奥飛騨原水 デトックス・アンチエイジングによい水

ミネラルウォーター 『 奥飛騨原水 』 に関する情報です。

『 奥飛騨原水 』は、岐阜 奥飛騨のブナ原生林に降った雨が地中深くに染み込み、地層の隙間をくぐりぬけ長い時間を経て山腹に湧出した、ナチュラルミネラルウォーター。
飛騨山中に降り渡る雨や雪が地中の深くまで染み込んで、日本最古の飛騨変成岩から成る地層と悠久の時をかけ、標高 1200 メートルほどの高原にて湧出します。その湧出時からミネラルバランスによって弱アルカリ性に保たれた、 天然アルカリイオン水 です。

地元の人々にタンナカと呼ばれているこの地区は、標高1000~1300 メートルに位置しています。降水量は多くはありませんが、広大なブナ林が樹生しているため、水が豊富です。

天然水 『 奥飛騨原水 』

天然水 『 奥飛騨原水 』

奥飛騨原水 は、さびない水

例えば鉄がさびるような、ある物質と酸素が化合することを酸化といいます。そして、酸化した酸化物が酸素を失うことを還元といいます。
水においても、その尺度を示す酸化還元電位が高いと酸化力が強いということであり、私たち人間の身体を酸性に傾かせるのです。身体が酸性になることで、身体が老化し、さまざまな病気にかかりやすくなったりします。それに対し、酸化還元電位が低いと老化を防ぐので、いつまでも若々しく健康でいられるのです。
奥飛騨原水 は酸化還元電位の値が低いので、美容にも効果が期待でき、特に女性にはうれしいデトックス・ウォーターといえるでしょう。また、肌の老化防止が期待されるシリカや炭酸水素イオンも含まれ、アンチエイジングにも効果的な ” さびない水 ” です。

100 種類以上の農薬残留検査をクリアしている

また、極微量物質を検出できる特別な分析装置を使った残留農薬検査において、120 種類すべての検査をクリアしています。これは、採水地である タンナカ高原 の水源地の周囲が水を涵養(かんよう)する広葉樹林で、農薬が混入する恐れのない環境に恵まれているためです。採水地の周辺は、ブナの原生林や広葉樹が自然のままの状態で残っている希少な場所なのです。

ミネラルバランスが良く、とてもまろやかな味わい。身体に優しい弱アルカリ性の天然水です。普段の水分補給はもちろん、硬度 30 の軟水だから、赤ちゃんのミルクにも使えます。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 湧水
採水地 岐阜県飛騨市宮川町
栄養成分 / 100 ml あたり
  • カルシウム( 1.16 mg )
  • マグネシウム( 0.13 mg )
  • カリウム( 0.04 mg )
  • ナトリウム( 0.29 mg )
  • 硬度( 30 )
  • pH( 7.8~8.5 )


そのほかのアルカリイオン水の一覧はこちらです。

奥飛騨原水を含む東海・北陸のミネラルウォーター 一覧はこちら

国産ミネラルウォーター 超軟水 一覧(硬度 0 ~ 50 ) はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください