名水百選」タグアーカイブ

羊蹄のふきだし湧水 名水百選に選ばれた北海道の水

羊蹄のふきだし湧水は、日本の名水百選にも選ばれた北海道の水です。降り積もった雪や雨が長い時を経て湧き出した、歴史ある清冽な湧水です。

水源は、北海道南西部で最も高く、蝦夷富士の別名を持つ名峰「羊蹄山」。溶岩でできているため、雪解け水や雨水のほとんどは地下水に浸透し、長い地下水脈を経て山麓の何箇所もから一気に噴きだしています。この羊蹄山(ようていざん/1893m)の雪解け水は、山のふもとで毎日7〜8万トンもの水を噴きだしているといわれています。
その中でも最大の湧水量を誇るのが、羊蹄山麓の北東部にある京極町の『ふきだし水源地』です。名水の里として、開拓時代から現在に至るまで北海道の人々に守られてきました。観光用の水汲み場としても人気で、にぎわっています。採水場には遠方からもたくさんの人々が訪れ、清らかな天然の湧き水に魅せられています。

降った雨や降り積もる雪が岩肌に染み込み、半世紀以上をかけて羊蹄山の地層をフィルターとして天然濾過され育まれたナチュラルウォーター。その湧水は、ひんやりと冷たく、まろやかですっきりとした軟水です。容器には、環境にやさしく、ごみ処理に適応した、独特の形状のスタンディングパウチの容器が使用されたものもあります。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱泉水
採水地 北海道虻田群京極町
栄養成分/100mlあたり
  • カルシウム(0.17mg)
  • マグネシウム(0.22mg)
  • カリウム(0.17mg)
  • ナトリウム(0.89mg)
  • 硬度(13)
  • pH(7.3)
羊蹄のふきだし湧水は、現在取り扱いがありません。



国産のミネラルウォーター 超軟水(硬度0~50)一覧

北海道・東北のミネラルウォーター 一覧はこちら

羊蹄のふきだし湧水 名水百選

北海道の南西部で最も高い羊蹄山は「蝦夷富士」の別名を持つ名峰です。溶岩でできているため、雪解け水や雨水のほとんどは地下水に浸透し、長い地下水脈を経て山麓の何箇所もから一気に水が噴き出しています。羊蹄山のある京極町の「ふきだし公園」を源泉とするこの水は、環境庁により「名水百選」に選定されています。

分類: 湧水
飲用: そのまま飲用(持ち帰り不可)
場所: 北海道虹田郡京極町
問い合わせ: 京極町役場企画振興課