紹介です。

熊本のおいしい天然水 阿蘇 白川水源

熊本県の南阿蘇村にはおいしい水を生み出すいくつもの水源があるのですが、白川水源( しらかわすいげん )はその中でも特においしい水といわれていて、日本の名水百選にも選ばれています。
阿蘇の雄大な水源地域である白川水源は水量が豊富なことでも有名で、 1 年間に 3,000 万立方メートル以上の水が湧き出ているといわれています。南阿蘇村の人々が利用する水の多くは阿蘇の山々で蓄えられ、地下をくぐって南阿蘇村で湧出しているのです。長い年月に渡って地下を流れる途中で、炭酸ガス、鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが溶けこみ、おいしさが増しています。

地元の人々の間では古くから水に対する信仰があったようで、採水地の近くには白川吉見神社があり、水神さまが祀られています。水源の水は、自由に持ち帰ることができるようになっています。
その清らかでおいしい水をペットボトルやタンクに詰め込んだのが、ナチュラルミネラルウォーター 阿蘇 白川水源 です。

ナチュラルミネラルウォーター 『 阿蘇 白川水源 』

ナチュラルミネラルウォーター 『 阿蘇 白川水源 』

ボトリングには非加熱紫外線殺菌を採用

熊本平野を潤す一級河川「白川」の源のひとつ、白川水源から湧き出る水を利用し、おいしい水を安心して飲むことができるように、細心の注意をはらって製造されています。美しい湧水を、ろ過と幾重ものマイクロフィルターを経て、紫外線殺菌処理にとどめ加熱処理をしていないため、名水本来のおいしさをそのまま味わうことができるのです。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 湧水
採水地 熊本県阿蘇郡南阿蘇村
栄養成分/ 100 ml あたり
  • カルシウム ( 2.3 mg )
  • マグネシウム ( 0.6 mg )
  • カリウム ( 0.4 mg )
  • ナトリウム ( 1.0 mg )
  • 硬度 ( 85 )
  • pH ( 7.1 )


国産のミネラルウォーター 軟水(硬度 51 ~ 100 )の一覧

九州・沖縄のミネラルウォーター 一覧はこちら

月山自然水 山形 月山山麓から湧き出る名水

ミネラルウォーター 月山自然水 ( がっさんしぜんすい )に関する情報です。

ナチュラルミネラルウォーター 月山自然水

ナチュラルミネラルウォーター 月山自然水

月山自然水 ( がっさんしぜんすい ) は、山形の出羽三山の主峰「 月山 」( がっさん )のブナの森林で育まれ、長い年月をかけて湧き出した良質な天然水をボトリングした、ナチュラルミネラルウォーターです。日本の 名水百選 にも選ばれた、月山山麓の湧き水が使用されています。

月山は出羽三山のひとつとして、遠い昔の時代から信仰の山とされてきました。山形県の中央にそびえ、万年雪を頂く優麗な姿で、県を代表する山として親しまれています。

その月山に降る雨や雪は、ブナの森林に磨かれ長い年月をかけて山麓に湧き出します。ブナの森は織毛状の根や地表に積もった腐葉土によって、そこに降る雪や雨をゆっくりとろ過しながら保水をすることから『 緑のダム 』ともいわれ、ここで磨かれた水は、おいしい自然水となっていきます。それらは、まさに、霊峰 月山からの自然の恵みなのです。

採水後は湧き水にはいっさい手を加えず、セラミックフィルターでろ過し、非加熱殺菌して、ミネラルなど自然の成分をできるだけそのままにしてペットボトルに詰められています。炊飯をはじめいろいろな料理に、コーヒーや紅茶に、そして、普段飲む水として適した軟水です。

環境省によって平成 27 年におこなわれた 名水選抜総選挙 では、「 おいしさが素晴らしい名水部門 」において、この 月山自然水 が第 4 位に選ばれています。多くの人においしさが認められたミネラルウォーターなのです。

水源地である西川町は「水源の町」を宣言していて、『 水の郷 』として国土交通省から認定を受けています。水源地域の保全や整備などの活動を通じ、地元の人々の水を生かした町づくりが認められた結果です。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 湧水
採水地 山形県西村山郡西川町
栄養成分 / 100 ml あたり
  • カルシウム ( 0.42 mg )
  • マグネシウム ( 0.35 mg )
  • カリウム ( 0.06 mg )
  • ナトリウム ( 0.54 mg )
  • 硬度 ( 23 )
  • pH ( 7.0 )


【山形の水】月山自然水 500ml

国産ミネラルウォーター 超軟水 (硬度 0 ~ 50)の一覧はこちら

北海道・東北地方のミネラルウォーター 一覧 はこちら

『 羊蹄のふきだし湧水 』 名水百選に選ばれた北海道の水

羊蹄のふきだし湧水 は、日本の名水百選にも選ばれた北海道の水です。降り積もった雪や雨が長い時を経て湧き出した、歴史ある清冽な湧水です。

水源は、北海道南西部で最も高く、蝦夷富士の別名を持つ名峰「羊蹄山」。溶岩でできているため、雪解け水や雨水のほとんどは地下水に浸透し、長い地下水脈を経て山麓の何箇所もから一気に噴きだしています。この羊蹄山(ようていざん / 1893 m )の雪解け水は、山のふもとで毎日 7 〜 8 万トンもの水を噴きだしているといわれています。
その中でも最大の湧水量を誇るのが、羊蹄山麓の北東部にある京極町の「ふきだし水源地」です。名水の里として、開拓時代から現在に至るまで北海道の人々に守られてきました。観光用の水汲み場としても人気で、にぎわっています。採水場には遠方からもたくさんの人々が訪れ、清らかな天然の湧き水に魅せられています。

降った雨や降り積もる雪が岩肌に染み込み、半世紀以上をかけて羊蹄山の地層をフィルターとして天然濾過され育まれたナチュラルウォーター。その湧水は、ひんやりと冷たく、まろやかですっきりとした軟水です。容器には、環境にやさしく、ごみ処理に適応した、独特の形状のスタンディングパウチの容器が使用されたものもあります。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱泉水
採水地 北海道虻田群京極町
栄養成分 / 100 ml あたり
  • カルシウム( 0.17 mg )
  • マグネシウム( 0.22 mg )
  • カリウム( 0.17 mg )
  • ナトリウム( 0.89 mg )
  • 硬度( 13 )
  • pH ( 7.3 )
羊蹄のふきだし湧水は、現在取り扱いがありません。

国産のミネラルウォーター 超軟水(硬度 0 ~ 50 )一覧

北海道・東北のミネラルウォーター 一覧はこちら