国産のミネラルウォーターは安全性が高い

ミネラルウォーターの安全性間違いだらけのミネラルウォーターの知識でも述べたようにミネラルウォーターの安全性が脅かされている現状に消費者としてはまだ不安があります。
それはミネラルウォーターを販売するメーカーが一気に増加したためにひどい業者になると都心の住宅地のすぐそばから採水しているという、考えられないニュースもありました。
大量に廃棄されるペットボトルについても環境汚染であることには変わりありません。
(1997年にメーカーや容器利用業者に対して容器のリサイクルを義務づけた「容器リサイクル法」が施工されています。
実際に隅々までに、この法律が実施されているかは疑問です。
また、店頭に並ぶミネラルウォーターにも問題が発生しました。

  • 濁っている
  • 糸状の異物
  • 亜硝酸の混入

などで回収されるというトラブルが発生しました。
フランスの有名メーカーのミネラルウォーターから異物の混入が確認され回収に大きなニュースとなりました。
環境破壊がすすんでしまった現代社会では、地下にある水脈だから安心だという方程式は崩れてしまっているのです。
国産のミネラルウォーターは加熱・ろ過などで殺菌(除菌)されています。
本サイトでオススメしてる国産のミネラルウォーターというと国産の海洋深層水一覧です。
昔からよく言われている「生水は危険」という感覚と農水省の品質表示ガイドラインに基づいているからです。
一方、輸入物のミネラルウォーターは無殺菌のままボトリングされ、販売されています。その代わり、ボトル内の生菌の数が厳しく制限。
この考え方は、自然のままの水を飲む=自然のままの生菌を飲む。という考え方です。
輸入物のミネラルウォーターは硬度の高い水が多く、国産のミネラルウォーターは硬度が低く非常にまろやかで飲みやすくなっています。

This entry was posted in 水の知識.