井戸水や湧き水の安全性

検査するのは問題が起きてから

地中に含まれているたくさんの化学物質は、雨によって河川に流れ込み、10年~20年の歳月をかけて地下に浸透していきます。井戸水はその地中から水をくみ上げるのですから、当然不安です。
日本の飲み水は1000メートル以上掘らなければ飲めない。という意見もあります。しかし実際に地下1000メートルから汲み上げる井戸水というのは一般的ではありません。
井戸水は半年に一度保健所によって水質検査が行われます。
まず調べられるのは、一般細菌や大腸菌の類です。それ以外の化学物質などについては、別の検査が必要になります。
記憶に新しいとこでは、数年前に茨城県のある街では飲用井戸水から基準値をはるかに上回るヒ素が検出されたというニュースがありました。
多くの住民が以前から体調不良を訴えていたのですが、問題が大きくなってからでないと行政が動かないのが実状です。
湧き水は数十年、数百年という長い時間をかけて地上に姿をあらわすものです。
様々な地層をくぐりぬけ、豊富なミネラルを含んでいます。実はこの湧き水からも大腸菌が検出されたという報告がありました。
降ったばかりの雨が地中にしみこみ湧き水となって出てきたものと考えられています。
このように普段の生活でも安全と思っているような水でも安全が確立されていない場合もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください