『 シャテルドン 』 仏 ルイ14世が愛したミネラルウォーター

フランス王のルイ 14 世がこよなく愛したと言われるミネラルウォーター。「太陽の水」として名高い微炭酸のナチュラルミネラルウォーターです。

まるでシャンパンを思わせる繊細な泡と上品な口あたりは、 1158 という高い硬度を感じさせないおいしさで、食事との相性も抜群です。

源泉はフランス中部、緑あふれるオーヴェルニュ地方ピュイ・ド・ドーム県シャテルドン。年間約 100 万 L の限られた採水量のため、希少価値を保っています。

「この水は時に閣下の健康を回復し、時に重圧感から解放し、また常に癒されることでしょう。」このような言葉と共に、 1650 年、シャテルドンは主治医からフランス太陽王ルイ 14 世の健康を願って献上されました。シャテルドンに魅了されたルイ 14 世は、ラバの背に乗せ、オーヴェルニュ地方からヴェルサイユへ定期的に運ばせました。以来、ヴェルサイユ宮殿の宴と食卓を飾り、今日に至っているといわれています。

水のドンペリニヨンと呼ばれる高級なミネラルウォーターは、時には自分で飲むも良し、ギフトにも適しています。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 鉱泉水
原産国 フランス
採水地 シャテルドン
栄養成分  / 100 ml あたり
  • カルシウム( 38.3 mg )
  • マグネシウム( 4.9 mg )
  • カリウム( 3.5 mg )
  • ナトリウム( 3.2 mg )
  • 硬度( 1158 )
  • pH ( 6.2 )
シャテルドンは現在在庫がありません

 
その他、ヨーロッパのミネラルウォーターの一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください