体にいい水の条件 | 酸化還元力の高い水

体にいい水の条件 のひとつ、 酸化還元力の高い水 に関する情報です。

体にいい水の条件

体にいい水の条件  酸化還元力の高い水

酸化還元力の高い水 はアンチエイジングに活用できる

良い水(ミネラルウォーター)の条件のひとつとして 酸化還元力 が高いことがあげられます。
「 酸化 」とは老化するということで、酸化しなければ野菜なども鮮度を長く保つことができます。ご存知のとおり、現代社会の中で、人々は緊張やイライラなどのプラスイオンの悪影響を受け過剰な活性酸素によって酸化の危険性が増加しています。

「 還元 」とは酸化に相反する反応です。体内の酸素が増えると体は酸化しますが、これは細胞の老化ともいえます。反対に還元がおこなわれると水素が増え細胞がイキイキと活性化するのです。

たとえば、鉄は酸化するとさびつき、食物は酸化すると腐ります。一般的に酸化というのは酸素と融合することですが、人間の体の酸化は、さまざまな病気などの原因となります。また、肌の酸化では、女性が気になる くすみやシミの原因となります。こういった酸化を防ぐのが 酸化還元力 で、アンチエイジング対策に良いです。

酸素 + 鉄 = 酸化鉄 ( さび ) → 酸化鉄 + 水素 = 還元
こういった図式を見ると酸化と還元が対の関係にあるのがよくわかります。

このように、酸化とは酸素と結びつくことで、還元とは水素と結びつくことですが、化学的な説明をすると、酸化は物質が電子を失いエネルギーを失うことで、還元は物質が電子をもらいエネルギーを蓄えることです。ですから、酸化還元力とは酸化したものを還元し酸化を防ぐ力のことで、「 さび 」をとり、細胞を若返らせるのです。

酸化還元電位は低いほど還元させる力が高い

活性酸素も酸化を引き起こします。人間が生きていく上で、酸素は必要不可欠です。しかし、呼吸から体にとりいれられる酸素のうち 2 % 程度は体内で活性酸素となり、活性酸素が増えすぎると正常な細胞まで破壊します。活性酸素は脂肪やタンパク質などと反応して過酸化脂肪をつくり、細胞を直接、もしくは間接的に傷つけてしまいます。さらに、活性酸素は動脈硬化を原因とする心臓病、脳卒中、糖尿病、肥満、高血圧症などの生活習慣病、ガンの原因にまでなってしまうのです。
酸化還元電位の低い水 は、酸化を防ぎます。

酸化還元力をあらわすものに、酸化還元反応において酸素や水素がそれぞれどの程度の活動力があるかをあらわす 酸化還元電位 ( mV )というものがあります。電位の数値が高いほど酸化させる力が強く、低ければ還元させる力が高いのです。一般的に理想的な飲み水の酸化還元電位は 250 mV 以下ですが、日本の水道水は、だいたい 500 ~ 700 mV と非常に高くなります。

酸化還元電位が低いミネラルウォーター 『 奥飛騨原水 』はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください