国産ミネラルウォーター の安全性について

国産ミネラルウォーター の安全性に関する情報です。

国産ミネラルウォーター は安全性が高い といわれていますが、それは本当に信頼できる情報でしょうか? ミネラルウォーターの安全性間違いだらけのミネラルウォーターの知識でも述べたように、ミネラルウォーターの安全性が脅かされている現状に消費者としてはまだ不安があります。

まずは、ミネラルウォーターを販売するメーカーが増えたことです。ミネラルウォーターを販売するメーカーが一気に増加したために、悪どい業者になると源水を都心の住宅地のすぐそばから採水しているなどというような、考えられないニュースもありました。

国産ミネラルウォーター の安全性は?

国産ミネラルウォーター は安全?

それから、大量に廃棄されるペットボトルについても環境汚染であることには変わりありません。 1997 年にメーカーや容器利用業者に対して容器のリサイクルを義務づけた「容器リサイクル法」が施工されてはいますが、実際に隅々までこの法律が実施されているかは疑問が残るところです。

また、店頭に並ぶミネラルウォーター自体にも問題が発生しました。

  • 水が濁っている
  • 糸状の異物が混入している
  • 亜硝酸の混入がある

などで回収されるというトラブルが発生しました。

フランスの有名メーカーのミネラルウォーターでも、異物の混入が確認され回収になったことが大きなニュースとなりました。現代のように環境破壊がすすんでしまった社会では、地下にある水脈だから安心だという方程式は崩れてしまっているのです。

国産のミネラルウォーターは、加熱・ろ過などで殺菌( 除菌 )されてから販売されています。
昔からよく言われている「生水は危険」という感覚と、農林水産省の品質表示ガイドラインに基づいているのです。

一方、海外のミネラルウォーターに目を向けてみると、海外産のミネラルウォーターは、無殺菌のままボトリングされ販売されています。その代わりボトル内の生菌の数は厳しく制限されていて、これは、自然のままの水を飲む=自然のままの生菌を身体にとり入れる、という考え方なのです。

水は毎日飲むものと考えると、そのおいしさも重要なポイントになるのですが、飲みやすさに関しては、海外産のミネラルウォーターは硬度の高い水が多く、国産のミネラルウォーターは硬度が低く非常にまろやかで飲みやすくなっています。

本サイトでおすすめしている国産のミネラルウォーターは、次のように分類されています。

水にも体に合う合わないがある はこちら

水分摂取に関するよくある「Q&A」 上手な水分の摂り方 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください