間違いだらけのミネラルウォーターの知識

ミネラルウォーターの消費量は10年で8倍にも!

コンビニ、スーパー、ディスカウントショップ、ドラッグストアー、どこでも目にするようになったミネラルウォーター。消費量は年々増加しています。少し前までは、ミネラルウォーターの活用方法といえばウィスキーの水割りに使う業務用が大半でしたが、水道のカビ臭、発ガン物質のトリハロメタンに対する不安感やおいしい安全な水への関心が高まったことによって、一般家庭にもミネラルウォーターが普及しました。市場での伸びは10年で8倍にもなりこれからも成長を続けていきそうです。
では、ミネラルウォーターとはどういった水を差すのでしょうか?
文字通りミネラルを適度に含んだ飲水のことで生水を飲むことができないヨーロッパの地域で普及しました。
日本でのミネラルウォーターの歴史は浅く、市場も確立されていなかったため定義があいまいでした。1990年に農林水産省から「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」が示されたことで4つに分類されるようになりました。

ナチュラルウォーター

:特定水源より採水された地下水/ろ過・沈殿及び加熱殺菌意外の物理的・化学的処理を行わないもの。

ナチュラルミネラルウォーター

:特定水源より採水された地下水のうち、地下で滞留または移動中に地層中の無機塩類が溶解したもの。硬水・鉱泉水等。

ミネラルウォーター

:ナチュラルミネラルウォーターの原水と同じ/ろ過・沈殿及び加熱殺菌以外に次の処理を行ったもの。複数の原水の混合・抜気・オゾン殺菌・紫外線殺菌等。

ボトルウォーターまたは飲用水

:飲用適の水・純水・蒸留水・河川の表流水・水道水等/処理方法の限定はなし
このガイドラインでは、原水と処理方法におってミネラルウォーターを4種類に分類
品名、原材料名等を表示することになっています。
もちろん医薬品的な効能を示すことはできません。

This entry was posted in 水の知識.