とにかく水を摂取(摂取量の目安)

Pocket

水分摂取量の目安 に関する情報です。

一番大切なのは摂取する水の量

水が人体に必須だとわかっていても一体どのくらいの水を飲めばいいのでしょうか?
最も大切なのは、どの水をとるかでなく、どのくらいとるかということになります。
世間ではたくさんの銘柄のミネラルウォーターが存在していて迷ってしまう人もいるかと思いますが、重要なのは摂取する量なのです。

生まれたての赤ちゃんの肌はピッチピッチです。ぷるぷるなので、ほっぺたをちょんと触ってみたくなります。
赤ちゃんは細胞の新陳代謝が活発なため、たくさんの水分を保有する必要があります。新生児は体のおよそ77%が水分ですが、幼児までにおよそ70%、成人になるとおよそ60%まで下がり、高齢者では、およそ53%までにまで減少します。
また細胞組織が堅く乾燥してしまい、ハリやみずみずしさが損なわれていくのです。ただし、たっぷりと水分を補給することで、肌の衰えを緩やかにすることが可能です。
水を意識してとりはじめると、肌に弾力がでてきたり、皮膚がなめらかになったりという体の潤いがでてきます。
それらを感じられるようになる(自覚する)までは、たくさんの水を飲みます。 1 日に 1.5 リットルを目指して水をとることをはじめてみましょう! 大切なのは水の量です。水は常温でのむのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください