体にいい水の条件 | 有害物質を含まない安全な水

いい水の条件として最終的に一番重要視したいのが有害物質を含まない安全な水であるということがいえる。
今の水道水は塩素や鉛、水銀などの有害物質に汚染されており、井戸水にすら土壌に汚染された化学物質が浸透しており安全と言えません。
湧き水にも疑問が残ります。浄水器にさえカビや細胞の繁殖を抑えることができないと言われています。
汚れた水を飲み続けることによる害は、体内に少しずつ蓄積された有害物質により正常な水の代謝が行われなくなることです。
人間の体はもともと水を吸収し有害物質や老廃物を水と一緒に排泄されますが、過剰な有害物質はリンパ系、腎臓、腸などへの負担を大きくしてしまいます。
また、こういった有害物質がADHDやアルツハイマーとの関係を指摘する人もいます。
有害物質を含まない、安全な水を飲むことが健康を維持する最低部分の心がけと考えてもいいでしょう。

体の中を巡る水分

脂肪と混ざり合ってしまった有害物質は汗として排泄されます。

髪の毛

体内の有害金属が排泄される場所。髪の毛を調べると体がどの程度、汚染されているかわかります。

リンパ

体中をめぐり、体内にとどまっている有害金属や老廃物などを回収します。

腎臓

老廃物を溶かし、尿として体外に排出するために水分を必要とします。

水分が不足することにより便は硬くなり排泄しにくくなります。からだに不要なものがいつまで残ってしまいます。

体内に取り込まれた有害金属がたまる場所です。

皮膚

体内で不要になった物質は垢となり常に剥がれ落ちていきます。
体に吸収されやすく排泄能力がアップする国産の海洋深層水はこちら

This entry was posted in 水の知識.