アルプス精水

自然環境保全地域に指定された水源地、3,000m級の山々が連なる北アルプス連邦。その峰々を飾る白い雪はやがて雪解け水となり、地中深く浸透し、土壌中のミネラル分をたっぷり吸収しながら長い年月地中深くに蓄えられ、地質が自然のフィルターとなって清涼なナチュラルミネラルウォーター”アルプス精水”となります。その場でボトリングされたナチュラルミネラルウォーターで、その新鮮さと優しい口当たりが人気です。

自然環境に恵まれたこの地の地層にはメタケイ酸が多く含まれておりますが、このメタケイ酸は天然のろ過層の役割を果たすと共に、ミネラルウォーターに自然な「まろやかさ」をもたらします。このミネラルウォーターはもちろんナチュラルミネラルウォーターに分類されますが、さらに飲用温泉水の許可までうけています。
まさに「飲む温泉水」でありながら、やさしい口当たりを特徴とする硬度20の軟水なのです。
赤ちゃんのミルクや料理にも安心して使える軟水です。

□名称 ナチュラルミネラルウォーター
□原材料 深井戸水
□採水地 富山県下新川郡入善町

栄養成分/100mlあたり
  • カルシウム(4.4mg)
  • マグネシウム(2.3mg)
  • カリウム(1.3mg)
  • ナトリウム(0.37mg)
  • 硬度(20)超軟水
  • pH(7.2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください