水不足による不快な症状(便秘・花粉症・ひざに水がたまる)

体内の水分が不足することで私たちの体にはさまざまな悪影響があり、不快な症状が現れることがあります。 水不足による不快な症状 について紹介します。

第一次予防としての水分摂取

病気の一次予防となるのは、食事や運動など自分自身でできることです。とても大切な情報となりますのでまずはご覧ください。 一次予防など病気の予防の考え方についてはこちら

ところで、便秘・花粉症・ひざに水がたまる、といった症状はありませんか。こういった症状は、水不足によるものの可能性もあります。

水不足による不快な症状

【便秘】
便秘には水分不足が関係しているケースがあります。便秘の状態では、便の水分が腸壁に吸収されてしまい、便が固くなってしまうのです。これが原因となってますます排便が困難となり、その結果、便秘になってしまうのです。便秘は病気ではないのだから…と軽く見ていると、痛い目にあいます。便秘を放っておくと腸内環境が悪化し、さまざまな腸の病気を引き起こしてしまうのです。

こうならないために、まずは水(ミネラルウォーター)を積極的に摂取し、一次予防に努めることです。便の水分量を増やすことで宿便の解消に役立ちます。また、水分量の増えた便は、スムーズに腸内を移動できるため、規則正しい排泄になります。特に、起床時に飲むコップ一杯の水(ミネラルウォーター)は腸を活発にします。

【花粉症】
花粉症は、目や鼻の粘膜が乾燥することで発症しやすくなります。昔と比べて現在は花粉症の患者さんはとても増えましたが、花粉症がこれほどまでに騒がれることがなかった時代、日本人は水やお茶などで水分を十分に補っていました。やがてコーヒーやジュースなどを好んで飲むようになると、知らないうちに水分そのものの摂取量が減っていることが、花粉症を増やしている原因となっています。こ

【ひざに水がたまる】
ひざに水がたまるのも、水分不足が一因かもしれません。ひざの中には関節液と呼ばれる液体が入っているのですが、これは加齢とともに減少していきます。水分不足は老化につながり、皮肉にも関節液が減るとその不足分を解消するために、ひざに水がたまるというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください