もっと健康になるために」カテゴリーアーカイブ

2リットル以上の 水を飲む習慣 が大切

健康のためには 水を飲む習慣 をつけることが大切ですが、どんな水分を、どれくらい摂ったらいいのでしょうか。水分摂取についての考え方に関する情報です。

健康のために 水を飲む習慣 をつける

健康のために 水を飲む習慣 をつける

水分不足だと血管の老化を早めるので 水を飲む習慣 をつける

医学的に考えると、夜寝る前にコップ1杯程度の水を摂取しなければ脳梗塞を起こす危険性があるとされています。血液が濃くなれば、血流が悪くなり、血栓ができて心筋梗塞や脳梗塞になるという考えです。血液の流れが悪くなれば、血管もつまりやすくなり、血管の老化がすすむ。だから、水はたくさん飲んだ方がいいという答えになります。

水をたくさん飲めない体質の人でも、 1 日に 1 リットル程度は摂取したほうがいいのですが、できれば 2 リットル飲みたいところです。

たとえば、一時期騒がれた「エコノミー症候群」は、下半身の血流が悪くなり、脚に血栓ができて、その血栓が剥がれて心臓に戻って肺に引っかかってしまうというものです。これを予防するには水を飲んで血液の循環をよくすることです。また、痛み止めを常飲している人なども血栓ができやすいため水を多めに飲むことが大切です。鎮痛剤( 痛み止め )には、血栓ができるのを防ぐ プロスタグランジン の働きを抑える作用があるため、血液が固まりやすくなるのです。もともと薬は副作用が多いので、早く分解してしまうためにも水を多めに飲むことが大切です。

まずは、日本人の体にあったミネラルが豊富な活泉水などで細胞に少しずつ水を浸透させていくことで慣らしていくといいでしょう。

体質的に水をあまり受け付けない人がいる

水やミネラルウォーターをたくさん飲むと胃のもたれや不快感がある、水分をとると下痢をしてしまう、という人がいます。そして、お腹がチャプチャプという音をたてることもあります。こういったケースでは体に十分な水分補給ができないために、便が出にくくなって宿便がたまる、それが原因で冷え症になる、さらに、頭痛や肩凝りなどが起きる。このような悪循環を起こしてしまうのです。もともと疲れやすく、スタミナがすぐにきれてしまう人に多いのが特徴です。宿便の排出をおこない、体質改善をしていくと少しずつ体が正常化に向かいます。

むくむのは水分の摂りすぎではない

手や足、顔がむくむから水分摂取を控えるという人もいると思いますが、意外にも水を飲まない人の方がむくみやすかったりします。水分不足になると、脳にある反利尿ホルモンの分泌が多くなって尿が出にくくなるのですが、そこへ水分を摂ってもホルモンの働きのためにむくむのです。

便秘、肩凝り、頭痛、動脈硬化、心筋梗塞などを防ぐ生活習慣は、まず水分摂取にあるのです。
血圧上昇、くも膜下出血、心筋梗塞予防には水分摂取が必須です。

水分補給の基本は真水でおこなう

現代人は水分補給を様々な飲みものでおこないます。水道水、ミネラルウォーター、お茶、コーヒー、清涼飲料水、ジュース、健康飲料など、水分というカテゴリーに入る飲みものはたくさんありますね。

人は何十万年も前から真水を飲んで生きてきた生物です。真水を飲む理由には、水に含まれる酸素( O2 )を摂取することができるということがあります。

飲み水の温度については、体温のおよそ半分の温度である 18 度が最適だといわれています。現代人には冷たい飲み物が習慣化してしまっていますが、胃腸の冷えを防ぐためには、冷蔵庫で冷やした水よりも常温の水のほうがいいのです。水道水には体に不要な成分が含まれてしまうので、浄水器などを利用するのもいいでしょう。例えば、ピッチャータイプの浄水器の場合、価格も手頃で使いやすいです。
ピッチャータイプの浄水器の浄水性能を徹底比較 はこちら

入浴前に必ず1杯の水を飲む習慣をつける

水分不足による血液のドロドロを防ぐためには、次のように 2 点重要なことがあります。

  1. 就寝前に水を飲む
  2. 入浴の前後で水を飲む

専門家は、就寝中にも何回か飲んだほうがいいといいます。トイレに起きた際には、できればコップ 1 杯の水を飲んだほうがいいでしょう。 40 歳を過ぎた人達にとっては、脳梗塞や心筋梗塞の危険性があがるため、これを予防する意味でも非常に重要な生活習慣となります。本来、人が無意識に水を飲むという行動は「喉が渇いた」時だけなので、「水を飲む」という意識をしっかりもって習慣化させてしまうのが一番です。

入浴後に立ちくらみがする人は、水分が欠乏している証拠です。入浴前にコップ 1 杯の水を飲みましょう。また、入浴後も同様にコップ 1 杯の水を飲むようにします。

入浴は体の疲れを癒やしたり、心をリラックスさせたりしてくれますが、実は、入浴には血液をドロドロにする要素がたくさん隠れています。お湯に入って汗をかくと、体内の水分が失われるだけでなく、それによる血液の凝縮で血栓ができやすくなるのです。さらに、熱いお湯は、プラスミノゲンという血栓を溶かす物質を減少させてしまいます。特に冬場などは、ただでさえ血管が収縮して血圧が高くなるところに、これだけの悪条件が重なってしまうのです。

また、入浴には発汗作用と同時に利尿作用があります。浴槽に座った姿勢で肩までつかると、下半身の血液が心臓のほうへ押し上げられる形になります。右心房には血液の量を調整するセンサーがりますが、入浴によって通常時より右心房に血液が多く戻ってくると、右心房は血液が余分にあるものと判断し、ホルモンだして腎臓に働きかけます。腎臓は、それを受けて血液の量を少しでも減らそうと血管内の水分を濾し取って尿として膀胱へ押し出すのです。その繰り返しだけで、コップ 1 ~ 2 杯の水分が失われるといいます。

この状態でお風呂から急に立ち上がると、重力の関係で血液が下肢へと下がり、血液が減り、その結果、脳貧血を起こして、立ちくらみを起こすのです。
体により近い成分のミネラルウォーターを飲むのが望ましいといえます。
知床深海の水 硬度 1000 などがオススメです。

ノロウイルスや熱中症による子供の下痢、嘔吐などの脱水症に オーエスワン ( OS-1 )

脱水、熱中症対策に適した経口補水液 オーエスワン ( OS-1 ) の紹介。

ノロウイルスって?

ここのところ各地のニュースでノロウイルス感染のニュースが飛び込んでくる。前年を超えるペースで、大流行が疑われる警報レベルに近づいており「入念な手洗いの徹底を」と注意を呼びかけている。一般的に健康な大人であれば、数日休養をとることで回復するといわれるが、乳幼児やお年寄り、基礎疾患がある人などは十分な注意が必要である。

ノロウイルスなどは、毎年 11 月 ~ 3 月くらいまでに流行する非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種。カキなどの貝類の摂食による食中毒の原因になるほか、感染したヒトの糞便や吐瀉物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染する。ノロウイルスによる集団感染は世界各地の学校や養護施設などで散発的に発生している。「 NV 」や「 NoV 」と略される。

症状

まずは嘔吐からはじまるのが特徴。嘔吐と下痢のために赤ちゃんは大量の消化液を失う。この結果、脱水症状を起こすが、消化液の中には塩分(ナトリウム)が含まれている。脱水症とは、水分を失うことだと思われているが、同時に塩分も失われているのだ。

脱水症の進行

嘔吐、下痢がすすむと水分不足になり、喉が渇いたり、尿量が減少する。興奮状態となる。そして塩分が不足してくると、手足が冷たくなったり、うとうとする。ひどいケースでは水のような便が 1 日に数十回も出る。 1 週間ほどおむつカバーから流れ出てしまう水のような下痢症状が起こる。

脱水症状に経口補水液 オーエスワン ( OS-1 )

脱水症状が現れたときにおすすめなのが、大塚製薬の経口補水液 オーエスワン ( OS-1 ) 。夏の熱中症対策にも適している。ドリンクのほかゼリータイプも販売されている。

対処法

経口補水液(以下バナーから購入可能)で、下痢で失った量以上に水分を与える。余った水や塩分は尿から自然に排出される。日々、下痢、尿の回数と飲んだ経口補水液の量をメモしておく。

経口補水液は、一度にたくさん飲ませると吐くことがあるため、はじめは一口ずつかスプーン、スポイトなどで少量ずつ頻繁に飲ませる。ある程度飲ませても吐かなければ自由に飲ませてもよい。

症状がひどくなるようであれば、早めに医師に相談する。

日常生活では、脱水にならないために入浴前には必ず 1 杯の水を飲む習慣をつける

血圧上昇、くも膜下出血、心筋梗塞予防

水をしっかり飲むという健康の大切さに気づいていない

先日、衝撃的なニュースが日本中を震撼させました。
松本山雅FCサポーターのみならず、サッカー界に衝撃が走ったことは記憶に新しい出来事でした。以前は横浜マリノスでプレーし、日本代表としても活躍していた松田直樹選手が急に倒れたというニュースです。
松田選手が信州大学付属病院救急救命センターに到着。この時、既に心肺停止状態でした。
体が脱水状態になり、さらに心臓に負荷がかかっていたのだという医師の会見がありました。
水は新陳代謝を活発にしてイライラを解消します。健康・美容といった専門サイトでは、「まず、水を飲んで体内循環をアップさせ、代謝をアップさせようという」のは定番です。
以下のリンクは専門サイトの内容ですが、水を飲むことによる効果を説明しています。

若いうちは血圧などについてはほとんど関心がないのが一般的です。ところが20歳~30歳代でも血圧の上昇で命の危険にさらされる場合があるのです。松田直樹選手の事故がそれを証明しています。
中でも、激しい頭痛と吐き気を伴うくも膜下出血は、何の前触れもなく起こってそのまま、命に関わる状態にまで進行してしまうケースが多く働き盛りの突然死、過労死の原因となっています。
突然、発症するために遺族も「納得いかない」状況となりやすく非常に不幸だといいます。

水分摂取で新陳代謝を活発にすれば

かつては、くも膜下出血は、先天的な異常によって脳のまわりの血管に動脈瘤ができ、そこに圧力がかかって発症するものと考えられていました。
最近は、血圧上昇により脳血管の弱い所に圧力がかかって動脈瘤ができるということがわかってきました。
高血圧は、一般的には、加齢と塩分摂取過多が原因とされてきましたが、若い人の場合には、ストレスによるものが大きく影響しています。
普段から時間がなく休む時間もとれずに仕事をしている人に発症しやすくなっています。働き盛りの人は特に水分摂取を意識したほうがいいでしょう。
水分摂取で新陳代謝が活発になれば、血圧の上昇も抑制できます。水分を摂取すると、即座に脳へ働きかけて利尿を促進し、新陳代謝が活発になります。
その結果、体内に溜まった老廃物や毒素が排出されるのです。
毎日、忙しくどうしてもストレスがたまりイライラしやすい人は特に血圧も上昇しやすいので、積極的に水分摂取をするといいでしょう。
水分摂取をする場合に緑茶、コーヒー、アルコールなどは利尿作用が強すぎるのでやはりミネラルウォーターが適しています。
「おいしい」や「さわやか」という口当たりのミネラルウォーターが長く続けられる秘訣です。「まずい水」はどんなに体によくても続きません。
日本人は、やはり軟水が心地よく感じ、おいしく感じるので国産の軟水がいいでしょう。
体に吸収されやすい桜島 活泉水などはオススメです。

〔注意〕
原発事故で話題になっている放射性ヨウ素131と一万年の雫に含まれるミネラルのヨウ素は全く別物で関係ありません。またストロンチウムも原発の記号は90で当製品に含まれるている天然ストロンチウムは38で健康に悪影響を与える物質と全く関係ありません。素人にはわかりにくいのですが、一万年の雫などを飲むと体が浄化される感覚がある。という人もいるそうです。疲れを感じていたり、美容に高い関心を持つ人たちには定番の水となっています。

腎臓が健康であれば1日2リットル飲みたい!

水は動脈硬化、胃痛、立ちくらみなどに効果を発揮

血液ドロドロを防ぐように生活習慣を見直さなければ、様々な病気が忍び寄ってきます。水をたっぷり飲むことがどうしてそんなに効果を発揮するのか?みていきます。
人間の体の3分の2は、水分でできている…というのは、誰もが1度か2度は、聞いたことのあるフレーズです。
その60%程度の水も汗や尿によって失われた際に水分を補わなければ、体の水分は足りなくなってしまいます。「喉がかわいたなぁ」と自覚するときはまだいいのですが、外に出て夢中で仕事などをしていたり、子供などと遊んでいると水分補給を忘れてしまう場合がよくあります。

体内の水分量が減少すると、血液の粘度が上昇し、ドロドロになり、血栓ができやすくなります。血栓が血管に詰まると脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなります。
身体周辺の温度が高いとき、エアコンなどで空気が乾燥している場所にいる場合などは、少しずつ汗をかくことで、知らず知らずのうちに水分が失われていきます。
これを不感蒸泄と言います。

不感蒸泄は、水分を体外に出したいという自覚がないので気づかないうちに脱水になっているのです。
夜、寝る前は水分摂取を控える人が多いのですが、寝る前にはコップ1杯程度の水分を補給してから就寝したほうが安全です。

どのくらいの水を飲めばいい?

1日に○○リットルの水を飲む!というフレーズも何回も聞いたりしますが、さて本当はどのくらいの水を飲んだらいいのでしょうか?
通常、人は飲み水や食べ物からおよそ2~2.5リットルの水分を摂取します。

これに対して体外に出ていく水分は、汗、尿、大便に含まれるものとして約0.9リットルほどです。もちろん、運動や作業を行えばもっと汗が出るので水分は余分に排出されます。
特に腎臓が悪い、心臓が悪いなどの病気がなければ、2リットル程度の水を毎日少しずつ飲むといいようです。最初は、少しずつ飲む量を増やしていくといいでしょう。
最近は、水の飲み過ぎで健康を損なうというような情報を目にすることもありますが、特に水を飲むだけなら体に不要であれば、尿として排泄されるだけなので心配はいらないでしょう。
水を飲むとむくむという人は、冷たい水を一気に飲んでいるか?食事の際に塩分を取り過ぎています。日本人は、軟水などを口にするととてもまろやかでおいしいので超軟水がおすすめです。
硬水はミネラルがたくさん含まれますが味はいまいちです。

まず、朝起きたときに200ml(コップ1杯程度)
お昼に400ml(コップに2杯程度)
夕食に400ml(コップに2杯程度)
寝る前に200ml(コップ1杯程度)
と簡単に計算しても1.2リットルですのであとは、中間で400mlを2回飲めれば1日に2リットル飲むことができます。
「2リットル」と聞くと「出来そうにない」イメージですが、案外簡単に飲めるのです。