銀河水

宮崎県・霧島の地下に眠る化石水が原水のこの水は、モンドセレクション・最高金賞を2005年から連続で受賞した名水。
この「銀河水」には、長寿国の飲料水に多く含まれているシリカという二酸化ケイ素が、その2倍以上も含まれています。
結晶してクリスタルとなるシリカは電磁力がとても強く、銀河水は、エネルギー水として知られます。
日本で最初に無殺菌で飲料水にすることを認められたエネルギー水には、自然のエネルギーが豊富です。

ほんのり甘く、まろやかな口あたりが人気のミネラルウォーター
飲み物やお料理に使うのはもちろん、お風呂のお湯にもおすすめです。
確かにお値段は高く高級な水ではありますが、からだにやさしい高品質のエネルギー水を実感できます。

□名称 ナチュラルミネラルウォーター
□原材料 鉱水
□採水地 宮崎県小林市

   
栄養成分表(100mlあたり)
カルシウム
1.3 mg
マグネシウム
0.53 mg
カリウム
0.3 mg
ナトリウム
0.7 mg
硬度
55 (軟水)
PH値
8.6  


▼ 銀河水 の詳細、購入はコチラ。

This entry was posted in 九州・沖縄.