世界でも有名な奇跡の水の本当のこと|高濃度1.2ppm以上の水素水

水やミネラルウォーター について調べると、お決まりのように出てくるのが、
「この水を飲むだけで病気が治る」
「アトピーが治る」
「不妊が治る」
といった世界各地の湧き水の存在です。

  • メキシコのトラテコの水
  • フランスのルルドの水
  • ドイツのノルデナウの水

などがそれです。
日本各地にもそういった天然水や温泉水が存在しますが、日本の場合、名水百選と呼ばれているものが多いようです。

などが代表的な日本の名水百選です。
話を戻しますが、世界にある奇跡の水には世界中の人がそういった水を求めて集まってきます。この水の「奇跡」と呼ばれる所以は一体なんなのでしょう?
実際、九州大学ではこれらの水について詳しく調べられたことがあります。
結果、ミネラル分などの含有量は普通の湧き水と大差はありませんでしたが、多量の活性水素がとけ込んでいる活性水素水であること、さらに酸化還元力が高いことが発見されました。
そう、奇跡の水の正体は、活性水素と酸化還元力だったのです。

 

活性水素とは?

通常、水を電気分解すると陰極側に「電解還元水」と呼ばれる水が生成されます。電解還元水に含まれる活性水素は、生活習慣病をはじめとする様々な病気や老化の原因と考えられる活性酸素をなくす働きがあるものをいいます。
科学的根拠が薄くきちんとした説明がつかない状況であり、議論もわかれるところですが、水素は通常、2つの水素原子が結合して水素分子の形で存在します。
しかし、ごく希に原子のままのものがみられます。これが活性水素で、この活性水素を含んだ活性水素水は特定の自然環境から生まれるとても貴重な水です。
また、活性水素水は電気的に非常に不安定ですので、時間的経過や空気にふれたり加熱したりすることによって安定した水素分子の形に戻そうとします。
つまり、活性水素水は保存が困難なのです。

同時に奇跡の水の特性である水の酸化還元力は、酸化還元電位の数値が低いほうが酸化還元力が高いのですが、これを求めているのは水素の溶存量です。
水素は軽く、物質を透過するので、今、仮にある酸化還元電位の低い水も時間経過と共に普通の水に戻ってしまいます。各地に存在する奇跡の水も同様に、取水した時はマイナスでも時間の経過と共にプラスに転じます。
つまり、本来は水源の水を水源地で飲む以外には、活性水素水を体に摂取することは、不可能なのです。

ところが、最近では、高濃度1.2ppm以上の水素水が最短10分で生成可能!(500mlの場合)になったのです。
さらに!なんと、30分間の吸入で、”水素水780リットル飲用相当”の水素を体内に取り込むことが可能です。
高濃度の水素水が生成できるのなら健康と若さをいつでも手に入れることができるのです。
高濃度1.2ppm以上の水素水が最短10分で生成可能!高濃度水素水生成器

ボトルに入った水素水が飲みたい場合は、こちら

This entry was posted in 水の知識.