体にいい水の条件 | クラスターが小さい水

クラスターとは?

いい水であることの条件にクラスターが小さいことが挙げられます。クラスターとは、「房・束・群」などを意味する言葉です。水の分子がいくつか集まって、ぶどうの房のように固まったものが水のクラスターと呼ばれます。
何がいいかというと小さいクラスターの水であればあるほど細胞に水を効率よく採り入れやすくなるのです。浸透を高めるために、化粧水にもクラスターの小さい水が使われていることからもクラスターの小さいことの意味がわかります。
水(ミネラルウォーター)を飲むとトイレが近くなったり、むくみやすいなどの症状が出る場合にも冷え以外に気をつけることは、クラスターの小さい水(ミネラルウォーター)を飲み、体に吸収されるようにすることが大切です。
しかし、水(ミネラルウォーター)の分子はお互いがくっつきやすい性質を持っているので、大きなクラスターを形成しやすく、水(ミネラルウォーター)を沸騰させるだけでもクラスターは大きくなります。
もともと水道水のクラスターは大きいので沸騰させてしまうと吸収力が落ちてしまいます。

深層水

クラスターの小さい水の代表的なものは、深層水です。水道水のクラスターが10のマイナス4乗であるのに対して海洋深層水は10のマイナス12乗と非常に小さいものです。
海洋深層水の体への吸収力は高いものだといえます。
国産の海洋深層水一覧
最近では、クラスターの小さい特徴的なミネラルウォーターも販売されています。
ナノクラスター Geルルド水1200

This entry was posted in 水の知識.