日本の水道水も危険?

日本の水道水も汚染が進んでいるといわれています。自分の健康を守るために、水道水の善し悪しも見分けていく必要があるのです。
水道水からカルキ臭がしたり、カビ臭いということはありませんか?
それには様々な原因が考えられます。
消毒用の塩素、水源となる河川の生活排水による汚染、配水管やマンション受水水槽の汚れ、水道管に付着した赤サビなどが代表的なものになります。
水源となるダムや河川で異常発生したコケやアオコなどの藍藻類がカビ臭物質をつくることによって水道水はドブ臭くなったり、カビ臭くなったりします。
藍藻類は本来、水をキレイにする力を持っていますが、生活排水の流入などによって水中に栄養となるリンや窒素が増えると、過剰の増殖してしまって生態系のバランスが崩れます。
ここからジオスミンやメチルイソボネオールなどの有機物が発生し臭い原因をつくるのです。
あなたの家の水道水の臭いは大丈夫でしょうか?
水道水は塩素による殺菌が必要で、残留塩素の濃度が高い時に臭います。くみ置きや浄水器を利用することでカルキ臭を取り除くことができます。
 → ピッチャータイプの浄水器の浄水性能を徹底比較

日本の水道水の水質基準は、世界的にみても大変厳しく管理されています。なかでも大腸菌に関しては、「飲料水中に大腸菌は絶対に検出されていはいけない」と決められています。
これに対しアメリカやヨーロッパでは、「飲料水中の大腸菌の混入は、100回の検査に対して5回以内なら許される」といった程度にとどまっています。
厳しい日本の基準が、高濃度塩素による人体への影響で問題を引き起こしているのです。
日本の水道水は安全なのか?については疑問が残るようになりました。
塩素は、皮膚や粘膜に何らかの障害を引き起こすことがあるのです。
また混入した汚染物質と塩素が結合して、発ガン性のあるトリハメロメタンなどの有害物質をつくり、配管の接着剤などが水道水に溶けだしている場合が考えられるのです。

 

安全なミネラルウォーターを飲みたい

超軟水の「桜島 活泉水」は極めて高いアルカリ度を誇る温泉水で、普通の水はpH(ペーハー)が7前後の中性ですが、活泉水はpHが8.8~9.5もあります。まさに身体から毒素を排出し、浄化するのに最適な水です。さらに活泉水は、強力な酸化還元力・抗酸化力を有し、身体を酸化(サビ)させにくくします。
赤ちゃんの粉ミルクの割り湯や、白湯におすすめ。
粉ミルクはミネラル調整されています。このミネラルを壊さないようバランスを保つために、硬水より軟水が安全なのです。

This entry was posted in 水の知識.