体にいい水の条件 | クラスターが小さい水

クラスターとは?

いい水であることの条件にクラスターが小さいことが挙げられます。クラスターとは、「房・束・群」などを意味する言葉です。水の分子がいくつか集まって、ぶどうの房のように固まったものが水のクラスターと呼ばれます。

何がいいかというと小さいクラスターの水であればあるほど細胞に水を効率よく採り入れやすくなるのです。浸透を高めるために、化粧水にもクラスターの小さい水が使われていることからもクラスターの小さいことの意味がわかります。

水(ミネラルウォーター)を飲むとトイレが近くなったり、むくみやすいなどの症状が出る場合にも冷え以外に気をつけることは、クラスターの小さい水(ミネラルウォーター)を飲み、体に吸収されるようにすることが大切です。吸収される前に排泄されてしまう…いわゆる水が素通りしていしまっている場合は水補給にもなりませんし、よい水を飲んでいても効果を感じられないでしょう。

しかし、水(ミネラルウォーター)の分子はお互いがくっつきやすい性質を持っているので、大きなクラスターを形成しやすく、水(ミネラルウォーター)を沸騰させるだけでもクラスターは大きくなります。
もともと水道水のクラスターは大きいので沸騰させてしまうと吸収力が落ちてしまいます。

深層水

クラスターの小さい水の代表的なものは、深層水です。水道水のクラスターが10のマイナス4乗であるのに対して海洋深層水は10のマイナス12乗と非常に小さいものです。
海洋深層水の体への吸収力は高いものだといえます。

活泉水もクラスターが小さい水

九州地方の「桜島 活泉水」は、水の粒子(クラスター)が小さいので、カラダへグングン浸透していきます。水の粒子が、一般的なミネラルウォーターの2分の1以下ですからおすすめの水です。
活泉水は、現代人の酸性になりがちなカラダにpH8.8~9.5というキャベツやリンゴ並みの高いアルカリ度でアルカリ性にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください