美容にも健康にもいい水の4つの条件

人の体にいい水の条件というのは様々ですが、基本的な条件としては4つあります。

  • 海と同じミネラルバランスであること
  • クラスター(水の分子)が小さいこと
  • 酸化還元力が高いこと
  • 有害物質を含まず安全な水であること

ミネラルについて詳しく調べてみます。
ミネラルはバランスよく取ることが不可欠です。

ミネラルとは?

ミネラルとは体を生成する元素です。そのうち、炭素、水素、酸素、窒素、窒素の主要元素意外のことを総称してミネラルといいます。ミネラルのうち体に必要な栄養素は16種類です。

ミネラルの体の中での働き

  • 骨や臓器など体の構成材料
  • たんぱく質や酵素や脂肪との結合
  • 体液に溶けてイオン化し細胞内のミネラルバランスを維持、神経伝達
  • ビタミンとの共同作業

例をあげると、骨や歯を作るカルシウム、血液を作る鉄などがそれぞれが特有の生理作用を持っています。
ですからミネラルはバランスよく摂取することが大切です。

酵素・ビタミンはミネラルがなければ意味がない

人間の体の中には数万種の酵素が存在しているといわれています。その機能については、まだ不明な点や明らかになっていない点があるのは事実ですが、重要なことがあります。
それは酵素が活動するにはミネラルが必要だということです。
しかも酵素によって必要とするミネラルが異なります。ここでもミネラルをバランスよく摂取することの重大さがあります。
ビタミンというのは、生き物によって作られた複雑な化合物です。酵素、たんぱく質の生成や様々な生理作用に重要な役割を担いますが、ここでもミネラルとの共同作業が多いため、ビタミンだけのを一生懸命に摂ってもミネラルがなければ意味がないのです。
老人性の黒いシミはビタミンE摂取不足によるものですが、ビタミンEの摂取と同時にセレニウムがなければ効果はみられません。

ミネラルの摂取が難しい現代の食事事情

少し前までならミネラルは食事から摂取していましたが、最近のインスタント食品、加工食品に囲まれた食事からはミネラルを上手に摂取することができません。農作物にも化学肥料が使われることによりミネラルが摂取できません。また、人工甘味料、防腐剤、農薬、魚介類の養殖に使われる抗生物質や薬品なども人体には害です。

にきびや宿便などの原因はミネラルアンバランス?

細胞の中にあるカリウムは細胞内の外にあるナトリウムとのバランスによって、神経の伝達や血圧の上げ下げを行っています。カリウムが増えると血液の水分は細胞内に移動して血圧を下げます。ナトリウムが増えると水分は血管に移動して血圧を上げます。ナトリウムが増えるとカリウムも使われるので、カリウムの補充が必要です。カリウムは筋肉が働くためのエネルギーをつくります。
カリウムの欠乏は、血圧上昇、筋肉疲労、不整脈、腸活動の不調、糖尿病などの原因になります。にきびや吹き出物はカリウムの不足の原因である場合があります。
カリウムを十分に摂取することにより便秘、宿便、体臭などが改善されます。
カリウムを十分に摂取するならクリスタルガイザーがおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください