東海・北陸のミネラルウォーター 一覧

東海、北陸地方の水の特徴としては北アルプス(飛騨山脈)や南アルプス(赤石山脈)など、高い山々がそびえることで不純物をほとんど含まないきれいな軟水が多いのが特徴的です。

駿河湾からすぐにそびえる富士山は、急激な高低差が原因で年間で東京ドーム約1800杯分もの雨や雪が降り富士山南麓に多くの名水をもたらせています。他の名水と異なり富士山溶岩質の山脈は、降った雨や雪が素早く染みこみます。
一般的な山の数十倍、緩やかな流れの河川と同じくらいの速さで地下を流れているためこの地方ででは新鮮でミネラル含有量の少ない硬水が多くなっています。高山がもたらす名答の温泉水も多いのが特徴です。

東海・北陸のミネラルウォーター 一覧〔ミネラルウォーター カタログ〕概要と栄養素

立山玉殿の湧水
黒部天然水
アルプス精水
キレアウォーター
白山新水
越前の自然水
キリン アルカリイオンの水
伊豆の天然水
飲める観音温泉
深海の泉
高賀の森水
天然アルカリイオン水 奥飛騨原水
秘水(活性水素水)
飛騨の水
宝石のしずく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください