月別アーカイブ: 2010年9月

井戸水や湧き水の安全性

検査するのは問題が起きてから

地中に含まれているたくさんの化学物質は、雨によって河川に流れ込み、10年~20年の歳月をかけて地下に浸透していきます。井戸水はその地中から水をくみ上げるのですから、当然不安です。
日本の飲み水は1000メートル以上掘らなければ飲めない。という意見もあります。しかし実際に地下1000メートルから汲み上げる井戸水というのは一般的ではありません。
井戸水は半年に一度保健所によって水質検査が行われます。
まず調べられるのは、一般細菌や大腸菌の類です。それ以外の化学物質などについては、別の検査が必要になります。
記憶に新しいとこでは、数年前に茨城県のある街では飲用井戸水から基準値をはるかに上回るヒ素が検出されたというニュースがありました。
多くの住民が以前から体調不良を訴えていたのですが、問題が大きくなってからでないと行政が動かないのが実状です。
湧き水は数十年、数百年という長い時間をかけて地上に姿をあらわすものです。
様々な地層をくぐりぬけ、豊富なミネラルを含んでいます。実はこの湧き水からも大腸菌が検出されたという報告がありました。
降ったばかりの雨が地中にしみこみ湧き水となって出てきたものと考えられています。
このように普段の生活でも安全と思っているような水でも安全が確立されていない場合もあるのです。

ガス湯沸かし器、浄水器の安全性

ガス湯沸かし器の安全性は?

ガス湯沸かし器を通した水道水の安全性はどうでしょう?
湯沸かし器のパイプには、鉛が使われています。古くなればなるほど鉛が溶けやすくなり、パイプを通る水と混ざってしまいます。鉛は、中枢神経を麻痺させしびれなどを引き起こす危険性があるので注意が必要です。

浄水器の水の安全性は?

浄水器も正しい使い方で有害物を除去したクリーンな水を飲んだり使用することができますが、使い方を誤ってしまっては逆効果になる場合もあります。
たとえば、カートリッジを交換時期いっぱいまで使用して乾かすと、黒や茶色、ぴかぴかと光るものがくっついているのがわかります。実はこれらは、病原微生物とカビの集団です。
水を出しっぱなしにしていれば問題ないのですが、止めてしまうと蛇口の名かに水が滞留してたまってしまいます。
この水にバクテリアやカビが発生して蛇口を汚しているのです。
これでは水道水を直接飲んだ方が安心です。浄水器も使い方を誤って使ったのでは意味がありません。

電子レンジは大丈夫?

電子レンジで水を温めると、含まれている金属製のミネラルや栄養分が壊れてしまいます。
どんなによい水でも電子レンジに入れることは避けたいものです。
料理の時も電子レンジを活用したレシピがたくさん紹介されていますがこれも少し考えたほうがいいです。
命の源である水も正しい摂取をしないと本末転倒になってしまうのです。

日本一汚染されている水

水道水は大丈夫なの?

琵琶湖を水源とする大阪周辺の水は、日本で最も汚れている水の代表です。琵琶湖の周辺には、たくさんの住宅地があり、そこから流れ出る生活排水が汚染の原因です。

淀川は、琵琶湖の水を大阪湾に運んでいる河川で上流の木津川周辺には、し尿処理場が3カ所、下水処理場が13カ所も点在しています。
しかもこの淀川には大阪市民の水道水のもととなる浄水場の取り入れ口もあります。
琵琶湖周辺で不要になった様々な生活排水を飲み水として再利用していることになります。

こういう環境下で塩素による消毒は果たして有効なのでしょうか?
塩素は殺菌作用は強力ですが、第二次世界大戦中には、ドイツ軍が毒ガス兵器として使った塩素ガスと同様のものです。
日本では、昔シラミの予防にも使われていました。髪の毛に直接噴霧されていましたが皮膚ガンを起こす原因となる発ガン性の危険を指摘され以来、使用中止となっています。
危険だとわかっていても、現在の日本では、水質を意地するために一定量を使わざるを得ない状況です。
世界的に問題となっている環境問題に「酸性雨」もあります。
自然の雨でさえ本来は、弱い酸性雨なのです。酸性雨と報道されているのは、それよりも強い酸性の雨のことを指します。
酸性の強度はPHであらわしますがPHが低い値ほど酸性は強くなります。
ちなみに酸性雨というのは、PH5.6以下の雨のことをいいます。
酸性雨の直接的影響は、目やのどや鼻に刺激を感じるなどがあります。
また、酸性雨により変質した水道水の水を飲むことにより、髪の毛の色が変色する場合もあります。
美しい自然の中ではぐくまれた天然水、世界自然遺産 白神山地の天然水 豊かなブナ林が自然に濾過した純粋に近いまろやかな非加熱のナチュラルウォーターです!

青森県と秋田県をまたぐ広い原生林「白神山地」。
白神産地は世界最大級のブナ原生林と、そのブナ林が支え育んできた貴重な動植物が分布する、極めて価値の高い生態系を有する地域であることが認められ、1993年に屋久島と並び、日本初の世界自然遺産に登録された貴重な山地です。
白神山地には、ほとんど人為的な影響を受けていない1,000メートル級の山々と、落差のある美しい滝が存在し、豊かな森には特別天然記念物のニホンカモシカや天然記念物のクマゲラ、イヌワシなど動植物が自然の生態系を残して数多く生息しています。
私たち人間が、後世に長く長くこのままの姿で残してゆくべき、すばらしい自然が溢れる豊かな原生林なのです。

アトピー性皮膚炎に効く水

病原性生物による危険

病原性生物は水道管の工事の際などに混入するリスクがあります。その主なものが肺炎を引き起こすおそれのある緑膿菌です。緑膿菌は、セラミドを分解するセラミターゼという酵素を持っています。セラミドは皮膚の内側にあって肌の中の水分が逃げるのを防いだり、外的な刺激から肌を防備しています。このセラミドの量が減少してしまうと、アトピー性皮膚炎などを引き起こすケースが見られます。
アトピーに効果のある水というと、酸性水、超酸性水が考えられます。

酸性水

浄化過程を経た水道水を電気分解して生成された水でphが6以下の酸性を示します。特に酸性水の中でもphが1~3までの酸性の強い水のことを言います。

超酸性水

酸性水の主な作用は、殺菌作用です。アトピーの原因のひとつに皮膚の殺菌があり、皮膚の細菌の中でも武道球菌がアトピーを悪化させます。
そのブドウ球菌を殺菌するのが酸性水です。
酸性水は、医療機関で皮膚の細菌を消毒する消毒療法の1つとして使用されており、アトピーでも酸性水を使用して、効果がでることがわかっています。
ただ、酸性水が合わない体質の人もいて、使用の際には、医師の指示のもと使用したほうがいいでしょう。
そして緑膿菌は塩素でも死滅することがありません。ウィルス性、バクテリア性の病原菌は、塩素によって全滅させることができます。
しかし、生活排水や環境汚染などによって塩素の使用量が増えると、発ガン物質であるトリハメタンが発生する可能性があります。
生活環境や地球環境を根底から見直すことがいかに大切かです。

塩素の恐怖

日本人の年間洗剤使用量は9.38kg

水は、塩素や亜鉛、水銀などの有害な不純物により汚染されています。また、し尿、工業排水、合成洗剤・農業排水などの有害物質からの影響も心配されています。
日本人が年間に使う合成洗剤の量は、約9.38kgです。これはアメリカの21.2kgやヨーロッパの15.2kgを大きく下回る値ですが、飲み水や環境生物にとって決して安心できるものではありません。
有害物質が常に流れ込むことによって本来自浄作用が備わっているはずの河川の汚濁はとどまることを知りません。下水処理現場では、微生物による分解が行われにくくなります。つまり様々に汚染された水を浄化・消毒するためには、より多くの塩素が必要になってしまうのです。
トリハロメタンは、光にあたることでより一層毒性を強化します。また、有機物の腐敗や発酵によってメタンやエタンが発生します。メタンは、地球温暖化物質でもあり、大量に発生することは問題です。